海外FXではトレードに使う
プラットフォームは
Meta Trader4(MT4)が主流です。

そしてそのMT4には、
EAという自動売買機能がついていて
無料で使うことができます。

 

しかも、EAはネット上で
無料でいくらでも転がっているし、
中には海外FX業者から
もらう事も可能です。

その為、海外FXを利用すると、
EAさえ手に入れれば、
いくらでも自動売買ができます。

 

ただし、いくら海外FX業者で
自動売買ができるとはいえ、
中には使うと、規約違反になり、

・利益取り消し
・出金拒否
・最悪、口座凍結

といったことが
起きる場合があります。

 

そこで今回は、海外FXで使うと
危ない自動売買はどんなものなのか、
主要な海外FX業者の規約を確認して
チェックしてみました。

 

主要な海外FX業者のトレード禁止事項を調べてみた

海外FXでは自動売買を
自由に使うことができますが、
中にはトレード禁止事項に
引っかかるようなEAも存在します。

その為、海外FX業者の規約にある、
トレード禁止事項を把握して
自動売買を使う必要があります。

 

そこでまずは、
このサイトでオススメしている
主要な海外FX業者である、

・FBS
・Gemforex
・XM
・Land-FX
・Titan FX

この5つのFX業者での
トレード禁止事項をお伝えします。

 

FBSのトレード禁止事項

 

FBSといえば、
レバレッジが3,000倍もある
海外FX業者で有名です。

その為、少額の資金から
自動売買をするには
もってこいのFX業者です。

 

そして、FBSの規約をザっと読んで、
更にサポートへ
トレード禁止事項を確認したところ、
以下の事がトレードで禁止されているようです。

・アービトラージ(裁定取引)
・1分間に30件を超えるトレード

上記の画像では、

“禁止事項は裁定取引です”
“他のは大丈夫です”

といったように書いてありますが、
利用規約も確認してみたところ、

“顧客が 1 分間に 30 件を超える請求を行う
電子アドバイザーを使用する場合、
当社は EA を禁止する権利を留保する。”

というように書いてありました。

 

その為、自動売買をする際は、
1分間に30件を超えるトレードも
禁止事項に含まれます。

因みに、FBSの規約に関しては、
コチラで確認することができます。

 

Gemforexのトレード禁止事項

Gemforexといえば、
レバレッジが1,000倍で
香港にある海外FX業者です。

しかも、この業者は
日本人によって作られたFX業者なので、
システムやサポートが
日本人にとって使いやすいようになっています。

 

そんなGemforexでの、
トレード禁止事項は、

・短時間に何度も取引すること
・スキャルピングEA
・アービトラージ(裁定取引)
・異口座、異業者間の両建て
・指標だけを狙ったトレード
・指標時のスキャルピング
・月曜朝一の窓開けだけを狙ったトレード
・ゼロカットを利用したトレード
・ボーナスの不正利用
・事前連絡なしの大ロットトレード

といったようになっています。

 

しかも、Gemoforexの場合は、
ゼロカットを狙ったトレードをしたり、
ボーナスを不正利用して
FX業者側に損失が出たりした場合、
出金時に損失分を補填させられます。

 

もし、Gemforexの
利用規約を確認したい場合は、
以下から確認できます。

利用規約
ガイドライン

 

XMのトレード禁止事項

 

XMといえば、”日本人に人気No.1″
と言われるほど有名な海外FX業者です。

その為、入出金に関しても信頼できて、
レバレッジも888倍ある、
使い勝手が非常に良いFX業者です。

 

そのXMでのトレード禁止事項は、

・数秒間に何度もエントリーを繰り返す
・アービトラージ(裁定取引)
・異口座、異業者間の両建て
・指標だけを狙ったトレード
・月曜朝一の窓開けだけを狙ったトレード
・ゼロカットを利用したトレード
・接続遅延、レートエラーを狙ったトレード
・ボーナスの不正利用

といった事になります。

 

問い合わせて返ってきた答えでは、
異口座での両建てが禁止されているようですが、
利用規約と今までの経験から、
禁止事項は両建てだけではなく、
上記のようになるでしょう。

もし、XMの利用規約を確認したい場合は、
コチラで確認できます。
(*すべて英語です)

 

Land-FXでのトレード禁止事項

Land-FXはレバレッジ500倍で、
海外FX業者の中でも
スプレッドが狭い事が特徴のFX業者です。

 

そんなLand-FXでの
トレード禁止事項は、

・アービトラージ(裁定取引)
・異口座、異業者間の両建て
・指標だけを狙ったトレード
・指標時のスキャルピング
・月曜朝一の窓開けだけを狙ったトレード
・ゼロカットを利用したトレード
・接続遅延、レートエラーを狙ったトレード
・ボーナスの不正利用
・高頻度の注文・取引

となっています。

 

ここでも、問い合わせの返事以外にも
今までの経験を付け加えると、
禁止事項は上記のようになるでしょう。

もし、Land-FXの
利用規約を確認したい場合は、
コチラから確認することができます。

 

Titan FXでのトレード禁止事項

 

Titan FXはレバレッジ500倍で
CFDもレバレッジ500倍で取引ができる
海外FX業者となっています。

 

そんなTitan FXでの
トレード禁止事項は、

・アービトラージ(裁定取引)
・接続遅延、レートエラーを狙ったトレード
・他業者間のレート表示差を利用した取引
・指標だけを狙ったトレード
・月曜朝一の窓開けだけを狙ったトレード
・ゼロカットを利用したトレード

となっています。

Titan FXでも、
サポートからの返事以外にも、
今までの経験上から
トレード禁止事項は
上記のようになるでしょう。

因みに、Titan FXの利用規約は
コチラから確認することができます。

 

以上が主要な海外FX業者の
トレード禁止事項になります。

 

自動売買で特に使うべきでないEAは?

