FXで使う手法を作る時に
利益と損失の比率、
つまりリスクリワードを
必ず考えますよね。

 

このリスクリワードを
ちゃんと考えないと、

“勝率は良いのに
なぜかトータルで負ける”

なんてことが起きやすくなります。

 

でも、リスクリワードを考える時に、

「理想の損益比率ってどれくらいなのかな?」

なんて悩むことがあるかもしれません。

 

そこで今回は、私が考える、
FXの手法で理想のリスクリワードを
お伝えしていきます。

 

FXの手法で理想のリスクリワードは?

私が考える、
FXの手法で理想の
リスクリワードは
1:2になります

 

けっこうありきたりな
リスクリワードですが、
今まで散々検証をして
手法を作ってきましたが
やっぱりこのぐらいが
かなり理想的でした。

 

では、なぜ1:2が
理想のリスクリワードなのでしょうか?

その理由として、

・高勝率を維持できる
・精神的負荷が少ない

といった点にあります。

 

高勝率を維持できる

基本的に、FXの手法では
リスクリワードの比率が
悪くなるほど高勝率になります。

 

なぜなら、
損失を利益より大きくすれば
より大きな含み損に耐えられるので、
損切りになる前に
レートが戻ってきて、
利益になる確率が上がるからです。

 

例えば、
ナンピンをする手法が
高勝率ですが、
この手法も
リスクリワードが悪いからです。

 

ナンピンを使う手法の場合、

・利食い:+10pips
・損切り:-50pips or 損切りしない

といったように、
リスクリワードを
あえて悪くします。

 

そして、
例えば買いから入って
含み損を抱えた時に
買い増しをしていきます。

こうすることで、
取得平均レートが下がるので、
レートが戻った時に
最初にエントリーしたレートよりも
低い位置で損益がプラスになって
利食いができます。

 

このように、
リスクリワードを悪くして、
どこかでレートが戻ってくるのを
期待して高勝率を維持するのです。

ただし、ナンピンを使う手法は
ちゃんとリスク管理ができないと
いくら勝率が高くても
たった1回の損失で全てを失います。

 

一方で、

・利食い:+50pips
・損切り:-10pips

といったように、
利食いの比率を大きくすると、
勝率が低くなります。

 

なぜなら、
利食いに届くまでに
レートが戻ってきてしまい
損切りになる事が多くなるからです。

 

ところが、
これが1:2のリスクリワードだと
悪すぎず、良すぎずの状態になるので。
高勝率を維持することができます。

要は良すぎるリスクリワードと
悪いリスクリワードの中間を取るのです。

 

実際に私も色々と検証してみて、
リスクリワードが1:2だと、
勝率が70%は維持できて、
トータルの損益はかなり良いです。

これが3:1以上だと、
勝率が80%を超えてきますが、
トータルの損益が悪くなり、
1:3以上だと
勝率が40%まで落ちて
トータルの損益がそこそこでした。

 

精神的負荷が少ない

また、リスクリワードを
1:2にすれば、
仮に損切りになったとしても、
次に利食いができれば、
損失分を埋めるだけでなく、
プラスの利益に転換できます。

 

その為、損切りになっても、

「次で取り返せるから大丈夫」

といった感じで
心に余裕ができるので、
余計なトレードをせずに済みます。

 

これが逆に
リスクリワードが3:1などになると、
1回負けてしまったら、
取り返すのに3連勝しないと
損益はマイナスのままです。

 

こうなってしまうと、

「3連勝しなきゃ!」

なんて焦ってしまい、
本来のポイントでない場所で
エントリーをして
更なる負けを引き起こしやすいです。

 

もし、こんなことが起きてしまったら、

「もう6連勝しないと取り返せない」

「これはちょっと無理そうだから
ロットを上げて1発で取り返してやる!」

なんて思ってしまい、
リベンジトレードをしてしまいます。

 

こうなるともうダメで、
取り返せればいいですが、
ほとんどが失敗して
全資金を失うなどの大損になります。

 

また、リスクリワードを
1:5などよくし過ぎると、
5連敗しても1回の利食いで
全てを取り返せますが、
勝率が悪くなります。

その為、1回の利食いで
取り返せることはわかっていても
勝率の悪さに耐えられずに
余計なトレードをしやすいです。

 

ですから、
リスクリワードが1:2の方が
精神的負担も小さく済むので
理想的なのです。

 

リスクリワードによって獲得pipsはどれくらい変わる?

