FXをやっていると、
スワップポイント
という金利があるのが特徴です。

 

このスワップポイントとは、
各通貨の金利差を調整したものです。

金利の高い通貨を買って
金利の安い通貨を売った場合、
その金利差分を
スワップポイントとして受け取れます。

逆に金利の高い通貨を売って
金利の安い通貨を買った場合は、
金利差分をスワップポイントとして
支払う必要があります。

 

では、このスワップポイントは、
海外FXではどうなっているのでしょうか?

何か特別な計算が必要なのでしょうか?

今回はその辺りをお伝えしていきます。

 

スワップポイントはFX業者によって違う

まず、スワップポイントというのは、
通貨国の金利とその時のレートによって
FX業者側で計算されて決まっています。

その為、各FX業者によって、
配信レートが違うので、
スワップポイントも
業者によって変わってくるのです。

 

因みに、各FX業者で、
スワップポイント表があるので、
その表を見れば、

どの通貨がどれくらいのポイントなのか?

といったことがすぐにわかります。

 

だから、スワップポイントに関しては、
特に私たちが計算する必要はありません。

基本的にこのスワップポイントは、
新興国など、政策金利の高い国ほど、
大きくなっていきます。

 

その為、トルコリラや
南アフリカランドなどが、
金利が高いことで有名です。

あとは、オーストラリアや
ニュージーランドなど、
オセアニア通貨も昔から金利が高いので、
これらの通貨を買いで持っていると、
プラスのスワップポイントがもらえます。

 

1日に貰えるスワップポイントの計算式は?

海外のFX業者では、
各業者でスワップポイントが決まっています。

そして、1日に貰えるスワップポイントも、
各FX業者で計算式があります。

 

例えば、海外FXで有名なXMの場合、
まずは各通貨で以下のように、
スワップポイントが決まっています。

 

そして、このスワップポイントを元に、
1日当たりの貰えるポイントや
支払うポイントを計算していきます。

例えば、表にある、
オージー円のスワップポイントを
計算してみるとしましょう。

 

XMでは1日のスワップポイントの
計算式は、

ポジションサイズ x 最低価格変動 x スワップポイント

となっています。

 

 

だから、仮にオージー円を
買いで10万通貨保有していた場合、
1日当たりのスワップポイントを計算すると、

10万 x 0.001 x 1.43

となるので、
1日当たり143円の
スワップポイントがもらえます。

 

逆に売りで10万通貨を保有していた場合、
スワップポイントを計算すると、

10万 x 0.001 x -8.07

となるので、
1日当たり807円もの
スワップポイントを支払う必要があります。

 

また、別の海外FX業者である、
Gemforexの場合は、
スワップポイントの計算式は、

100,000 × 最小ポイント数 × 金利率 × 換算レート × 通貨量(LOT)

といったように、
XMとは違い複雑になっています。

 

このように、海外のFX業者では、
スワップポイントや
1日にもらえるポイントの計算方法が
違ってきます。

 

ただ、スワップポイントは、
ポジションを保有すれば、
全てFX業者側で計算されるので、
特に気にする必要はないです。

 

因みに、金利の高い通貨は、
買って長期保有すれば、
毎日スワップがもらえますが、
売って長期保有すると、
資金が目減りしていくので
そこは注意が必要になります。

 

スワップポイントは日をまたがないと付かない

スワップポイントの特徴として、
日をまたいでポジションを保有しない限り
付くことはありません。

 

だから、その日の内に終わるような、
短期のデイトレードや、
スキャルピングをする場合、
スワップポイントはもらえないし、
取られることもありません。

あくまでも、日をまたがない限り、
スワップは発生しません。

 

ただし!

 

1つ注意点があるのですが、
海外FXや国内FXに限らず、
FX業者が1日と見なす時間は、

夏時間:朝6時~次の日の朝6時
冬時間:朝7時~次の日の朝7時

となっています。
(金曜の終わり時間は5分早い)

 

ということは、
夏時間であれば、朝5時59分、
冬時間であれば、朝6時59分に
ポジションを保有したら、
その1分後に日にちが切り替わるので
スワップポイントが発生します。

その為、早朝のトレードをする場合は、
少し注意が必要になります。

 

スワップを狙ったトレードをオススメしない理由

上記では、スワップポイントや
その計算式についてお伝えしてきました。

ただ、私個人としては、
スワップポイントだけを狙った
トレードはあまりオススメしません。

 

なぜなら、FXではスワップ以外にも、
価格の変動によって、
含み益や含み損が発生するからです。

その為、
たかだか1日数百円のスワップの為に、
無理にポジションを保有し続けて、
それが含み損になってしまえば、
資金は大きく減ってしまいます。

 

例えば、2018年は、
トルコリラのスワップポイントが良かったので、
それ目的で買いポジションを
大量に保有する人が多くいました。

しかし、トルコリラショックが起きて、
トルコリラは大暴落をしました。

 

その為、スワップを狙った人達は、
スワップ以上に含み損が大きくなり、
大損をして話題になっていました。

 

このようなことがあるので、
安易な気持ちで、
スワップ狙いのトレードは
やらない方がいいでしょう。

もし、無限に資金があって、
最初から長期保有するつもりなら、
良いとは思いますが・・・

 

まとめ

今回は、
海外FXのスワップポイントについて、
色々とお伝えしてきました。

基本的にスワップポイントの場合、
FX業者によって決まっているし、
計算も自動でやってくれるので、
あまり気にする必要はないでしょう。

 

その代り、スワップポイントの
高い通貨を選ぶと、
場合によっては高いスワップを
支払う必要があるので、
スイングトレードをする場合は、
その点に注意しましょう。

 

オススメの海外FX業者はこちら。
オススメの海外FX業者!この業者は必ず使うべき!