FXのトレードで
安定した結果を出すには
正しく環境認識をすることが
必ず必要になってきます。

 

正直、私からすれば、
エントリーポイントよりも
環境認識の方が大切です。

なぜなら、
環境認識が正しくできていれば、
エントリーポイントが多少ずれていても
思った方向へ動きやすいからです。

 

そこで今回は、私が考える、
FXで正しく環境認識をする為のコツを
お伝えしていこうと思います。

 

FXで正しく環境認識をする為のコツは?

FXで正しく環境認識をする為の
コツとして一番重要なのが、

“チャートのジグザグを見つける”

ということになります。

 

チャートのジグザグとは、
いわゆるダウ理論のことです。

このダウ理論に沿って
環境認識をしていくのが
実は一番のポイントです。

 

因みにダウ理論は、

・高安切り上げでアップトレンド
・高安切り下げでダウントレンド

というのだけ、
頭に入れておけばいいです。

 

このダウ理論のジグザグを使って
環境認識をしていきます。

 

では早速、
私がいつもやる、
環境認識の仕方を
解説していきます。

 

日足から1時間足までザっと見る

まず最初に私が環境認識をする時は
日足から見ていきます。

日足ぐらいまで見ておけば、
4時間足のトレードまでは
日足だけで十分カバーできます。

 

そして、日足の流れに関しては
パッと見でいいです。

例えば、日足チャートが
以下のようになっていたとしましょう。

 

そしたらパッと見て
ジグザグがどうなっているかを
確認します。

どうでしょうか?

あなたならどうジグザグを作って
どうトレンドを判断しますか?

 

私であれば、
以下のようにジグザグを引きます。

 

上記を見ると、
高値と安値が切り上がっているので、
上昇トレンドだと判断できますよね。

この時のコツとしては、
パッと見て目立つ高値と安値に
ジグザグをイメージするだけでいいです。

何本もラインを引かなくていいです。

 

要するに、

高値と安値が切り上がっているか?
それとも切り下がっているか?

これを確認するだけですから。

 

次に4時間足の環境認識をします。

上記のチャートを4時間足にすると、
以下のように見えます。

 

どうでしょうか?

あなたならジグザグを
どのように引きますか?

 

私であれば以下のように引きます。

 

上記を見ると、
高値と安値が切り上がっていますが、
今現在のレートの位置を見ると、
直近の安値を下抜けていますよね。

 

ということは、4時間足では
上昇ザグザグの流れが壊れたので、

「もしかしたら、
下落トレンドに入ったかも?」

と考えることができます。

 

では次に1時間足を見てみると、
以下のように見えます。

 

 

なんだか一気にチャートの
形状が変わりましたね。

では、このチャートなら
どうジグザグを引きますか?

 

私なら以下のように引きます。

 

上記を見ると、
上昇のジグザグと
下落のジグザグが両方ありますね。

ということは、
1時間足では上昇トレンドから
下落トレンドに入ったことが
わかりますよね。

 

そして、
今現在のレートの位置から見ると、
ジグザグは高値と安値を
切り下げているので
下落トレンドになります。

 

よって、日足から1時間足まで
環境認識をしたところ、

・日足:上昇トレンド
・4時間足:下落トレンドに入ったかも
・1時間足:下落トレンド

といった形になっていました。

 

再度画像を日足から順番に並べると
以下のようになっています。

 

このような感じで
チャート上のジグザグを
見つけることができれば、
正しく環境認識ができます。

 

因みに、トレードスタイルが
5分足などの短期足の場合は、
自分がエントリーする時間軸まで
環境認識をしてもいいです。

ただし、あまり細かいところまで
環境認識をしてしまうと、
トレンドが色々と混ざって
わからなくなることがあります。

 

その為、私個人の考えとしては
環境認識は
大きな流れを把握する為のものなので、
1時間足まででも十分だと考えています。

 

環境認識後にどうエントリーポイントを見つけるか?

環境認識をしてトレンドを把握できれば、
エントリーをする方向性がわかります。

 

例えば、先程のチャートだと、

・日足:上昇トレンド
・4時間足:下落トレンドに入ったかも
・1時間足:下落トレンド

となっていたので、
エントリーを狙う方向としては、

・日足のトレード:買い
・4時間足のトレード:売り
・1時間足以下のトレード:売り

となります。

 

今回だとスイングトレードは買いだけど、
デイトレードは売りということになります。

この目線が定まった状態で、
エントリーポイントを探していくのですが、
次にやることは、
反転しそうな場所へ
水平線を引くことになります。

 

これをやることで、
押し目買いや戻り売りの候補を
見つけることができます。

 

例えば、先程のチャートで
反転しそうな場所に
水平線を引くと以下のようになります。

 

日足

 

4時間足

 

1時間足

 

こうすると、
どこでエントリーすればいいか
わかりやすくなりますよね。

この水平線が引けたら、
あとは押し目買いや
戻り売りを考えていくだけです。

 

今回の各チャートだと、
以下のような感じでしょうか?

日足

 

4時間足

 

1時間足

 

このような感じで、
エントリーポイントが
見えてきました。

一応、複数の時間足を
総合的に考えて
エントリーポイントを
更に厳選する方法もあるのですが、
今回は環境認識がメインなので
そこは割愛します。

 

それに、この方法だけでも
十分安定した結果は出せるので
FXで負けている状態で
環境認識が上手くできない場合は
これだけで十分です。

 

相場に振り回されないようにする為には?

FXでなかなか結果が出ない人は、
環境認識が上手くできないだけでなく、
チャートの表示の仕方も
影響していることが多いです。

 

例えば、15分足以下の
デイトレードをしている場合、
左上から短期足を表示させています。

 

これだと実は、
相場に翻弄されやすいです。

 

なぜなら、人間は左上から
右下に向かって
物を見る習性があるからです。

Zの法則なんて言われています。

 

その為、短期足チャートを
左上から表示させていくと、
右側の長期足チャートの流れが
見えなくなってしまいます。

これによって、
短期足の動きに振り回されて
全体の流れとは逆に
トレードをしてしまい、
負けやすくなるのです。

 

ですから、環境認識が
上手くできなかったり、
つい全体の流れが
見えなくなってしまう場合は、
左上から長期足チャートを
表示させるのが意外にオススメです。

 

これもある意味、
環境認識を正しくする為の
コツと言ってもいいでしょう。

FXは自分がやりやすければ
どんな風にチャートを見ても
問題ないですからね。

 

まとめ

今回は、FXで正しく
環境認識をする為のコツについて、
お伝えしてきました。

今回のやり方としては、
あくまでも私のやり方です。

 

環境認識の仕方は
色々あるので、
ご自身で探してみるのもいいでしょう。

ただ、あまり情報を入れ過ぎると
逆にわからなくなることもあるので、
シンプルに環境認識をしたい場合は
私のやり方を試してみてください。