海外のFX業者を使ってトレードをすると、

・ハイレバレッジ
・様々なボーナス
・追証なし

といったように、
多くのメリットがあります。

 

その為、海外のFX業者を使うと、
少額の資金からでも稼ぐことができるので、
リスクヘッジにもなります。

 

ただ、海外のFX業者で利益を出した場合、
税金ってどうなっているのでしょうか?

国内のFX業者であれば、
どんなに稼いでも20%の税金で済むので、
かなり税金を安く抑えることができます。

 

そこで今回は、
海外のFX業者での税金について
お伝えしていきます。

 

海外FXの税金はどの区分に入る?

海外FXでトレードをした場合、
利益が20万を超えると
確定申告をする必要があり、
税金を支払うことになります。

そして、海外FXでは、
税金の区分は雑所得になります。

 

その為、
税率は利益が大きくなるほど上がっていき、
その分、支払う税金も多くなります。

因みに、雑所得の利益に応じた税率は
以下のようになっています。

海外FXでの利益額 税率
195万以下 5%
196~330万以下 10%
331~695万以下 20%
696~900万以下 23%
901~1800万以下 33%
1,801万~4,000万以下 40%
4,001万~ 45%

 

しかも、この税率に加えて、
住民税の税率が更に10%加わります。

だから、海外FXの税率は、
利益に対して15%以上となり、
トータルでは以下のようになります。

海外FXでの利益額 税率(住民税込み)
195万以下 15%
196~330万以下 20%
331~695万以下 30%
696~900万以下 33%
901~1800万以下 43%
1,801万~4,000万以下 50%
4,001万~ 55%

 

一応、年間の利益が330万以下なら、
国内のFX業者と同じ税率で済みますが、
それ以上になるとかなり高いですよね。

1,800万以上になると、
利益の半分以上を税金で持っていかれます

 

FXの場合、常に破産と隣り合わせで
命をかけているのに
半分以上を税金で持っていかれるなんて。

なんともひどい話ですよね。

 

こんなに税金を払っても、
特に優遇されることがないんですからね。

こんだけ税金を払ったら、
“混雑しない特別な高速道路を使える”
とか優遇してほしいですよね。

“金持ち優遇は悪”
みたいな風潮が日本にはありますが、
優遇されるだけの税金は払ってますからね。

 

海外FXでは損益通算ができる?

国内のFX業者の場合、
3年前までの損失をさかのぼって、
利益が出た年の分と相殺ができます。

 

例えば、
過去3年で-100万の損失があった場合、
今年に+100万の利益が出たら、
過去の損失と相殺できるので、
税金がゼロになります。
(*確定申告をした場合に限ります)

 

しかし、雑所得では、
損益通算ができません。

その為、前年に海外FXで損を出していて、
確定申告をしていたとしても、
今年利益を出してしまえば、
その分の税金を払う必要が出てきます。

この点も海外FXの難点ではありますよね。

 

もし、このことについて
更に詳しく知りたい場合は
以下の記事で詳しく解説しています。
海外FXと国内FXで損益通算はできるの??

 

損失繰り越しはできる?

通常、国内のFXであれば、
FXで損失を出した年は
確定申告をすれば、
その損失を最大3年間繰り越せます。

 

例えば、
今年に-50万の損失をだしたとしましょう。

そして来年+100万の利益を出した場合、
国内のFX業者であれば、
前年の損失と合わせる事ができるので、
合計で+50万の利益とすることができます。

 

これによって税金が安くなるのですが、
海外FXの場合、損失繰り越しができません。

ですから、損失を出した翌年に
大きな利益を出したとしても
この2つを合わせる事はできずに
利益分に対して丸々税金が掛かります。

 

この点も海外FXを使う上で
けっこうなデメリットですよね。

もし、このことについて
更に詳しく知りたい場合は
以下の記事で解説しています。
海外FXで繰越損失はできる?その答えを教えます

 

経費にできるものは経費に入れる

確定申告をする際に、
FXに関係するものであれば、
ほとんどを経費算入できます。

もちろん海外のFX業者で
利益を出した場合もこれができます。

 

例えば、

・FXに関する書籍
・FXのセミナー料金
・〇〇塾やコンサル費用
・FX商材
・パソコンやその他の周辺機器
・パソコンデスクや椅子

といったように、
FXに関係するものであれば
大体経費に入れることができます。

 

特に高額塾やコミュニティに入った時は
ウン十万という金額が掛かる事が多いので
必ず経費に入れた方がいいです。

先程もお伝えしたように、
特に海外FXの場合は損益通算ができないので
海外FX単体で利益を出した場合は
大きな節税になってくれますからね。

 

だから、経費に入れられるものがあれば、
とにかく経費に入れた方が良いです。

そうすれば税金もその分安くなりますからね。

 

海外FXで出来る経費について
更に詳しく知りたい場合は
以下の記事で解説をしています。
海外FXで経費に入れて良いものは?確定申告で上手く節税!

 

330万の利益が出るまでは海外FXで十分

海外のFX業者で利益を出した場合、
雑所得に区分されるので、
税金が国内のFX業者に比べて高くなります。

ただ、330万までなら、
国内のFX業者と変わらないので、
それまでは海外のFX業者でも良いでしょう。

 

むしろ、海外のFX業者を使った方が、

・ハイレバレッジ
・ボーナス
・追証なし

といったメリットがあるので、
小資金からでトレードが出来て
リスクを減らすことができます。

 

だから、安定して勝てるようになるまでは、
海外のFX業者を使う方が色々と便利でしょう。

 

ハイレバレッジは危険ではない

因みに、海外FXの場合、
レバレッジが500倍以上あるので
危険なイメージがありますが
実はそんな事はありません。

 

むしろ危険なのは
過剰なハイレバレッジを使って
トレードをする人が危険なだけです。

逆に上手く使えば、
ハイレバレッジによって
使う自己資金が少なく済むので
リスクヘッジになります。

 

この事について
詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
海外FXのレバレッジが意味する本当のメリットとは?

 

ボーナスも必ず使うべし

海外FX特有の特典に

・新規口座開設ボーナス
・入金ボーナス

といった特典があります。

 

これらのボーナスを使う事で

・自己資金ゼロからトレードができる
・自己資金が実質2倍になる

といった大きなメリットを受けられるので
海外FX業者を使ってトレードをするなら
ボーナスは必ず利用した方が良いです。

 

もし、
ボーナスが貰える業者を知りたい場合は
以下の記事で紹介しています。
海外FXの未入金ボーナスって何!?どこのFX業者で使える?

海外FXで100%入金ボーナスがある4つのFX業者とは?

 

追証もない

更に海外FXでは
追証もないのが魅力です。

 

海外FXではゼロカットといって、
万が一暴落などで大損をした上に
口座残高がマイナスになった場合、
マイナス分を補填してくれる制度があります。

これによって、
追証がなくなるので
借金を背負うことがありません。

 

今では
30年に1度なんて言われる暴落が
毎年のように起きているので
このゼロカットは非常に助かりますね。

もし、ゼロカットについて
更に詳しく知りたい場合は
以下の記事で解説しています。
海外FXのゼロカットは最強!国内FXと比較したら安全さが判明!

 

まとめ

今回は、海外のFX業者では
税金はどうなっているのかについて
色々とお伝えしてきました。

 

海外のFX業者の場合、
税金に関しては
国内のFX業者よりも不利です。

ただ、
月に20万以上を稼げないような場合は
税金は国内のFX業者と変わらないので
海外のFX業者を使った方が
色んなメリットを受けられます。

 

そんなメリットがたくさんある、
オススメの海外FX業者を
知りたい場合はコチラ