海外FXといえば、
ハイレバレッジが醍醐味ですが、
その中でもレバレッジが3,000倍という、
恐ろしいFX業者が現れました。

 

それがFBSという海外FX業者です。

 

昔は海外FXのレバレッジと言えば、
500倍がいいところだったのに、
今ではこの6倍の3,000倍まできました。

時代の流れというのはスゴイですね。

 

しかし、
FBSのレバレッジ3,000倍ですが、
実はちょっとした制限があります

 

レバレッジ3,000倍の制限とは?

海外FXでレバレッジ3,000倍といえば、
FBSになるのですが、
実はこのレバレッジ3,000倍・・・

“資金が200ドルまで”

となっています。

 

そうなんです。

レバレッジ3,000倍とはいえ、
資金に制限があるわけです。

 

因みに、FBSの場合、
資金量によってレバレッジが
以下のように変わってきます。

資金 レバレッジ
200ドル(約2万) 3,000倍
2,000ドル(約20万) 2,000倍
5,000ドル(約50万) 1,000倍
30,000ドル(約300万) 500倍
150,000ドル(約1,500万) 200倍
無制限 100倍
無制限 50倍

 

その為、数十万の資金で
レバレッジ3,000倍を使って
トレードすることはできないのですが、
これは恐らくリスク防止の為でしょう。

 

というのも、仮にドル円が110円の場合、
レバレッジ3,000倍を使うと、
1万通貨のトレードに必要な証拠金は
たったの367円になります。

そして、もし30万の資金で
レバレッジ3,000倍をMAXで使うと、
最大で816万通貨でトレードができます。

 

その為、これを利用して
ハイレバレッジで一攫千金を狙って
無茶なトレードをする人が続出するでしょう。

 

これによって、一発退場する人も増えて

「FBSのレバレッジ3,000倍は危険」

なんて風評被害が広がって
FBSのイメージが悪くなります。

 

そもそも海外FXのハイレバレッジは
少ない資金で国内FXでトレードする時と
同じロットでトレードできるのがメリットです。

 

つまり、拘束資金を少なくして、
リスクヘッジの為に使うものです。

フルレバレッジを使って
ガンガンにトレードをする事ではありません。

 

このような事も含めて、
FBSでは資金によって
レバレッジ制限を掛けているのでしょう。

それでも、2万でレバレッジ3,000倍だと
最大で53万通貨でエントリーができるので、
これでも異常ですよね(笑)

 

しかも、資金が20万までは
レバレッジが2,000倍なので、
これでも十分すぎるくらいです。

ドル円が110円だとすると、
最大で362万通貨までいけますから。

 

ボーナスやキャンペーン時にも制限が

レバレッジ3,000倍のFBSですが、
実は100%入金ボーナス
口座開設キャンペーンが存在します。

 

その為、資金が2倍になったり、
自己資金ゼロからトレードができますが、
実はこの時も、
レバレッジが500倍に制限されます

よって、口座開設キャンペーンの時は
資金ゼロからトレードができるので、
レバレッジ制限があってもまだ良いですが、
入金ボーナスを使う場合は微妙です。

 

例えば、5万を入金した場合、
100%入金ボーナスによって、
資金が10万になったとしますよね。

これでレバレッジが500倍だと、
5万円でレバレッジ1,000倍と同じです。

一方でボーナスを使わないと、
5万円の際はレバレッジが2,000倍です。

 

ということは、
入金ボーナスを使っても、
このボーナスを利用しない時の方が
ハイレバレッジで
トレードができる事になります。

この事を考えると、
実は100%入金ボーナスというのは
かなり微妙なことがわかりますよね。

 

口座タイプにもレバレッジ制限がある

FBSでは、

・セント口座
・マイクロ口座
・スタンダード口座
・ゼロスプレッド口座
・ECN口座

といったように、
5つの口座種類があります。

 

そして、この中で
レバレッジ3,000倍が使えるのは、

・マイクロ口座
・スタンダード口座

この2つになります。

 

因みに、FBSで扱っている
5つの口座の違いとしては、

・頭金
・スプレッド
・取引手数料の有無
・最大レバレッジ
・最大注文数
・注文可能ロット

といった点が変わってきます。

 

また、ゼロスプレッド口座では、
最大レバレッジが
3,000倍になっていますが、
頭金が500ドルからなので、
3,000倍でのトレードは無理です。

規約では200ドル以下でないと
レバレッジ3,000倍は使えないですからね。

 

それにゼロスプレッド口座の場合、
1ロットの取引で
20ドルの手数料が取られます。

これをpips換算すると、
約2pipsになるので、
スタンダード口座のスプレッドよりも、
広いことになります。

 

その為、FBSで
ハイレバレッジを使って取引をするなら、
スタンダード口座が一番使いやすいです。

 

追記

FBSでは今まで
ドル建て口座しか使えなかったのですが、
要望が多かったらしく、
ついに円口座で
口座開設ができるようになりました。

その為、
入金した金額や出金した金額が
為替の影響を受けることがなく、
損をせずに済むようになりました。

 

ですから、これを機会に
FBSを使ってみるのも
いいかもしれませんね。

 

 

FBSは安心のゼロカット

レバレッジ3,000倍のFBSですが、
万が一相場が急変してロスカットになり、
口座残高がマイナスになってしまった場合、
マイナス分を補填してくれます

よって、FX業者に対して
借金を背負う必要がないので、
リスクを自己資金までに抑えられます。

 

FBSの場合、レバレッジが高いので、
万が一のことがあった際は
恐ろしい金額を失う事になります。

しかし、このゼロカットがあれば、
最悪の事態だけは避けられるので
これはありがたい制度ですよね。

 

ただし!

 

・指標の動きを狙ったトレード
・月曜朝一の窓を狙ったトレード

といったように、
意図的にゼロカットを利用して
口座残高をマイナスにした場合、
マイナス分が請求されるので、
ここは注意しましょう。

 

まとめ

今回は、海外FX業者で
レバレッジ3,000倍を使える
FBSについて紹介してきました。

 

レバレッジ3,000倍ともなると、
1,000円から1万通貨のトレードが
できてしまうのがスゴイですよね。

仮に国内のFX業者だったら
レバレッジが25倍なので、
最低でも5万は必要ですからね。

 

ただし、FBSの場合、
レバレッジ3,000倍は
200ドル(約2万)までなので、
この点だけは覚えておきましょう。

まぁ、200ドルを超えても、
レバレッジ2,000倍なので、
これでも十分すぎるぐらいですよね。

 

そんなレバレッジ3,000倍が可能な
FBSで口座開設をする場合は
以下から新規口座が開設できます。

 

もし、FBS以外の海外FX業者についても
詳しく知りたい場合は、
コチラでオススメのFX業者を紹介しています。