海外FXを利用していて、
必ずネックになるのが
出金の部分ですよね。

 

やはり海外からの送金になるので、

・ちゃんと届くの?
・どれくらいで届くの?
・手数料は掛かるの?

といった点が
かなり心配になりますよね。

 

そこで今回は、
海外FXで出金に
おすすめの銀行を
お伝えしていきます。

 

海外FXで出金におすすめの銀行はどこ?

海外FXで出金に
おすすめの銀行ですが、
私が実際に使ってみて
一番良かったのが楽天銀行です。

 

ではなぜ楽天銀行が
海外FX利用時には
おすすめなのでしょうか?

 

銀行口座に届くまでが早い

私が楽天銀行を使ってみて、
一番良かった点が
銀行口座に届くまでが早い点です。

 

例えば、私の場合、
海外のFX業者を使う時は
Gemforexが多いのですが、
毎月のように出金をしています。

 

そして、この時に
楽天銀行へ出金をしているのですが、
Gemforex側で
出金処理が終わると、
大体1~2営業日ぐらいで
銀行口座へ届きます。

 

1~2営業日って
ものすごい早いですよね。

国内のFX業者と同じか、
それ以上に早いです。

 

1回、最短で当日に
銀行へ届いた事もあります。

 

その時は

・15時頃に出金依頼
・15時半頃に出金処理完了
・19時過ぎに銀行口座へ着金

という流れでした。

 

このような感じで
楽天銀行だと出金処理されて
口座に届くまでの時間が
特に短いのでおすすめです。

 

昔の海外FXって出金をすると
どんなに早くても
1週間は掛かってました。

最悪、資金がロストして
届かなくなることもありました。

ですが、今では
こんなに早く届くようになったので、
物凄く便利な時代になりました。

 

因みに、振込元の名前が
Gemforexにはなっていませんが、
最近の海外FXでは、
入出金に代理の業者を使っているので、
このようになっています。

 

電話確認をされない

通常、海外のFX業者から
送金をされて銀行口座へ届くと、
銀行から確認の電話が掛かってきます。

 

これはなぜかというと、
マネーロンダリングなどで
不正な入出金をしていないか
確認する為です。

特に大手の銀行だと
電話確認は
必ずといっていいほどされます。

 

電話内容としては、

「これは何のお金ですか?」

といったことを聞かれるので

「FXに使ったお金です」

と正直に答えれば、
問題なく処理してくれます。

 

因みに、この電話確認が終わるまで
銀行に着金していたとしても
口座には反映してくれません。

 

しかも、朝の9時とかに
電話が掛かってくるので、
サラリーマンをしている場合は

「仕事中で出れない」

なんてことが多いと思うので
口座に届くまでに
時間が掛かったりします。

 

一方で、楽天銀行の場合は
この電話確認がなぜかされずに
そのまま銀行口座へ入ります。

電話確認が無いことが
良いか悪いかは不明ですが、
海外FXを使っている側としては
かなり便利なのでおすすめです。

 

このことも、
着金までの時間が短い事に
メリットになっていると思います。

 

中継手数料が取られない

更に、海外FXでの出金に
楽天銀行がおすすめな理由に
中継手数料が取られないことです。

 

基本的に海外FXを使って
出金をした場合、
国際送金扱いになるので、
銀行側に中継手数料という
手数料が取られます。

この手数料は
銀行によって違うのですが
大体2~3千円ぐらい
取られることが多いです。

 

だから、
せっかくFXで稼いだお金が
目減りすることになるので
けっこう嫌なんですよね。

 

ですが、楽天銀行の場合、
なぜかこの手数料が取られません。

取られる場合も
あるのかもしれませんが、
私は今まで一度も
銀行側から手数料を
取られたことがありません。

 

先程、お見せした、
銀行への出金履歴を見比べても、
銀行側から中継手数料を
取られていないのがわかります。

 