私が考える、
理想のリスクリワードは
1:2ですが、
リスクリワードを
変化させることで
獲得pipsはどれくらい
変わるのでしょうか?

 

それではここで、

“リスクリワード3:1で
勝率80%の手法”

“リスクリワード1:2で
勝率70%の手法”

“リスクリワード1:3で
勝率40%の手法”

この3つの手法で
どれくらい獲得pipsが変わるか
簡単にチェックしてみましょう。

 

因みに、この時の
損切りと利食い幅は、

リスクリワード3:1
損切り:-30pips
利食い:+10pips

リスクリワード1:2
損切り:-10pips
利食い:+20pips

リスクリワード1:3
損切り:-10pips
利食い:+20pips

と設定して、
50回トレードをしたと
仮定してみましょう。

 

リスクリワード3:1で勝率80%の手法

利食い:+10pips x 40回=+400pips
損切り:-30pips x 10回=-300pips

トータル:+100pips

 

リスクリワード1:2で勝率70%の手法

利食い:+20pips x 35回=+700pips
損切り:-10pips x 15回=-150pips

トータル:+550pips

 

リスクリワード1:3で勝率40%の手法

利食い:+30pips x 20回=+600pips
損切り:-10pips x 30回=-300pips

トータル:+300pips

 

上記を見てみると、
リスリワードが1:2で
勝率70%の場合が
一番結果が良いですね。

 

やはり、
リスリワードが1:2だと、
それなりの高勝率を
維持できるのが大きいです。

実際に私のトレードも、
デイトレードがメインなのですが、
リスクリワードを1:2にして、
これ以上の結果を出せています。

 

理想のリスクワードで上手くいく手法は?

私が考える、
理想のリスクリワードは
1:2ですが、

「これが実際に実現できる
手法はどんなものがあるの?」

なんて思ったかもしれません。

 

これに関しては、正直なところ、

“なんでもいい”

というのが本当のところです。

 

FXの場合、
リスクリワードが1:2なら
どんな手法でも
安定した結果は出せます。

ですが、
私が個人的にやりやすいのは、
トレンド中の押し目買いと
戻り売りになります

 

なぜなら、
ブレイクの手法を使うと、
リスクリワードは良いのですが、
ダマシが多くなるので
勝率が悪くなる傾向があります。

 

一方で逆張りの手法を使うと、
利益が伸びにくいので、
リスクリワードが
悪くなる傾向があります。

 

これが、
トレンド中の押し目買いと
戻り売りになると、
全体の流れに沿っている状態で
修正箇所を狙っていくので、
勝率が高く、
リスクリワードも良いです。

 

その為、リスクリワードが
1:2の手法を作りたいなら、
個人的にはトレンド中の
押し目買いと戻り売りがオススメです。

実際に私の手法も、
90%以上がこれによるものです。

 

ただし、
人によって性格が違うので、
この手法が全ての人に
合うとは限りません。

FXでは自分に合った手法でないと
やはり結果は出ないですからね。

 

もし、自分に合った手法の
見つけ方を知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
FXの手法は利小損大でも勝てる?損小利大は嘘!?

 

まとめ

今回は、FXの手法で
理想のリスクリワードについて
お伝えしてきました。

私の経験上にはなりますが、
理想のリスクリワード
1:2が良いと考えています。

 

ただ、人によって、

「この比率じゃ無理」

「これ以上の比率が良い」

など色々と好みが別れる所なので、
自分に合ったリスクリワードを
考えてみるのも良いと思います。