FXで勝っている人を見ると、
スキャルピングなどの
短期売買でサクサク利益を
取っているイメージがあります。

その為、そんなイメージに侵されて
短期売買に手を出す人が多くいます。

 

ですが、短期売買の場合、
判断材料が多くなるので
実は物凄く高度な
トレードスタイルなのです。

逆に時間軸を1時間足などにすると、
判断材料が少なくなるので、
トレードがしやすく、
結果も実は安定しやすいのです。

 

そこで今回は、
FXで安定して結果が出やすい、
1時間足の手法について
お伝えしていきます。

もし、短期の手法を使っても
FXで勝てていないような場合は
是非、最後まで
読んでいただければと思います。

 

安定した結果が出やすい1時間足の手法とは?

では早速、
FXで安定した結果が出やすい
1時間足の手法について
お伝えします。

 

その手法とは、

・トレンド中の押し目買いと戻り売り
・転換を狙った押し目買いと戻り売り

となります。

 

「え!?そんな単純な手法なの?」

なんて思ったかもしれません。

 

ですが、この単純な手法こそが
実は安定した結果を出しやすい
手法なのです。

 

では、実際のチャートを見ながら
1時間足の手法について解説していきます。

まず、トレンド中の押し目買いや
戻り売りに関してですが、
以下の黄色マルのような場所で
エントリーをしていきます。

 

次にトレンド転換時の
押し目買いと戻り売りです。

下記チャート画像の
黄色マルがエントリーになります。

 

上記を見ればわかるように、
ダウ理論に沿った
王道のトレード手法ですよね。

1時間足以上になると、
このような王道の手法でも
十分安定した結果は出せます。

 

なぜ王道の手法で結果が安定する?

では、なぜ1時間足以上だと、
このような王道の手法でも
安定した結果になると思いますか?

それは1時間足以上のチャートが
大多数の相場参加者に
見られているからです。

 

基本的にチャートは、
相場参加者の心理を表しています。

そして、1時間足以上になると、
スキャルパーから大口の投資家まで
大多数の相場参加者が
トレンドを確認するために
必ず見ているのです。

 

その為、1時間足以上で、
ダウ理論に沿った
キレイな形が出てくると、
ほとんどの相場参加者が、
押し目買いや戻り売りを
ハッキリと認識できます。

これによって、
押し目ポイントや戻り売りポイントで
買いや売りが入りやすくなるから
上昇(下落)もしやすくなるのです。

 

ですから、1時間足以上の手法なら、

・トレンド中の押し目買いや戻り売り
・トレンド転換時の押し目買いや戻り売り

というのが効果的なのです。

 

1時間足の手法の精度を高めるには?

1時間足以上の手法だと、
ダウ理論に沿った押し目買いや
戻り売りが効果的なのですが、
この手法の精度を
更に高める方法があります。

 

それが、

・水平線を引くこと
・MA(移動平均線)を使うこと

この2つになります。

 

水平線を引くこと

FXで水平線を使うことは
トレードの精度を上げるのに
絶大な効果を発揮します。

特に1時間足以上のチャートは
水平線がよく効きます。

 

その為、
トレンドが出ている最中に
直近の高安など、
何度か反転している場所に
水平線を引いてあげるのです。

そして、この水平線で
反発し始めたところで
エントリーをしてあげると
トレード精度がグッと上がります。

 

例えば、先程のチャート画像でいうと、
以下のような感じで、
水平線を引くことができます。

 

このように、直近の高安や
ネックラインに水平線を引くことで
1時間足の手法の精度が上がります。

また、水平線を引くと、
反転しやすいポイントも
目に見えてわかりやすくなるので、
より迷いなくエントリーができます。

 

MA(移動平均線)を使うこと

次に1時間足の手法の精度を
上げる為に使うのがMAです。

MAも世界中のトレーダーが
使っているほど有名なテクニカルです。

 

恐らく、
FXを勉強し始めた最初の方に
出てくるテクニカルですよね。

このMAの役割としては、
トレンドを確認するのがメインです。

 

・MAが上向きなら上昇トレンド
・MAが下向きなら下落トレンド

といったようにです。

 

その為、MAは、
トレンド中の押し目買いや
戻り売りには凄く相性が良いです。

更にMAの場合、
非常に多くのトレーダーに使われているので、
水平線ほどではありませんが、
反転ポイントとしても使うことができます。

 

例えば、先程のチャート画像に
今度はMAを足してみると、
以下のようになります。

 

上記を見ると、
MAを少し抜けてるのもありますが、
それでもMAがサポートや
レジスタンスとして機能しているのが
なんとなくわかると思います。

このようにMAを加えることでも
1時間足の手法の精度を
上げることができます。

 

特に、

・トレンドが出ている
・水平線で反転している
・MAで反転している

といったように、
複数の根拠ができた場所では
高勝率なトレードがトレードができます。

 

ですから、私個人としては、
この3つが揃った時だけを狙うのでも
安定した結果を出せるようになると
考えています。

 

使うMAは何がいいの?

