海外のFX業者を使ってトレードをすると、

・ハイレバレッジ
・様々なボーナス
・追証なし

といったように、
多くのメリットがあります。

 

その為、海外のFX業者を使うと、
少額の資金からでも稼ぐことができるので、
リスクヘッジにもなります。

 

ただ、海外のFX業者で利益を出した場合、
税金ってどうなっているのでしょうか?

国内のFX業者であれば、
どんなに稼いでも20%の税金で済むので、
かなり税金を安く抑えることができます。

 

そこで今回は、
海外のFX業者での税金について
お伝えしていきます。

 

海外FXの税金はどの区分に入る?

海外FXでトレードをした場合、
利益が20万を超えると
確定申告をする必要があり、
税金を支払うことになります。

そして、海外FXでは、
税金の区分は雑所得になります。

 

その為、
税率は利益が大きくなるほど上がっていき、
その分、支払う税金も多くなります。

因みに、雑所得の利益に応じた税率は
以下のようになっています。

海外FXでの利益額 税率
195万以下 5%
196~330万以下 10%
331~695万以下 20%
696~900万以下 23%
901~1800万以下 33%
1,801万~4,000万以下 40%
4,001万~ 45%

 

しかも、この税率に加えて、
住民税の税率が更に10%加わります。

だから、海外FXの税率は、
利益に対して15%以上となります。

 

年間の利益が330万以下なら、
国内のFX業者と同じ税率で済みますが、
それ以上になるとかなり高いですよね。

1,800万以上になると、
利益の半分以上を税金で持っていかれます

 

FXの場合、常に破産と隣り合わせで
命をかけているのに
半分以上を税金で持っていかれるなんて。

なんともひどい話ですよね。

 

こんなに税金を払っても、
特に優遇されることがないんですからね。

こんだけ税金を払ったら、
“混雑しない特別な高速道路を使える”
とか優遇してほしいですよね。

“金持ち優遇は悪”
みたいな風潮が日本にはありますが、
優遇されるだけの税金は払ってますからね。

 

海外FXでは損益通算ができる?

国内のFX業者の場合、
3年前までの損失をさかのぼって、
利益が出た年の分と相殺ができます。

例えば、
過去3年で-100万の損失があった場合、
今年に+100万の利益が出たら、
過去の損失と相殺できるので、
税金がゼロになります。
(*確定申告をした場合に限ります)

 

しかし、雑所得では、
損益通算ができません。

その為、前年に海外FXで損を出していて、
確定申告をしていたとしても、
今年利益を出してしまえば、
その分の税金を払う必要が出てきます。

この点も海外FXの難点ではありますよね。

 

経費にできるものは経費に入れる

確定申告をする際に、
FXに関係するものであれば、
ほとんどを経費算入できます。

もちろん海外のFX業者で
利益を出した場合もこれができます。

 

例えば、

・FXに関する書籍
・FXのセミナー料金
・〇〇塾やコンサル費用
・FX商材
・パソコンやその他の周辺機器
・パソコンデスクや椅子

といったように、
FXに関係するものであれば
大体経費に入れることができます。

 

だから、経費に入れられるものがあれば、
とにかく経費に入れた方が良いです。

そうすれば税金もその分安くなりますからね。

 

330万の利益が出るまでは海外FXで十分

海外のFX業者で利益を出した場合、
雑所得に区分されるので、
税金が国内のFX業者に比べて高くなります。

ただ、330万までなら、
国内のFX業者と変わらないので、
それまでは海外のFX業者でも良いでしょう。

 

むしろ、海外のFX業者を使った方が、

・ハイレバレッジ
・入金ボーナス
・追証なし

といったメリットがあるので、
小資金からでトレードが出来て
リスクを減らすことができます。

 

だから、安定して勝てるようになるまでは、
海外のFX業者を使う方が色々と便利でしょう。

そんなオススメの海外FX業者を
知りたい場合はコチラ