FXでトレードをする際に
これからの値動きがどうなるか
予想することがありますよね。

 

予想することは
ある意味当然ではあるのですが、
実はこの予想することは無意味です。

ただ、予想することの
全てが無意味というわけではなく、
本質からずれた予想があるわけです。

 

そこで今回は、
FXでの予想が無意味な件について
私の考えをお伝えしていきます。

 

FXで予想が無意味な理由とは?

FXで予想が無意味な理由に、

“未来の価格は誰もわからない”

というのがあります。

 

「そんなの当たり前じゃん!」

なんて思うかもしれませんが
こう思う人ほどわかっていません。

 

アナリストで稼いでいる人がいますか?

例えば、FX業界には、
アナリストがいますよね。

 

この人たちは物凄く頭の良い大学を出て、
朝から夜中まで毎日、
多くの市場を調査して、

「今日の動きは上がる(下がる)でしょう」

なんてやっています。

 

ですが、
ここでちょっと考えてみてください。

 

アナリストの中で、
高確率で予想が当たっている人を
あなたは見たことがありますか?

更に言えば、
その予想に従ってトレードをして
億を稼いでいる人、
もしくは億を稼いでいるアナリストを
あなたは見たことがありますか?

 

おそらく見たことがないと思います。

実際に私も見たことがありません。

 

この現実を改めて認識すると
FXで予想するのは
無意味だと思いませんか?

私は無意味だと思います。

 

昔の私自身も、
実はアナリストの予想を
鵜呑みにしてトレードをしていました。

 

毎日FX業者のニュースで、

「今日のレートは100~103円でしょう」

なんていう予想を見ては、

「よし!買いだ!」

なんてやっていましたが
全戦全敗でしたから(笑)

 

今思えば、1日に動く値幅を
300pipsもの値幅で予想していたら
そりゃあ当たりますよね。

こんなことやってても、
ある日突然暴落とかして
予想が外れるんですから。

 

このようなことから
FXで予想をしても意味がないと
私は考えているのです。

 

SNSでの予想も無意味

例えば、ツイッターやFacebookなどで

「ドル円は110円まで到達します」
「だから絶対に買いです」

みたいなことを予想して
投稿している人を見かけます。

 

ただ、SNSでの予想も
無意味だと思った方がいいです。

 

もちろん、SNSでは
高確率で予想を当たる人も
ちらほら見かけるのですが、
その予想だって100%ではありません。

中にはその予想に従って
ハイレバレッジでトレードをして
大損をした人を何人も
見たことがあります。

 

しかも、その大損した人たちは、

「お前の予想に従ったら大損した!」
「ウソつき!詐欺師!」

なんて騒ぎ出します。

 

私からすれば、
FXなんて自己責任なんだから
そんな予想に従った
その人が悪いと思います。

もちろん、
「絶対に上がる!」
みたいに断言をして
予想した人にも責任はあると思いますが。

 

このようなことからも、
SNS上での予想に従うのも無意味なので
あてにしない方がいいです。

個人的には参考にすらしなくていいです。

 

他人の予想を鵜呑みにすると成長しなくなる

FXで稼いでいる人をみると、
大多数の人がトレード技術に長けています。

そして、この人達というのは、
日々、検証や訓練などで
自分のトレードを磨いています。

 

結局、FXで結果を出している人は
こういう人達です。

他人依存ではなく、
自分を信じて自分の道を
突き進んでいます。

 

逆に他人の予想を鵜呑みにして
頼っているような人は
検証や訓練をしないので、
いつまで経っても成長しません。

人間は楽をしたがる生き物なので
他人の予想に頼るのは
ある意味、当然の性なのですが、
FXで結果を出したいなら
他人依存では絶対に無理です。

 

予想を鵜呑みにするとバイアスが掛かる

更に、他人の予想を鵜呑みにすると、
相場の見方にバイアスが掛かってしまいます。

 

例えば、昔の私は、
チャートを見て予想をした後に
アナリストの予想を見ていました。

その時に、
自分では上がりそうなので
買おうと考えていたら、
その人の予想は下がる予想でした。

 

これを見た時に、

「え、この人が言うなら下がるかも」

なんて自分の予想を捨てて
売り先行でトレードしていました。

 

そしたら案の定、損切りの嵐で、
結局、自分が予想した買いをしていれば
普通に勝てた経験があります。

 

このような感じで、
他人の予想を鵜呑みにしてしまうと
変にバイアスが掛かって
チャートをフラットに見れなくなります。

 

自分のトレードシナリオを立てよう

FXでは基本的に、
どっちに動くかを予想することは
無意味だと私は考えています。

 

もし、FXトレーダーとして
結果を出していきたいなら、
何よりも大事なのは、
自分のトレードスタイルを確立して
自分なりのシナリオを立てることです。

要するにチャート分析ですね。

 

例えば、今現在のチャートが
以下のようになっていたとしましょう。

 

チャート分析をする場合、
まず考えるべきは全体の流れ、
つまりトレンドです。

このトレンドが上か下かを見極めて
トレードプランを立てていくわけです。

 

上記のチャートからすると、
強くV字で上昇をしてから
押し目を作って上昇している最中です。

ということは、
今現在は上昇トレンドと判断できます。

 

その為、ここからわかるのは
今は買い狙いでいくのが
一番勝率が高いことが予想できますよね。

 

そしたら次に、

・どうなったら買うのか?
・どこで買うのか?

ということになるのですが、
これは直近のサポレジを目安にします。

 

今回のチャート状況であれば、

“レートがサポートラインまで
下がってきてからの押し目買い”

“高値更新をしてから、
レジサポ転換後の押し目買い”

という2つのシナリオを
立てることができます。

 

それではこの後に
チャートがどう動いたのかを
見てみましょう。

以下がその後の動きになります。

 

どうです?

結果として上昇したのですが、
シナリオに従っていれば、
買いエントリーをして
利益を出すことができましたよね。

 

このような感じで、
レートが上がるか下がるかを
予想するのではなく、
現状のチャートに沿って
トレードシナリオを立てていくことが
最も結果が出やすい方法です。

まぁ、これも予想といえば予想ですが
レートの予想ではないですよね。

 

FXトレーダーならトレードをしよう

もし、あなたがFXトレーダーとして
安定した収益を目指すのであれば、
予想をするのではなく、
事実に基づいたチャート分析をして
トレードをしていきましょう。

他人の予想は無視して、
我が道を突き進んで良いです。

 

そもそもチャートは
人間の心理が強く働くので、
フラクタル構造で
似たような動きを繰り返します。

ということは、
予想なんか立てなくても
似たような動きをする場面で
似たようにトレードをしていけば
安定した結果を出せます。

 

要は、確率を理解して
優位性が高い場所で
一貫したトレードをしていけば
それでいいわけです。

変に他人の予想に頼るだけ無意味です。

 

アナリストがお金を稼いでいるのは
予想によってお金を稼いでいます。

トレーダーがお金を稼いでいるのは
トレードによってお金を稼いでいます。

この違いをしっかり認識しておきましょう。

 

まとめ

今回は、FXで予想をしても
無意味な理由について
私の考えをお伝えしてきました。

FXでは未来のことは
誰にもわからないので、
上がるか下がるかなどを
予想することは無意味です。

 

更に、他人の予想に従って
トレードをすることも無意味です。

それであれば、
チャート分析をする力を身につけて
自分のトレードシナリオを立てて
トレードをした方が
ずっと簡単に結果が出せます。

 

ですから、
変にレートの予想をしたり、
他人の予想を鵜呑みにしないように
気を付けていきましょう。