FXでデイトレをしていると、
入るタイミング、
つまりエントリータイミングが
“よくわからない”
という悩みをよくもらいます。

 

特に、

「エントリー後すぐ逆にいく」

という人が多く、

「入るタイミングが
わからない人が多いんだな」

という印象です。

 

そこで今回は、
FXのデイトレで入るタイミングの
ちょっとしたコツについて
お伝えして敷きます。

 

デイトレでエントリーする時のちょっとしたコツ

デイトレでエントリーする時の
ちょっとしたコツは、

“エントリーポイントまでの
戻り方をしっかり見る”

というのがあります。

 

例えば、デイトレでは、
トレンドが出ている時の
押し目買いや戻り売りをすると
勝率が高く、
利益も伸びやすくなります。

ですが、その時に
サポレジに来たからといって
そこですぐにエントリーをすると
そのまま下抜け(上抜け)して
損切りになることがけっこうあります。

この入るタイミングだと
上手くいけば底を取れますが
その分、負ける事も多いです。

なぜなら、トレンド中とはいえ、
短期的には下落トレンドなので
逆張りになるからです。

 

例えば、上記の場合だと、
下落の勢いが
強く戻ってきてますよね。

 

ということは、
相場参加者の心理を考えると、
頂点から売っている人は、

「下落の勢いが強いから
ちょっと様子を見てみるか・・・」

と判断してきて
サポートラインに来ても
すぐに利食いはしません。

 

更に、サポートラインで
押し目買いをしたい人も、

「押し目買いポイントだけど
下落の勢いが強いな」

「このまま下抜けるかもしれないから
一旦様子見するか・・・」

と判断してくるので、
サポートラインに来ても
すぐに買いエントリーはしません。

 

よって、
サポートラインにレートが来ても

・売りの決済が入らない
・新規の買いが入らない

という状況になるので、
そのまま下抜ける事が
多くなるのです。

 

ダラダラした戻り方にも注意

押し目買いポイントや
戻り売りポイントまで
勢いが強く戻ってきた時は
入るタイミングに
少し注意が必要になります。

 

更にこれ以外にも、
ダラダラした戻り方にも
注意が必要になります。

 

この戻り方だと一見、

「勢いが強くないから
反転しやすいんじゃないの?」

なんて思うかもしれません。

 

ですが、このような場合も
実は意外にサポレジラインを
抜ける確率が高いです。

 

なぜなら、このような場合も、
まず売り手側の心理からすると、

「全然買いが入らずに
ダラダラ下げてるな」

「ということは、
サポートラインでも
買いが入らずにまだ下げそうだ」

と判断してくるので、
売りポジションの
利食いをしてきません。

また、買いたい人の心理からしても、

「全然買いが入らずに
ダラダラ下げてるな」

「ということは、
サポートラインでも
買いが入らずにまだ下げそうだから
一旦買いで入るのを見送ろう」

と判断してくるので、
新規の買いが入ってきません。

その為、ダラダラ戻ってくる時も
反発する力が弱くなるので、
サポレジラインに来たからといって
エントリーすると負けやすくなります。

 

じゃあどうやってエントリーするのがいいのか?

となると、

「入るタイミングは
どうすればいいの?」

って思いますよね。

 

そんな時に
効果的な入り方が、
最低でもダブルボトム(トップ)
を作ってからになります。

なぜなら、
最低でもダブルボトム(トップ)を
作る動きをすると、
売っている人や買いたい人が
そこでアクションを
起こしやすくなるからです。

 

例えば、サポートラインまで
下がってきた時に、
ダブルボトムを作ると、
売っている人側からすると、

「あれ、下抜けないで
もみ合ってる・・・」

「ということは、
ここから反転するかも」

と怖くなるので、
利食いの決済が出やすくなります。

更に、買いを狙っている人からしても、

「サポートラインでもみ合いだした」

「これなら反転する可能性があるので
買ってみようかな」

と判断して、
新規の買いを入れてきます。

これによって、

・売りの決済
・買いの新規買い

という2つの買いパワーが働くので、
そこから反転上昇しやすくなるのです。

 

