FXでデイトレをする際に
移動平均線を使うことが
多いと思います。

このテクニカル指標は
世界中のトレーダーが使っているので
上手く使えば
トレードに絶大な威力を発揮します。

 

ですが、移動平均線の場合、
無限の数値設定ができるので、

「どの数値を設定すべきかわからない」

といった声も多く聞きます。

 

そこで今回は、私が考える、
FXのデイトレで失敗しない
移動平均線の設定と
使い方について
お伝えしていきます。

 

デイトレで失敗しにくい移動平均線の設定値は?

まず、

“失敗しない移動平均線の設定値”

なんて言ってみましたが、
ぶっちゃけた話、
この設定値はいくつでもいいです。

FXに100%の答えはないので、
どんな設定値を使ったとしても、
結果が出ればそれでいいわけですから。

 

ただ、移動平均線の設定値は
無限にあるので、
いくつでもいいと言われると
余計迷いますよね。

 

そんな時に私が実際に使って
失敗しにくいと思った設定値が

・MA20~25
・MA200

といった設定値になります。

 

「え、こんなの誰でも知ってるし
普通の設定値じゃん」

なんて思ったかもしれません。

でもこれにはちゃんと理由があります。

 

多くのトレーダーが使う設定値こそ効果的

なぜ、移動平均線の設定値が
20~25、200が失敗しにくいのかですが、
これらの設定値は
世界中のトレーダーが使っているからです

 

そもそも
FXのチャートというのは、
トレーダーの心理が
作り出したものです。

つまり、多くのトレーダーが
買いだと判断すれば上がり、
売りだと判断すれば下がります。

 

よって、
移動平均線に関しても
多くのトレーダーが使う設定値を使えば
効きやすいわけです。

 

そしてその設定値というのが
MA20~25と200なのです。

 

例えば、あなたが
移動平均線の勉強をした、
もしくは移動平均線を初めて知った時に、
20~25、200辺りの設定値を
覚えた記憶はありませんか?

恐らくYesだと思います。

 

ということは、
あなた以外のトレーダー達も
最初に覚えた値は同じなわけです。

 

そうなると、
大多数のトレーダーの頭の中には

・MA20~25
・MA200

というのが入っていて、
これらの設定値を使ってくるので、
デイトレで使っても
失敗しにくいのです。

 

特にMA200なんて、

「機関投資家がよく使う」

なんて言われてるぐらいですからね。

 

このような感じで、
チャートが作られる心理を考えると
失敗しにくい移動平均線の設定値は
20~25、200といった、
誰でも知っている値になるのです。

 

移動平均線は何分足が効きやすい?

移動平均線を使うなら、
誰でも知っているような
設定値を使うのがいいのですが、

「何分足が効きやすいの?」

なんて思うかもしれません。

 

これに関しては、
長期足になるほど効きやすくなります。

なぜなら、チャートというのは
トレーダーの参加者数と
資金量で動いていくからです

 

そして、長期足になるほど、
多くのトレーダーが意識するし、
大口の投資家も参戦してきます。

その為、移動平均線に関しても
長期足になればなるほど
効き目が強くなってきます。

 

ですから、デイトレをする際も
短期足の移動平均線ばかりを
気にするのではなく、
4時間足や日足の移動平均線も
意識するようにしましょう。

そうすればより効果的な
トレードができるようになります。

 

デイトレで失敗しにくい移動平均線の使い方は?

