海外のFX業者には、
“キャッシュバック”
という制度があります。

 

これはトレードをするごとに
手数料が還元される制度です。

その為、
キャッシュバックを利用することで
実質のスプレッドが狭くなるので
海外FXを使う上では
非常にお得な制度です。

 

ただし、
このキャッシュバックを使った際に

「税金ってどうなるの?」

なんて思うかもしれません。

 

そこで今回は、
海外FXでキャッシュバックを
使った際の税金について
解説をしていきます。

 

キャッシュバックを使った際に税金が掛かる場合は?

海外FXでキャッシュバックを使った際に
税金が掛かる場合は、

“雑所得が20万以上になった場合”

ということになります。

 

まず、海外FXの場合、
税金の区分が雑所得になります。

そして、雑所得では
年間の利益が20万以上になると、
確定申告をする必要があり、
そこに税金が掛かってきます。

 

よって、例えば、

・海外FXでの利益:+15万円
・キャッシュバック:5万円

となった場合、
年間の収入が20万円になるので
確定申告をして
税金を払う必要があります。

 

海外FX以外の雑所得がある場合も注意

例えば、アフィリエイト報酬など、
海外FX以外での雑所得がある場合も
キャッシュバックと合わせて
20万以上になった時は税金が掛かります。

 

例えば、

・アフィリエイト報酬:5万円
・海外FXでの利益:10万円
・キャッシュバック:5万円

となった場合も、
合計が20万円になるので
税金が掛かります。

 

その為、確定申告をする際は
海外FXだけでなく、
その他の雑所得がないかも
しっかり確認しておきましょう。

 

とにかく、
海外FXで得たキャッシュバックについては
雑所得であることを頭に入れておきましょう。

 

海外FXの税率について
詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
海外FXの確定申告は何に分類?税率は?マイナスは補てん可能?

 

キャッシュバックで税金が掛からない場合はある?

海外FXを利用して
キャッシュバックを貰った際は
雑所得に分類され、
その合計利益が20万以上になると
税金を払う必要があります。

 

しかし、キャッシュバックを貰っても
税金が掛からない場合もあります。

それが、雑所得における
トータル損益が20万円未満の場合です。

 

例えば、

・キャッシュバック:25万円
・海外FXで損益:-25万円

となった場合、
この2つは同じ雑所得になるので
合計の損益が0円になります。

 

よって、
雑所得が20万円以上にならないので、
確定申告をする必要がなく、
税金も掛かることはありません。

 

更に、

・アフィリエイト報酬:5万円
・キャッシュバック:10万円
・海外FXでの損益:4万円

となったような場合でも、
合計が19万円となるので、
所得税に関しては
税金を払う必要はありません。

 

このような感じで
キャッシュバックを貰ったとしても、
雑所得として得た利益が
20万円未満であれば
税金は掛かりません。

 

経費を使った際も税金が掛からない場合がある

実はFXでは経費が使えます。

 

例えば、

・FXに関する書籍代
・セミナー代金
・高額塾の費用

など、FXに関するものであれば、
使ったお金を経費として計上できます。

 

その為、例えば、

・FX塾の費用:-30万円
・海外FXでの損益:+5万円
・キャッシュバック:+10万円

といった場合、
合計の損益が-15万円となるので、
キャッシュバックを貰っていたとしても
税金は掛かりません。

 

このように、
キャッシュバックを貰っても
経費と合算して
トータルが20万未満になれば
税金を払う必要はないので
しっかり経費も確認しましょう。

 

もし、経費について
更に詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
海外FXで経費に入れて良いものは?確定申告で節税!

 

キャッシュバックの発生日にも注意

キャッシュバックは基本的に
ポジションを決裁した際に確定します。

その為、例えば
年末にポジションを持っていて
年明けに決済をした場合、
キャッシュバック自体は
年明けに確定します。

 

しかし、
キャッシュバックサイトによっては
“ポジションを持った日が発生日”
なんてこともあるので、
ここはポジションを決済後、
しっかりサイトを確認しておきましょう。

12月31日に発生した場合と
1月1日発生した場合では
税金が掛かる年度が変わりますからね。

*個人の場合は
1月1日~12月31日までが区切りです。

 

国内FXと損益通算はできない

FXのトレードをする場合、
国内のFX業者を使うこともありますよね。

 

ですが、
国内のFX業者で出た損益と
海外FXでの損益は
税金の区分が違うので
合算することができません。

 

よって、例えば、

・国内FXでの損益:-30万円
・海外FXでの損益:+20万円
・海外FXでのキャッシュバック:+5万円

となった場合、
国内FXで税金は発生しませんが、
海外FXでの損益と
キャッシュバックについては
税金が発生するので注意しましょう。

 

もし、国内FXと海外FXでの
税金の違いについて
詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
海外FXと国内FXの税金は違う!注意すべき点を教えます!

