FXでデイトレをする際は
基本的にチャートに張り付いて
相場を見ている必要があります。

やはりそっちの方が
トレードチャンスを
逃すことも少ないですからね。

 

しかし、FXをする人の中には

「なるべくチャートを見たくない」

という人もけっこういます。

 

では、FXのデイトレは
チャートを見ないで
トレードが可能なのでしょうか?

今回はこの件について
私の考えをお伝えしていきます。

 

FXのデイトレはチャートを見ないでもできる?

FXのデイトレでは
チャートを見ないでも
トレードができるか?

ということについてですが、
私の個人的な意見では

“完全に見ないの厳しい”

となります。

 

これがもし、株なら、
板情報があるので、
チャートを見ないでも
トレードができます。

実際にチャートを見ずに
株のトレードをして
稼いでいる人は多いです。

 

ですが、FXとなると、
株のような板情報は
基本的にはありません。

となると、
エントリーする際の
目安がなくなるので、
チャートを見ないでのトレードは
かなり難しいです。

 

しかも、デイトレの時間軸が
15分足などの比較的短期だと
エントリーもピンポイントで
することが多いです。

このことを考えても、
デイトレの時は
やはりチャートは見た方がいいです。

 

エントリー後にチャートを見ないのは逆にいい

FXのデイトレで
エントリーをする際は
チャートを完全に見ないのは
かなりキツイです。

 

ですが、エントリー後であれば、

・損切りの逆指値
・利食いの指値

これを設定したら
逆にチャートを見ない方が
結果が良い場合があります。

 

なぜなら、
エントリー後にチャートを見ていると
含み益や含み損の時間が出てくるので
損益の上下に心が揺さぶられるからです。

 

しかも、チャートを見ていると
少し利益が乗って、
それが減ってしまうと、

「せっかく利益が乗ったのに
損切りになるんじゃないか?」

なんて思って
すぐに利食いをしやすくなります。

 

また、エントリー後に逆行されて
損切りが近くなると、

「損をしたくない」

「自分が切ったところから
反転するんじゃないか?」

なんて思ってしまい、
損切りの位置をずらしたり、
損切りを外したりして
損失を拡大させることも起きやすいです。

 

それであれば、
エントリー後はチャートを見ないで
放置しておく方が
ルール通りに決済ができるので
トレード結果が安定しやすいです。

その為、エントリー後に関しては
逆にチャートを見ない方が
良いことが多いです。

 

実際に私の周りのトレーダ―にも、
エントリー後はチャートを見ずに
すぐに閉じてしまう人もいます。

 

できる限りチャートを見ないでデイトレをするには?

もし、どうしても

「チャートを見たくない」

という場合だったり、
仕事や家事で忙しく、

「チャートを見る時間がない」

という場合は
デイトレの時間軸を
1~4時間ぐらいまで広げるのが
一番効果的です

 

なぜなら、1~4時間足になると、

・水平線
・トレンドライン
・移動平均線

といったテクニカルが
強く効きやすいからです。

 

その為、水平線や
移動平均線の近くに

・エントリーの指値
・損切りの逆指値
・利食いの指値

これらの注文を出しておくことで、
自動でエントリーから
決済までしてくれるので
チャートを見ないでもデイトレができます。

 

これであれば、
チャートを見たくない場合や
日中忙しくて
チャートが見れない場合でも
チャートを見ずに
トレードができます。

 

因みに、
エントリーのタイミングを
時間足の確定時にすると、
更にチャートを見る時間を
減らすことができます。

 

例えば、4時間足のデイトレなら、
ローソク足が確定する時間は

・6時
・10時
・14時
・18時
・22時

となっているので、
この時間だけ
チャートを見るのでOKですよね。
(冬時間は1時間後ろにずれます)

 

実際にサラリーマン時代の私も、
日中仕事で
チャートが見れなかった時は
1時間足以上の時間軸で
デイトレをしていました。

それで安定した結果が出ていたので
このぐらいの時間軸なら
チャートを見ないで
普通にトレードができます。

 

逆にこの時間軸にしたお陰で

・ポジポジ病
・チキン利食い
・損切りできない

といった悪い癖が治って
FXで安定した結果を
出すきっかけを掴めたくらいです。

 

もし、1時間足以上のデイトレで使う
手法について詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
FXで安定した結果が出やすい1時間足の手法とは?

 

過去検証でエントリーが多い時間もチェックするのも良い

もし、15分足などの
比較的短期のデイトレをしたいけど、
チャートをあまり見たくない場合は
自分の手法に対して過去検証をして
エントリーが多い時間帯だけ
チャートを見る方法もあります。

 

基本的にFXでトレードをする前に
きちんと過去検証をして
自分の手法を作り上げるはずです。

その為、この時に
自分の手法がどの時間帯に
エントリーするのが一番多いのかも
チェックするのです。

 

例えば、検証結果をチェックして

“夜19時~22時が
一番エントリー回数が多い”

とわかった場合は
この時間帯だけ
チャートを見るのです。

 

そうすれば、
できる限りチャートを見ないで
デイトレをすることができます。

しかも、時間を区切ることは
余計なトレードも減るし、
自分の時間も取れるので
実はかなり効果的な方法です。

 

チャートを見ずにトレードをする際に大事なこと

もし、
チャートをできる限り見ないで
トレードをするような場合、
かなり大事なことがあります。

それが、
正しく環境認識をすることです

 

要するに、

・正しいトレンド判断
・反転しやすい場所

これらを見つける力がないと
結果を出すのはかなり難しいです。

 

ましてやFXの場合、
短時間で大きく動いて
トレンド転換することも多いです。

その為、環境認識が
しっかりできないと
損を積み重ねるだけになります。

 

特にチャートを見ないとなると
環境認識が凄く重要になるので
このことは頭に入れておきましょう。

もし、効果的な環境認識の方法について
詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
FXで正しく環境認識をする為のコツとは?

 

手法はシンプルな方がいい

また、チャートをなるべく見ないで
デイトレをするような場合は、
手法はシンプルな方がいいです。

 

なぜなら、手法が複雑なほど、
判断材料が多くなるので
チャートを見る時間が多くなるからです。

 

特に日中に働いている
サラリーマンなんかは
スマホでチャートを見ると思います。

 

その時に、あの小さい画面内に

・RSI
・MACD
・一目均衡表
・MA

といった感じで
いくつもテクニカル指標を入れていると
チャートが見づらくなると同時に
見る時間も長くなります。

 

ですから、
チャートをなるべく見ないで
デイトレをしたい時は
手法をシンプルにする方がいいです。

もし、
シンプルな手法のメリットについて
更に詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
FXは簡単な手法こそが最強!その理由とは?

 

まとめ

今回は、FXのデイトレでは
チャートを見ないで
トレードができるのかについて
私の考えをお伝えしてきました。

 

FXの場合、株のように
板情報が基本的にないので、

“完全にチャートを見ない”

というのは難しいです。

 

ただ、そうはいっても、

・時間軸を広げる
・トレードの時間を絞る

といったことをすれば、
デイトレであっても
できる限りチャートを見ないで
トレードすることが可能です。

 

特に1~4時間足のデイトレだと
エントリーから決済まで
指値注文ですることができるので
トレードしやすいと思います。

実際に私自身も
4時間足のデイトレがきっかけで
FXで安定した結果を
出せるようになりましたから。