因みに、MAを使う場合、

・SMA
・EMA
・WMA

など、MAに種類がありますよね。

 

これに関しては、
正直、どれでもいいのですが、
SMAかEMAを使っておけば
何の問題もないでしょう。

 

また、MAの数値ですが、
これも王道のMA20~25、
もしくはMA200で十分です。

ただ、MA200を使う場合は、
そこまでレートが来るのに
かなり時間が掛かるので、
エントリーチャンスを
逃すこともあります。

 

その為、個人的には、
MA20~25をメインに使って、
もし、MA200までレートが来たら、
その時に使うのが良いと思います。

因みに上記のチャート画像では
SMA20を表示させています。

 

1時間足の手法にデメリットは?

ここまで、FXで使う1時間足の手法で
安定した結果を出しやすい手法を
色々とお伝えしてきました。

 

しかし、1時間足の手法にも、
もちろんデメリットがあるので、
その点についても、
しっかりお伝えしていきます。

 

トレード回数が少なくなる

1時間足以上の手法になると、
値動きがゆっくりなので、
ポイントに来るまでに
時間が掛かります。

その為、トレード回数が
15分などのデイトレードに比べて
どうしても少なくなります。

 

ですが、この問題に関しては
複数の通貨をトレード対象にすれば
かなり解消することができます。

また、1回の利益が
短期トレードの数倍になるので、
獲得pips数もその分多くなります。

 

よって、トレード回数が減っても、
そこまで大きなデメリットとは
ならないでしょう。

 

損切り幅が大きくなる

1時間足以上になると、
ローソク足1本1本の値幅が
大きくなります。

その為、それに伴って、
短期足のトレードに比べると
損切り幅も大きくなります。

 

ただ、その分、
利食い幅も大きくなるので、
損小利大のトレードはできます。

 

私の経験上、1時間足以上になると、

・利食い:100pips以上
・損切り:-20~-50pips

といった感じになります。

 

これであれば、
リスクリワードは申し分ないので
マイナスになることは稀です。

しかし、そうはいっても、
人によっては、
-20~50pipsの損切り幅を
耐える事も出来ない事もあります。

 

その場合は、
水平線とMAが揃う場所など、
複数根拠が揃う場所だけで
レートを引き付けてトレードするのが
良いと思います。

その代わりトレード回数が減りますが。

 

このような感じで、
1時間足以上の手法にも
デメリットはあるので、
自分の性格に合っているかを
確認するようにしましょう。

 

1時間足以上の手法にオススメのFX口座は?

1時間足以上の手法を使う場合、
短期足のトレードに比べて
損切り幅が大きくなります。

その為、損切りになった時の
資金の減り方も大きくなります。

 

そうなると、
このことを想定して、
資金も少し多めに
入れておかなければなりません。

もちろん、資金管理さえすれば、
多く入れなくてもいいですが、
それでも損切りになった時は
短期足のトレードに比べれば
減る資金が大きくなるのも事実です。

 

そんな時にオススメなのが、
海外のFX口座を使うことです。

なぜなら、海外のFX口座の場合、
入金ボーナスというのがあるからです。

 

これはFX口座を開いた後に
入金をすると、
その入金額に合わせて
ボーナスをもらえます。

例えば、とあるFX業者で
100%入金ボーナスがあったとしましょう。

 

そうすると、仮に10万円を入金したら、
もう10万円分のボーナスがもらえるので、
合計20万の資金で
トレードができることになります。

ですから、国内のFX業者よりも
少ない資金でトレードができるので、
1時間足以上の手法を使う際も
かなり利用価値がありますよね。

 

もし、海外のFX口座に興味が沸いたら、
入金ボーナスがあるFX業者を
以下の記事で紹介しているので、
よければ読んでみてください。
海外FXで100%入金ボーナスがある4つのFX業者とは?

 

まとめ

もしあなたが今現在、
短期足のトレードをしていて
全然結果が出ていないなら、
1時間足以上の手法にしてみると
いい方向にいくかもしれません。

 

実際に私自身も、
1時間足以上の手法に変えてから
一気に結果が安定して、
資金を増やすことができましたから。