海外FXを利用すると、

・ハイレバレッジ
・ボーナス

といったメリットがあるので
トレードがしやすいですよね。

 

でも、海外FXの場合、
税金の仕組みが
国内FXとは違います。

 

その為、

「税金はどの期間が対象なの?」

なんて思うことがあります。

 

そこで今回は、
海外FXを利用した場合の
税金の期間について
お伝えしていきます。

 

海外FXを利用時の税金はどの期間が対象?

海外FXを利用した場合、
どの期間のトレードが
税金の対象になるのかというと、
1月1日~12月31日までです

 

そうなんです。

実は国内FXと同じだし、
そもそもFXに限らず、
一般的な職業の期間と同じです。

 

海外FXを利用すると、
使うFX業者の国によって
期間が変わりそうですけど、
全くそんなことないんですよね。

だから、国内FXと同じ感覚で
1月1日を始めとして、
12月31日が終わりと考えればOKです。

 

法人の場合は期間が異なる

海外FXでも税金の対象期間は
1月1日~12月31日までですが、
法人化した場合は異なります。

 

法人は会社を作った日からが
税金の対象期間となります。

例えば、3月1日に
会社を作った場合、
その日から1年間の取引分が
税金の対象期間となります。

 

海外FXを利用した際の確定申告は?

海外FXを利用して
利益を出せた場合、
確定申告が必要になります。

この時の確定申告は
海外FXの場合、
どうなるのでしょうか?

 

確定申告の期間

海外FXを利用した場合でも、
日本に住んでいる限り
確定申告の期間は
他のものと全く同じです。

大体2月の中旬から
3月の中旬までの1ヶ月間です。

 

2020年はコロナの影響で
期間が1ヶ月伸びたのですが、
基本は1ヶ月と考えればOKです。

 

いつからいつまでの利益が対象?

確定申告の期間と併せて、
いつからいつまでの利益が
対象になるのかも
気になりますよね。

 

ですが、これも、
海外FXの税金になる対象期間が
1月1日~12月31日までなので、
利益の対象期間も同じです。

これも特に変わることはないので
問題ないですよね。

 

いくらから税金を支払う必要がある?

海外FXを利用して
利益を出した場合、
税金が発生するのですが、

「いくらから発生するの?」

なんて思うかもしれません。

 

これに関しては、
基本的には利益が出たら
いくらからでも課税対象になります。

 

ただし、
年末調整をしたサラリーマンの場合は、
年間の利益が20万未満であれば、
確定申告の必要がないので、
所得税は実質免除になります。

 

逆に、フリーランスや
個人事業主が海外FXで
利益を出した場合は
極端な話、1円の利益からでも
確定申告が必要になります。

 

関連記事
海外FXの税金を支払うタイミングは?いくらから税金が発生する?

 

海外FXでの税率はどうなってるの?

海外FXの場合、
国内FXとは税率が変わります。

 

なぜなら、海外FXでは、
総合課税の雑所得になるからです。

その為、累進課税といって、
稼げば稼ぐほど税率が上がります。

 

因みに、
総合課税の雑所得の税率は
以下のようになっています。

稼いだ利益額 税率
 195万以下 15%
 196~330万 20%
331~695万 30%
696~900万 33%
901~1800万 43%
1801万~ 50%

 

上記の税率は住民税の10%を
加算した税率になります。

この表を見ればわかるように
稼げば稼ぐほど、
恐ろしい税金を持っていかれるのが
わかりますよね。

 

逆に国内FXの場合は、
一律20%となっているので、
数百万以上稼げるようになったら
国内FXの方が税金は安くなるでしょう。

 

関連記事
海外FXの確定申告は何に分類?税率は?マイナスは補てん可能?

海外FXと国内FXの税金は違う!注意すべき点を教えます!

 

海外FXと国内FXの税金は合算できる?

海外FXと国内FXでは
税金は合算できません。

 

この2つは
同じ雑所得に分類されますが
総合課税と分離課税に分かれているので、
税金の種類が違ってきます。

よって、この2つの税金を
合算することはできないのです。

 

関連記事
海外FXと国内FXで損益通算はできるの??

 

海外FXは損失繰越ができる?

海外FXを使って
年間の損失がマイナスになった場合、
損失繰越ができるのか
気になりますよね。

 

ですが、残念ながら
海外FXでは損失繰越ができません。

国内FXであれば個人であっても
損失繰越ができるんですけどね。

 

関連記事
海外FXで繰越損失はできる?その答えを教えます

 

海外FXを使うメリットってあるの?

上記では、
海外FXの税金について
色々お伝えしました。

 

上記の項目を読んでいると、

「海外FXを使うメリットってあるの?」

なんて思ってしまいますが、
私個人としては
メリットは十分あると考えています。

 

レバレッジが高い

海外FXの場合、
日本のレバレッジ規制が
当てはまらないので
レバレッジが高いです。

 

昔は500倍がいいところでしたが、
今では1,000倍や3,000倍、
中には5,0000倍なんていうのもあります。

その為、
少ない資金からでも
トレードができます。

 

因みに、

“ハイレバレッジは危険”

なんて言われていますが、
これはハイレバレッジが
危険なのではなく、
ハイレバレッジを使う人が
危険なのです。

 

これに関して、
更に詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
海外FXのレバレッジが意味する本当のメリットとは?

 

新規口座開設ボーナスがある

海外FXの場合、
国内FXとは違って
新規口座開設ボーナスがある
FX業者が存在します。

 

これは何かというと、
このボーナスがあるFX業者で
初めて口座開設をすると
リアルトレードに使える
クレジットを貰うことができます。

 

クレジットの金額は
3,000円~3万円と幅広いですが、
たとえ少額であっても
海外FXではレバレッジが高いので
十分トレードができます。

 

関連記事
海外FX業者で無料ボーナスがもらえる業者を教えます!

 

入金ボーナスがある

海外FXでは、
新規口座開設ボーナスに加えて、
入金ボーナスもあります。

 

これは、例えば、
とあるFX業者で、

“100%入金ボーナス”

というのがあったとしましょう。

 

この時に10万円を入金すると、
もう10万円分のクレジットを
もらえるのです。

これによって、
リアルトレードに使える資金が
20万円になったと同じ事になるのです。

 

その為、このボーナスを利用すれば、
自己資金を使う額がより少なくなって
リスクヘッジにもなりますよね。

 

関連記事
海外FXで100%入金ボーナスがある4つのFX業者とは?

海外FXでもらうボーナスには税金は?その答えを教えます

 

このように、
海外FXを使うと
自己資金をあまり使わずに
トレードができるメリットがあります。

しかも、海外FXだと、
少額の資金からでも
大きく稼げる可能性もあるので
実はかなり使い勝手がいいのです。

 

まとめ

今回は、海外FXでは
税金対象期間は
いつからいつまでなのかを
中心に色々とお伝えしてきました。

 

海外にあるFX業者を使うとはいえ、
日本に移住している限り、
税金対象期間は
1月1日~12月31日までです。

ただし、法人化した時だけ
この期間が変わってくるので、
その点だけ覚えておきましょう。

 

また、
税金の種類や税率に関しては、
国内のFXとは違うので、
この点は注意が必要になります。

それでも海外FXには、
ハイレバレッジやボーナスなど、
色々とメリットがあるので、
使ってみる価値はあると思います。