このような感じで、
海外FX利用時に
楽天銀行を使うと
中継手数料も取られないので
かなりおすすめです。

 

海外のFX業者に出金手数料を取られる事はある

因みに、楽天銀行では
中継手数料を取られませんが、
海外のFX業者から
出金手数料を取られることはあります。

 

例えば、私が使っている
Gemforexでは、
基本的に出金手数料が無料です。

しかし、24時間内に
2回以上出金する場合は
出金金額の2%を
手数料として取られます。
(20万以下は一律4,500円)

 

このような感じで、
海外のFX業者によって
費用や手数料が掛かる条件が
違ってきますが、
手数料が取られることはあります。

 

もし、海外FXでの出金関係について
もう少し色々知りたい場合は
以下の記事も参考にしてみてください。
海外FXの入出金どうなっている?手数料など徹底解析!

 

海外FXでは出金拒否はありえる?

海外FXを利用すると、

「出金拒否された!」

なんて騒いでる人を見かけるのですが、
出金拒否なんてありえるのでしょうか?

 

これは実際にありえます。

 

ただし、出金拒否されるにしても、
ちゃんと理由があって、
稼いだからと言って
出金拒否されるわけではありません。

 

基本的に、
出金拒否が起こる理由に、
規約違反のトレードがあります。

私の経験上、
出金拒否をされる理由は
ほぼ確実にこれです。

 

海外FXには、
トレード時の違反行為が
規約に定められています。

出金拒否をされる人は
これに該当している事がほとんどです。

 

規約って色んな事が
細かく書かれているので
面倒くさくて
読まない人がほとんどです。

だから、知らず知らずの内に
規約違反をしているのです。

 

その為、規約違反さえしなければ
海外FXであっても
普通に出金することができます。

実際に私自身も、
過去に出金拒否をされた事がありますが、
これも規約違反によるものでした。

 

出金拒否について
もう少し詳しく知りたい場合は、
以下の記事を読んでみてください。
海外FXで利益を出金拒否されずに出金する方法とは?

 

海外FXで上手く出金するコツ

海外FXで上手く出金するコツとして、

“大きな金額を一度に出金しない”

というのがあります。

 

なぜなら、
大きな金額を1度に出金すると、
銀口座に届くまでに時間が掛かったり、
最悪、銀行口座凍結などになるからです。

 

今の海外FXは
普通に出金できるようになったとはいえ、
やはり海外送金になるわけです。

 

その為、日本の銀行側も、
突然大きな金額が海外から入ってきたら

「怪しい資金なんじゃないか?」

なんて不信に思います。

 

今回おすすめした楽天銀行でも
大きな金額が振り込まれたら
“口座凍結された”
なんて噂を聞くぐらいですから。

もちろん、私の周りで
1,000万以上の金額を
一度に出金したけど
大丈夫だった人も数多くいるので、
基本的には問題ないと思います。

 

ですが、噂が出る以上、
その可能性もあると
頭に入れておくべきです。

その為、安全にいくなら
海外FXを利用して
出金するような場合は、
1度に大きな金額を
出金しない方がいいと思います。

 

実際に私自身も
出金をする時は
毎月数十万程度にしています。

今のところこれで
口座凍結などのトラブルは
起きたことがないです。

 

まとめ

今回は、
海外FXを使って出金する際に
おすすめの銀行を紹介しました。

 

上記でお伝えしたように、
私が個人的におすすめなのは
楽天銀行です。

ただ、楽天銀行以外にも
銀行は数多くあるし、
使いやすい所も多くあるので、
目安程度に考えてもらえれば
いいと思います。

 

昔は海外FXを使うと
出金拒否などの
トラブルが色々ありましたが、
今はちゃんと整備されて
海外FXを使うメリットが
かなり多くなってきました。

下手したら、
国内のFX業者を使うよりも
良いぐらいになってきました。

 

ですから、
上手く海外FXを利用すれば、
強力な武器になる事は
間違いないと思います。