FXでの値動きは常に上下していて、
この上下に合わせて
トレードをしていきますよね。

その為、
これからどちらへ動くかを予想して、
その的中率が高い方が
より利益につながるわけです。

 

ですが、FXをやっていると、
この的中率を上げることが
実はかなり難しいですよね。

FX歴が長い人であっても
的中率が高いわけではありません。

 

そこで今回は、
自分のレート予想の的中率を
上げる方法があるのかについて
私の考えをお伝えしていきます。

 

FXの値動きに対する予想の的中率を上げる方法は?

FXの値動きに対する予想の的中率を
上げる方法についてですが、
私の中では一応存在します。

 

それが、

“自分で徹底的に検証して
実践経験を積んでいく”

ということになります。

 

「え!?そんなことなの!?」

なんて思ったかもしれません。

 

ですが、トレードの的中率を上げるには
私の経験上、結局これが一番効果的です。

 

なぜなら、人間は学習する生き物なので、
過去チャートを常に検証し続けていくと
新たな発見が無限に出てくるからです。

そして、その発見に対して
ひたすら検証をしていくことで
どんどんトレード精度が上がっていき、
相場予想の的中率も上がっていきます。

 

だから、もしあなたが、
FXで長い間利益を出し続けたいなら

・過去チャートを徹底的に検証する
・自分に合った手法を作る
・その手法で実践経験を積んでいく

といったことをするのが一番効果的です。

 

FX商材のサインツールでの的中率は?

レートの値動きを予想するものの1つに、
サインツールがあります。

いわゆるFX商材で
よく見るサインツールです。

 

このサインツールは
MT4にインストールをすると

・買いのサイン
・売りのサイン

というのを表示してくれて、
それに沿ってトレードができます。

 

このようなものは
独自のプラグラムを組んでいるのですが、
正直なところ予想的中率は悪く、
そのまま使った場合は
ほとんど使い物になりません。

 

実際に私自身も、
FXで負けまくっている頃に

「楽して稼げないかな?」

なんて思って
とあるサインツールに手を出しました。

 

そして、そのツールのサインに従って
トレードをしてみたところ惨敗でした。

的中率なんて30%を切っていて、
右肩下がりに資金が減っていきました。

 

因みに、
このようなサインツールの口コミや、
私に相談してくる人達の意見を聞くと、
ほとんどの人達が、

「サインに従ってボロ負けだった」

なんていう意見でした。

 

サインツールの的中率を上げることは一応可能

FX商材として売っている
サインツールは
基本的に使い物になりません。

 

ですが、
一応的中率を上げることも可能です。

その方法が、
自分でサインを取捨選択する方法です。

 

例えば、サインツールの場合、

・トレンド相場用
・レンジ相場用

といったように、
ある1つの相場でしか
力を発揮しないことが多いです。

 

その為、トレンド相場用なのに
レンジ相場でガンガンサインが出て
負けまくることが非常に多いです。

 

ですから、自分で相場を判断して

・トレンド相場の時だけ使う
・レンジ相場の時は止める

といったように、
そのツールが得意な相場を見極めて
使い分けをしてあげれば、
予想の的中率を上げることは可能です。

 

ただ、よくよく考えてみると、
結局、自分で判断して
稼働したり止めたりするなら、
最初から自分でトレードをしたのと
あんまり変わらないですよね。

 

それに、サインツールであっても、
過去チャートを見ながら、

・勝ちやすいサイン
・負けやすいサイン

というのを把握して
検証をする必要があります。

 

それであれば、
自分のトレード技術を磨いた方が
結局近道になります。

 

FX業者の予想ツールの的中率は?

サインツール以外にも、
FX業者の無料の予想ツールも存在します。

 

これもFX業者独自の基準で
過去チャートのデータを分析して
今が買いか売りかを
判定して表示するようなものです。

 

例えば、FX業者である
セントラル短資には

“みらいチャート”

というチャートの値動きを
予想するツールがあります。

 

これは過去チャートから
似たような動きをいくつかピックアップして、
それらを今のチャートに照らし合わせて
未来の値動きを予想するツールです。

 

私はこれを初めて見た時に、

「おお!スゲー!」
「これがあれば勝てるんじゃね!?」

なんて思って使ったのですが、
結局ダメでした。

 

なぜなら、このツールでは
未来の値動きの予想が
3パターンに予想されているからです。

 

例えば、先程の画像でも、
3パターンの値動き予想が
表示されていますよね。

 

しかも、この3パターンを見ると、

・下に行ってから上昇
・横ばい
・じわじわ上昇してく

といったように、
全体的には上昇傾向を示しているけど、
結局、今後の直近の予想では

・上がる
・下がる
・横ばい

という、相場で起きる全ての動きが
表示されていますよね。

 

ということは、
どのパターンになるかを
結局、自分で判断して
トレードをする必要があるので、
的中率は高いとは言えません。

これだったら、
自分で予想するのと
あんまり変わらないでしょう。

 

SNSでの他人の予想の的中率は?

・FX商材のサインツール
・FX業者独自のサインツール

これらの予想ツールに加えて、
SNSでの他人の予想もあります。

 

例えば、
ツイッターなどを見ていると、

「〇〇円で買い(売り)」

のように予想しているつぶやきを
見かけることが多くあります。

いわゆるレートの先出です。

 

これに関しては正直なところ、

・的中率が高い人
・的中率が低い人

この2つが存在します。

 

ただし、予想の的中率が
高い人を見つける能力が必要です。

ツイッターなどを見ると
予想をしている人はかなりいるので、
的中率を高い人を見つけるのは
かなり大変です。

 

また、的中率が高い人でも
100%的中することはないし、
毎回同じ時間に
予想をつぶやくわけでもありません。

むしろ、あまりあてにし過ぎると
逆に痛い目をみることもあります。

 

私が見てみた感じでは、
実際は的中率が低い人の方が多く、
その人の予想に従ったら
損をした人の方が多いです。

その為、SNSでの他人の予想は
上手い人を見つけられれば
いいかもしれませんが、
個人的にはあまりオススメしません。

 

アナリスト予想的中率は?

レート予想の最も王道として、
アナリストの存在がありますよね。

FX業者のニュース欄を見ると、
毎日レートの予想レポートを
書いているアナリストがいます。

この予想的中率は正直高いです。

 

が、しかし!

 

アナリストの予想を見ると、
例えばドル円の現在地が101円だったら

「今日の予想レートは100~103円台で推移」

なんて書いてあることがほとんどです。

 

この予想レートですが、
よくよく見てみると、
1日の値動きの幅が
300pipsとかあるし、
現在のレートからの上下幅も
100pips以上あるわけです(笑)

 

「そりゃあ1日の予想値幅を
300pipsも取ったら
当たる確率が高いに決まってんじゃん」

って思いますよね。

 

だから、アナリストの予想も
ある意味的中率は高いですが、
トレードに役立つかといえば
役立つことはあまりありません。

 

まとめ

今回は、

FXの値動きに対する
予想の的中率を上げる方法はあるのか?

ということについて
私の考えをお伝えしてきました。

 

私の個人的な経験からすると、
値動きの予想的中率を上げるなら、
自分で徹底的に検証をして
実践経験を積むのが一番です。

 

どんな予想ツールを使おうが、
結局的中率はほとんど同じだし、
それがトレードに役立つことは
あんまりありません。

むしろ予想ツールや
他人の予想に依存し過ぎると
逆に迷走することの方が多いので
あまり使わない方がいいと思います。