上記では、主要な海外FX業者の
トレード禁止事項をお伝えしました。

 

各FX業者のトレード禁止事項と、
自動売買でよく使われるEAの種類を
考えてみると、

・スキャルピング
・月曜朝一の窓開けを狙う
・指標だけを狙う
・アービトラージ
・異口座の両建て

特にこのあたりのEAを使うと、
トレード禁止事項に引っかかって
利益取り消しや出金拒否が
起きる可能性が高くなります。

 

これらの禁止事項を見てみると、

・サーバーに負荷が掛かるもの
・FX業者側に損失を与えるもの

これらに該当することが
主に禁止されているのがわかりますね。

 

その為、海外FXで自動売買をする際は、
このような事に
少しでも引っかかりそうなEAを
使うのは止めておきましょう。

 

自動売買をするならどのFX業者がいい?

海外FX業者のトレード禁止事項を見ると、
どの業者もほとんど同じなので、
自動売買をするのであれば、
ぶっちゃけどこでもいいと思います。

 

ただ、自動売買の場合、
実際に使うとわかるのですが、
FX業者側のサーバーによって、
“約定しやすい・しにくい”があります。

 

その為、約定力が高い
海外FX業者を使った方が
自動売買には適していると思うので、
この事を考えると、

・XM
・Gemforex

この辺りのFX業者が良いかなと
個人的には思います。

 

しかも、この2つの海外FX業者だと、
口座開設ボーナスといって、
初めて口座開設をする場合に限り、
リアルトレードに使えるクレジットを
もらうことができます。

 

自動売買の場合、使うEAによっては、
想定通りに動かない事も意外に多いです。

だから、最初から自己資金でやると、
EAがちゃんと動かなかったら
無駄に損をする可能性もあるので、
できれば、自己資金を使わずに
試した方がいいです。

 

入金ボーナスの利用も効果的

更に海外FXでは、
入金ボーナスといって、
口座に入金した金額に応じて
クレジットがもらえる事もあります。

 

例えば、”100%ボーナス”
となっていた場合、
5万円を入金したとしましょう。

そしたら、もう5万円分の
クレジットが付与されるので、
トレード資金が10万になります。

 

その為、この入金ボーナスを使えば、
より少額の資金から
自動売買を使うことができるので、
自己資金を失うリスクを
減らすことができますよね。

 

因みに、この2つのボーナスは、
全ての海外FX業者で
もらえるわけではありません。

その為、これらのボーナスが貰える
海外FX業者を記事にまとめたので、
良ければ読んでみてください。
海外FX業者で無料ボーナスがもらえる業者を教えます!

 

自動売買をするなら海外FXが良い一番の理由は?

トレード禁止事項に触れないEAを使って
自動売買をする場合、
海外FXの方がいい理由は、

・ハイレバレッジ
・ボーナスがある

ということがありますが、
個人的に一番の理由として、

 

追証が発生しない

 

というのが特に大きいと思います。

 

海外FXではゼロカットという、
万が一、強制ロスカットになって、
口座残高がマイナスになった場合、
マイナス分をリセットしてくれる
制度が存在します。

つまり、損失は最大でも自己資金までで、
FX業者に対して
借金を背負う必要がないのです。

 

自動売買の場合、
基本的に設置したら放置しますよね。

その為、チャートを見ていない時に
暴落が起きて
自己資金以上の損失を出す可能性が
裁量トレードよりも高くなります。

 

そんな時にゼロカットがあれば、
最悪の事態が起きたとしても、
自己資金だけの損失で済みます。

もしこれが国内FX業者を使うと、
ゼロカットがないので、
FX業者に対して
借金を背負うことになりますからね。

だから、自動売買をするなら、
海外FXを使った方が、
リスクヘッジの観点から良いのです。

 

もし、ゼロカットについて、
詳しく知りたい場合はこちら。
海外FXのゼロカットは最強!国内FXと比較したら安全さが判明!

 

まとめ

今回は、海外FXでの
トレード禁止事項を紹介しながら、
自動売買をするなら、
どんなEAが危険なのかを
お伝えしてきました。

 

自動売買の場合、トレードは全て
システムが行ってくれるので、
簡単ではあるのですが、
使うEAによっては、
利用規約に反したものもあります。

その為、自動売買をするなら、
まずは利用規約を確認して、
トレード禁止事項に触れないような
EAを使うようにしましょう。

 

そんな、自動売買に使いやすい
海外FX業者を以下で紹介しています。