海外FXを利用すると、
500倍以上のレバレッジが使えるので、
少ない証拠金でトレードができます。

 

でも、少ない証拠金で
トレードができるとはいえ、

「証拠金の計算式って
いったいどうなっているの?」

なんて疑問に思うかもしれません。

 

それに、ハイレバレッジで
トレードをする上で、
証拠金の計算式を知っておくと、

“どのぐらい資金から始めればいいのか?”

といった目安もわかります。

 

そこで今回は、海外FXでの
証拠金の計算式について
お伝えしていきます。

 

海外FXの証拠金の計算方法

では早速、証拠金の計算式について
お伝えしていきます。

 

証拠金の計算式は特に難しいことはなく、

現在のレート x エントリー枚数 ÷ レバッレジ

となっています。

 

だから、例えば、あなたが使おうとしている
海外のFX業者が

・レバレッジが500倍
・現在のドル円が113円
・1万通貨でトレード

といった条件になっている場合、
証拠金の計算式は、

 

113円 x 1万 ÷ 500

 

という計算式になるので、
1万通貨でトレードをする際の
最低の必要証拠金は、
2,260円になります。

つまり、3,000円あれば、
1万通貨のトレードができるのです。

 

さすが海外のFX業者ですね。

証拠金がこんなに少ない状態で
トレードができるなんて。

 

もちろん、レバレッジが
500倍以上あるFX業者だと、
更に証拠金は少なくて済みます。

例えば、海外FXで一番人気のXMは、
レバレッジが888倍ですよね。

 

だから、1万通貨でトレードをする場合、
先ほどと同じ条件に当てはめると
必要証拠金の計算式は、

113円 x 1万 ÷ 888

となるので、
1万通貨のトレードに必要な証拠金は、
たったの1,272円となります。

 

このような感じで、
証拠金の計算は、

現在のレート x エントリー枚数 ÷ レバッレジ

に当てはめて計算すれば、
簡単に最低の必要証拠金がわかります。

 

国内のFX業者の証拠金計算方法は?

上記では、海外のFX業者を使った際の
証拠金の計算式をお伝えしましたが、
国内のFX業者だとどうなのでしょうか?

実は、証拠金の計算方法は、
国内のFX業者も同じです。

 

国内のFX業者の場合、
2018年現在では、
レバレッジが25倍ですよね。

ということは、
証拠金の計算方法としては、
レバレッジの箇所を25にするだけです。

 

つまり、

現在のレート x エントリー枚数 ÷ 25

ということになります。

 

その為、先ほどと同じ条件で
証拠金を計算してみると、

113 x 1万 ÷ 25

となるので、1万通貨に対する
最低の必要証拠金は、
45,200円となります。

 

この証拠金を見ると、
海外FXのハイレバレッジが
いかに凄いかがわかりますよね。

 

だって、仮にXMと、
国内のFX業者の証拠金を比較すると、

・XM:1,272円
・国内のFX業者:45,200円

といったように、
必要証拠金が大きく違いますよね。

 

レバレッジはロスカット計算に関係ない?

因みに、FXでは”強制ロスカット”
というのがありますが、
このロスカットに関しては、
証拠金の金額がわかっていれば、
特にレバレッジの計算をする必要はありません。

 

なぜなら、ロスカットは、
「証拠金維持率が〇〇%以下になったら」
という設定になっていて、
その計算式というのが、

必要証拠金 x 証拠金維持率

となっているからです。

 

つまり、必要証拠金を計算する際に
すでにレバレッジが加味されているので、
特に計算をする必要がないのです。

 

因みに、証拠金維持率というのは、
FX業者によって違います。

国内のFX業者は、
証拠金維持率が100%を切ると、
ロスカットになります。

ここは一律の証拠金維持率です。

 

しかし、海外のFX業者の場合、
業者によって、
ロスカットの基準が変わってきます。

 

例えば、

・XM:証拠金維持率が20%を切ったら
・Gemforex:証拠金維持率が50%を切ったら

といったように、
ロスカットの基準が違うので、
使いたい海外のFX業者を
前もって調べておく必要があります。

 

因みに、これらのロスカット基準に
照らし合わせると、
113円で1万通貨をトレードする場合の
ロスカットの計算式は、

・国内FX業者:45,200 x 100%
・海外FX業者(XM):1,272円 x 20%

となるので、

・国内FX業者:45,200を下回ったらロスカット
・海外FX業者(XM):254円を下回ったらロスカット

といったようになります。

 

このロスカットのレートを考えても、
海外のFX業者の方が、
ロスカットにならずに
耐えられる幅が広いですよね。

ただ、逆を言えば、
海外のFX業者でロスカットになったら、
資金を根こそぎ持っていかれますけどね。

 

海外FXは実は安全?

ここまで海外のFX業者と、
国内のFX業者の必要証拠金や
ロスカットについて見てきました。

 

こうやって見比べてみると、
トレードをするのに必要な資金は
海外FXの方が少なくて済むので、
実は安全だったりします。

 

海外FXとなると、

「ハイレバレッジだから危険」

なんて言われていますよね。

 

でも、”必要証拠金が少なくて済む”
ということは、万が一全資金を失っても、
国内のFX業者よりも少なく済みます。

 

仮に、10万通貨でトレードするとしたら、
最低限必要な資金は、

・国内のFX業者:50万
・海外のFX業者:20万

といったようになります。

 

だから、仮に全資金を失った場合、
海外のFX業者だと、
国内のFX業者の時よりも
半分以下で済むことになりますよね。

 

「海外FXのハイレバレッジが危険」

というのは、過剰なレバレッジを使って
トレードをするから危険なのです。

むしろ、ちゃんと資金管理をしていけば、
少ない資金でトレードをしながら、
効率的に資金を増やすことが可能です。

 

ただ、FX初心者の場合は、
この事がわかっていても、
ついハイレバレッジで
トレードをする衝動に駆られる事があります。

ですから、FX初心者が
海外FXを使う場合は
注意が必要になります。

 

もし、レバレッジについて
更に詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
海外FXのレバレッジが意味する本当のメリットとは?

 

ゼロカットも安全性を高める

因みに、海外のFX業者の場合、
ゼロカットがあるので、
万が一、相場が急変して
借金を抱えるような損失を出しても、
FX業者が補てんしてくれます。

 

これは海外のFX業者なら
今は普通にあるので、
万が一のことがあっても
最大損失は自己資金だけで済むので
安心ですよね。

これがもし国内のFX業者だったら
追証になって
借金を抱える事になりますからね。

2015年のスイスショックが良い例です。

 

このようなことを考えても、
海外のFX業者を使うことは
色んな面からリスク回避が可能なのです。

もし、ゼロカットについて
詳しく知りたい場合は、
以下の記事で解説をしています。
海外FXのゼロカットは最強!国内FXと比較したら安全さが判明!

 

まとめ

今回は、海外FXを使う場合の
証拠金の計算式について
お伝えしてきました。

 

再度まとめておくと、
証拠金の計算式というのは、

現在のレート x エントリー枚数 ÷ レバッレジ

となっていて、
これは海外のFX業者も、
国内のFX業者も同じ計算式です。

単純にレバレッジを変えるだけです。

 

だから、特に難しい事はないので、
あなたが使いたい海外のFX業者の
レバレッジをチェックして、
必要な証拠金を割り出してから
トレードする資金を決めましょう。

 

因みに、私がオススメする
海外のFX業者は以下で紹介しています。
オススメの海外FX業者!この業者は必ず使うべき!