ですから、
もしデイトレで入るタイミングが
よくわからない場合は、
まずは最低でもダブルボトム(トップ)を
作ってから入るようにするといいでしょう。

もちろん、
トリプルボトム(トップ)など、
もみ合う時間が長くなるほど
反転する確率も高くなってくるので
その形を狙ってもOKです。

 

テクニカル指標を1つか2つ入れるのも効果的

サポレジラインにレートが来たら
最低でもダブルボトム(トップ)を
作るのを待ってから
エントリーするのが効果的です。

更にこれに加えて、
テクニカル指標を1つか2つ、
付け加えるのも効果的です。

 

その中でも特に効果的なのが、

・MA(移動平均線)
・フィボナッチ

この辺りが私の経験上、
入るタイミングを
更に良くしてくれます。

 

なぜなら、MAやフィボナッチは
テクニカル指標中でも
トップ3に入るくらい
有名なテクニカル指標です。

その為、これらを使って
トレードをする人も非常に多いので
サポレジラインと併せて使うと
エントリー精度が上がります。

 

例えば、下記のチャートでは、
ダブルトップネックが
レジスタンスラインとなって
反転下落していますよね。

 

もちろん、
これだけでもいいのですが、
ここにMAとフィボナッチを足すと
以下のようになります。

 

キレイにMAとフィボナッチが
効いているのがわかりますよね。

このように、
1つの根拠よりも、
複数の根拠が重なる場所で入ると
エントリータイミングが
より洗練されて勝率も上がります。

 

ただし!

 

テクニカル指標を使うにしても、
1つか、多くても2つまでにしましょう。

これ以上増やしてしまうと、
のフィルターが掛かり過ぎて
エントリーチャンスが激減します。

 

しかも、テクニカル指標を
増やしたからといって、
100%勝てるわけではないので
増やし過ぎても意味はありません。

私の経験上、
MAとフィボナッチだけで十分です。

 

もしかしたら、

「MAの数値は何がいいの?」

なんて思うかもしれません。

 

これに関しては、
以下の記事で解説しているので、
よければ読んでみてください。
FXのデイトレで失敗しない移動平均線の設定と使い方は?

 

買いと売りで入るタイミングが少し違う?

上記では、デイトレで
入るタイミングのコツを
お伝えしました。

ですが、
実は買いと売りでは
入るタイミングが
少し変わってきます。

 

例えば、
下記チャート画像を見ると、
下落時と上昇時の動きが
少し違うのがわかりませんか?

 

どうでしょうか?

よく見てみると、

・下落時はすぐ下がる
・上昇時は少し揉んでから上がる

といった形になっていますよね。

 

このように、
売りの場合は下がるスピードが速く、
買いの場合は時間を掛けてから
上がっていく傾向にあります。

 

これは、

・買い=ロング
・売り=ショート

って呼びますよね。

 

このことからも、
買いは上昇するのに時間が掛かって
売りは下落するのに
時間が掛からない傾向があるのです。

 

その為、デイトレで入るタイミングも

・売りはダブルトップを作ってから
・買いはダブルボトム以上を作ってから

といったように
少し変えてみるのも効果的です。

 

この辺りは
まずは自分で検証してみると
よりはっきりしてくると思うので
入るタイミングをより高めたい場合は
試してみてください。

 

まとめ

今回は、FXのデイトレで
入るタイミングを上げる為の
ちょっとしたコツを
お伝えしてきました。

 

FXでは

「エントリー後にすぐ逆にいく」

という悩みを持つ人が多いのです。

 

ですが、このような場合、
ポイントまで戻ってくる時の
レートの動きを
よく見ていない事がほとんどです。

その為、エントリーをする時は
戻り方を注意して見ながら
入るタイミングを計ってみましょう。

 

更にそこへ、MAやフィボナッチなど
テクニカル指標を1つか2つ足すのも
効果的な方法なので試してみてください。