 

確定申告書にはどう記入すればいい?

海外FXを利用して
キャッシュバックを貰った際は
雑所得が20万以上になった場合
税金を払う必要があります。

 

でもその前に確定申告書に
記入をする必要があるのですが、

「どうやって記入すればいいの?」

なんて思うかもしれません。

 

そこで確定申告書の
記入の仕方も私の経験を踏まえて
簡単にお伝えしておきます。

 

まず、確定申告書に記入する場合、
雑所得のその他に
キャッシュバックの内容を
記入していきます。

 

そして内容を記入する際に
“種目”という場所が出てきます。

 

ここで”その他”を選んで
“還元収入”と記入します。

 

因みに、私の場合は
還元収入と記入しましたが
ぶっちゃけ何でもいいと思います。

要するに金額さえ合っていて
ちゃんと税金を払えば
税務署は指摘してこないはずです。

 

そもそもこの個所は
全角5文字以内で抑える必要があるので、
“キャッシュバック”と記入しても
エラーで内容を確定できないですから。

 

もし仮に税務調査に入られて
聞かれたとしても
堂々とキャッシュバックだと言えば
何の問題もないです。

 

あとは収入金額や
キャッシュバックを貰った
会社名と住所を記入すれば
それで完了になります。

 

キャッシュバックを使うメリットとは?

上記では、海外FXで
キャッシュバックを使った際の
税金についてお伝えしてきました。

 

ここでは簡単に
キャッシュバックを使うメリットについて
お伝えしていきます。

 

実質スプレッドが狭くなる

海外FXの場合、国内FXに比べて
スプレッドが広いです。

これがネックで
海外FXに手を出さない人が
意外に多くいます。

 

ですが、キャッシュバックを使えば、
0.4~1pipsぐらいの還元率なので
実質のスプレッドが狭くなります。
(還元率は業者によって違います)

これであれば、
海外FXであっても
国内FXと大差なくなるので、
凄く使いやすくなりますよね。

 

因みに、以下の記事では
私が実際に使ったことがある
海外FX業者のスプレッドを比較しました。
海外FX業者のスプレッドを比較!ベストな業者はどこ?

 

キャッシュバックで再起可能にもなる

仮に資金を全て失ったとしても
キャッシュバックがあれば、
その分を出金してから
海外FX口座へ入金できます。

 

しかも、海外FXの場合、
レバレッジが高いので、
たとえ金額が少なくても
再度FXに挑戦することができ、
失った資金を回収することも可能です。

 

キャッシュバックにデメリットはある?

キャッシュバックを使うと
色々とメリットがありますが
デメリットはあるのでしょうか?

 

私が考えるデメリットとしては、

“入金ボーナスが使えない”

という点です。

 

海外のFX業者では、

“100%ボーナス”

なんていうのがけっこうあります。

 

その為、キャッシュバックを使うと
このボーナスが使えなくなるので
ここが唯一のデメリットだと思います。

 

入金ボーナスがもらえる業者について
詳しく知りたい場合はコチラ

 

オススメのキャッシュバックサイトは?

海外FXでキャッシュバックを利用する場合、
いくつか利用できるサイトがあるのですが、
私が個人的にオススメなのがタリタリです。

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

 

タリタリは高還元率だし、
何よりも
出金がスムーズにできるのが一番です。

 

実際に私自身も2016年から使っていますが
出金拒否などのトラブルは一度もありません。

しかも、出金依頼をしたら
1営業日ほどで出金処理をしてくれるので
ものすごく便利です。

 

*入金されるまでの時間は
入金する銀行によって違うので
1営業日で着金するわけではありません。

私の場合は楽天銀行を使っているので
タリタリが出金処理をしてから
1~2営業日ぐらいで着金します。

 

もし、タリタリに興味がある場合は
以下からサイトに行けるので、
使ってみたい海外FX業者があれば
利用してみるといいかもしれませんね。
海外FXでキャッシュバックならTariTali