海外FXを利用すると、

・ハイレバレッジ
・ボーナス
・追証なし

といったように、
トレードに対するメリットが
多くあります。

 

その為、少額の資金からでも
トレードができるので、
そこから資金を増やす事も可能です。

 

ただ、海外のFX業者を利用して
年間20万以上の利益が出た場合、
確定申告をする必要があるのですが、

「税率はどうなっているの?」
「マイナスは繰り越せるの?」
「経費算入できるものは?」

といったことが気になりますよね。

 

そこで今回は、海外FXを使った際の、
確定申告に対する疑問について、
お伝えしていきます。

 

海外FXでの利益は雑所得に分類される

海外のFX業者を使って、
20万以上の利益が出た場合、
確定申告が必要ですが、
その際の税金は雑所得になります。

だから、税金の額は、
稼げば稼ぐほど高くなります。

 

因みに、雑所得の場合、
税率は以下になります。

 

稼いだ利益額 税率
 195万以下 15%
 196~330万 20%
331~695万 30%
696~900万 33%
901~1800万 43%
1801万~ 50%

 

因みに、この税率は、
所得税+住民税の税率になります。

国内のFX業者を使えば、
税率は一律20%までなのですが、
海外FXを利用した場合、
331万以上稼ぐと、
税金の面では不利になりますね。

 

1,800万を超えたら、
半分も持っていかれるなんて
酷い話ですよね。

命をかけてトレードしてるのに。

 

マイナスは次の年に繰り越せる?

国内のFX業者を使った場合、
合計の収益がマイナスになった場合、
3年先まで繰り越すことができます。

だから、今年の収益が-100万円で
確定申告をした場合、
次の年に+100万の利益が出たとしても、
それと相殺して税金をゼロにできます。

 

しかし、海外のFX業者を使って
マイナスが出た場合は、
確定申告をしたとしても、
マイナス分を繰り越すことはできません。

 

だから、今年-100万の損失を出して、
来年+100万の利益を出したとしても、
来年のプラス分はしっかり税金が取られます。

 

これもこれで酷い話ですよね。

稼げば稼いだだけ、
税金はがっつり持っていくくせに、
マイナス分は繰り越せないなんて。

雑所得はこれが腹立たしい部分ですよね。

 

海外FXでは経費はどこまで算入OK?

FXの収益を確定申告する場合、
FXに関するものにお金を使った場合、
それを経費として算入できます。

だから、確定申告をする際は、
必ず経費にできるものがないかを
チェックしましょう。

 

因みに、経費算入できるものは、
FXに関するものであれば、
ほとんど経費として大丈夫です。

例えば・・・

・FX関連の書籍
・FXの塾代やコンサル費用
・セミナー代金
・FX商材の代金
・パソコン関係
・携帯の通信費
・インターネット代金

といった辺りを経費算入できるので、
覚えておくと良いと思います。

 

一応、家賃なんかも経費にできますが、
あくまでもFXに関する部分だけなので、
パソコン周りの一角の面積を計算して、
その部分だけを経費にします。

生活に使う部分に関しては、
経費に算入できないので注意しましょう。

 

あとは、当然ですが、
領収書や支払い記録は取っておきましょう。

万が一、調査に来られた場合に、
証明する必要がありますからね。

 

まぁ、1,000万以上の稼ぎがないと、
“税務調査は入らない”
なんて言われていますけどね。

確かに税金を搾り取るなら、
大口から絞った方が
たくさんお金が取れますからね。

 

経費について、
もう少し詳しく知りたい場合はこちら。
海外FXで経費に入れて良いものは?確定申告で節税!

 

まとめ

今回は、海外FXで利益が出た際の
確定申告について、
お伝えしてきました。

 

海外FXで利益が出ると、
税金の区分が雑所得になるので、
確定申告時には、
この部分は間違わないようにしましょう。

ここを間違えてしまうと、
再度、確定申告を
し直す必要が出てきますからね。

 

オススメの海外のFX業者はコチラ