失敗しにくい移動平均線の
設定値を知った後は、
失敗しにくい使い方ですよね。

いくら効果的な設定値を知っても
使い方を間違っていたら
全く意味がないですからね。

 

私が実際に使ってみて、
失敗しにくい使い方は

・トレンド中に使う
・水平線と合わせて使う

といった方法です。

 

これもFXをやっているなら
普通の使い方だとわかりますが、
なんだかんだでこの使い方が
一番効果的で失敗しにくいです。

 

トレンド中に使う

そもそも移動平均線は、
過去〇〇本分の終値を
足して平均したものです。

その為、
過去に買った(売った)トレーダー達が
現在どっち方向に相場を見ているのか、
つまりトレンドが出ているのかを
確認するために使っています。

 

例えば、現在の移動平均線が
下向きになっていれば、
多くのトレーダー達は

「下落トレンド中」

と判断できるので、
売りでエントリーをしてきます。

 

ということは、
移動平均線の傾き具合で
トレンドを判断して、
トレンドが出ていることを
確認しながら使うのが効果的です。

 

だから、移動平均線を使って
デイトレをする際は、
まずはどちらかに傾いているかを
確認するのが第一です。

 

水平線と合わせ使う

移動平均線で
トレンドを確認出来たら、
次はエントリーポイントを
探すことになりますよね。

その時に効果的なのが、
水平線と組み合わせて
移動平均線を使うことです。

 

なぜなら、FXでは、

・移動平均線を使うトレーダー
・水平線を使うトレーダー
・フィボナッチを使うトレーダー

といったように、
いろんなテクニカルを使う
トレーダーが存在します。

 

ですから、
移動平均線だけで
トレードをするよりも、
他の根拠も合わさったところで
トレードをした方が
より多くのトレーダーが
入ってくるポイントで
エントリーができることになります。

 

そしてその中でも
私がやってみて効果的だったのが
水平線と合わせて使うことでした。

 

やはり水平線に関しても
世界中のトレーダーが利用しているので、
この2つを組み合わせるのは
かなり強力です。

 

トレンド転換を狙うのにも効果的

移動平均線+水平線のトレードは
トレンド転換を狙うのにも効果的です。

 

例えば、よく出てくる形で
勝率も高いのが、
ダブルトップのネックと
移動平均線が合わさったところで
エントリーする方法です。

 

この形はデイトレで
かなり出てくるので、
天井圏や底値圏で
注意して見ておいた方がいいです。

 

しかも、この場合だと、

・移動平均線
・水平線
・ダブルトップ

というチャートパターンも
組み合わさってくるので
より効果的です。

 

デイトレで失敗しやすい移動平均線の使い方は?

上記では失敗しにくい
移動平均線の使い方を
お伝えしました。

その一方で失敗しやすい
移動平均線の使い方もあります。

 

それが、
1つのチャートに
何本も移動平均線を
表示させることです。

例えば以下のような感じで。

 

なぜなら、このように
1つのチャートに
複数の移動平均線を表示させると、

・エントリーに迷う
・損切りが遅れる

といった事が起きやすいからです。

 

例えば、移動平均線を基準にして
エントリーを考えている時に、
複数の移動平均線があるとしましょう。

 

これだと、本数分の
エントリーポイントができてしまうので、
どこでエントリーすべきなのか
迷ってしまい、

「結局置いて行かれた」

なんていうのが起きやすいです。

 

また、損切りに関しても、
複数の移動平均線があることで、

「下側の線を抜けるまで待とう」

なんてやってしまい、
結局一番下の移動平均線割れで
損切りをして、
大きな損になることが起きやすいです。

 

だから、
複数を表示させて
エントリーや損切りに
使わない方がいいです。

私の経験上、
やっぱり水平線や
チャートパターンと合わせた方が
迷いも少なくて勝率もいいです。

 

複数表示させるにしても、
短期足と長期足両方で
トレンドが出ているかを
確認する程度に使いましょう。

 

まとめ

今回は、FXのデイトレで
失敗しにくい移動平均線の
設定値と使い方について
お伝えしてきました。

 

移動平均線は
世界中のトレーダーが使っているので、
デイトレには強力な武器になります。

ですが、移動平均線にも
反応しやすい数値や使い方があるので、
適当に使えばいいわけではありません。

 

逆に間違った使い方をすると
相場に翻弄されて
損失を重ねることにもなるので、
その辺りは注意しましょう。