FXの場合、
自分が苦労して稼いだ資金を
危険にさらしながら
資金を増やしていきますよね。

その為、大損する可能性が
常に付きまとうわけです。

 

そうなると、
凄く大切になってくるのが
リスク管理になります。

ですが、このリスク管理ですが、

「何をすればいいかわからない」

という声をよく聞きます。

 

そこで今回は、
FXで失敗しない
リスク管理方法について
お伝えしていきます。

 

手法に対するリスク管理方法は?

まずは、手法に対する
リスク管理方法ですが、
最初にやるべきことは
損切りを設定することです。

これは当たり前のことですが、
実はできていない人が多いです。

 

やはり、損を確定すると
単純に資金を失うだけなので
それが苦痛に感じて
損切りができない人は多いです。

ですが、損切りを設定しないと、
1発で全資金を失う可能性が出てきます。

 

ですから、自分の手法に対して
損切り設定をちゃんと入れて
リスク管理をしていきましょう。

損切りさえしていれば、
よっぽどのことがない限り
1発退場はあり得ないですから。

 

損切り位置がわからない?

手法に対するリスク管理として、
損切りを必ず設定することですが、

「損切り位置がわからない」

と悩む人が多いです。

 

ですが、これも難しい事はなく、

「ここを抜けたら
相場参加者が一斉に逃げるだろうな」

という位置に設定しましょう。

 

例えば、下記チャート画像の
黄色マルで買ったとしましょう。

 

この時の損切り位置は
赤ラインの少し下になります。

 

なぜなら、赤ラインが
サポートラインになっているので、
この付近で買っている人が多いからです。

その為、多くの相場参加者が
赤ラインを下抜けると、
損失を最小限に抑える為に
一斉に損切りをしてきます。

 

これによって、
損切りの売り注文が大量に出るので、
どんどん下落していくのです。

よって、
赤ラインを割った場所で
損切りをしておかないと
全資金を失うことになってしまいます。

 

実際の動きを見てみると、
以下のようになりました。

 

やはり赤ラインを割ったら
一気に下落が加速してますよね。

これは買っていた人達が
一斉に損切りしてきたのと、
新規の売り注文が入って
大きく下落していったのです。

 

このように、
損切り位置を設定する時は
相場参加者が

「ここを抜けたらヤバイ」

と判断してくる場所に
設定するようにすれば
ちゃんとリスク管理ができます。

 

因みに、相場参加者が
一斉に逃げてくるような場所は、

・強いサポレジライン
・押し安値や戻り高値
・目立った高安値

といった個所が多いので、
そこを目安に設定するのがいいでしょう。

 

損切り幅がわからない?

手法のリスク管理として、
損切り幅も考える必要があります。

ただし、損切り幅に関しては、
損切り位置さえ決まれば、
勝手に幅も決まります。

 

その為、そこまで
神経質にならなくていいです。

それでも、自分の中での
限界幅があるかもしれないので、
その場合は、限界幅が
相場参加者が一斉に逃げてくる場所に
来るようにすればOKです。

 

例えば、
自分が許容できる損切り幅が
-20pipsまでなら、
相場参加者が一斉に
逃げてくる場所に来るように
エントリーを引き付けるのです。

 

こうしておけば、
自分の許容値で損切りができるし、
正しい位置で損切りもできるので、
ちゃんと手法に対して
リスク管理ができます。

 

因みに、損切り幅に関しては、
リスクリワードも
かなり重要になってきます。

その為、この部分も
しっかり意識してあげると
より効果的なリスク管理が
できるようになるでしょう。

 

もし、手法に対する
リスクリワードについて
詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
FXの手法で理想のリスクリワードはどれくらいなのか?

 

資金に対するリスク管理方法は?

FXでは
手法に対するリスク管理の加えて、
資金に対してもリスク管理が必要です。

むしろFXでは、
こっちのリスク管理の方が
重要になってきます。

 

適切なロット数を決めるには?

FXで資金対するリスク管理で
もっとも重要なのが、
ロット数になります。

 

このロット数が大きければ、
1回のトレードで大きく稼げますが、
損失もその分大きくなります。

その為、むやみにロットを上げると
大損するリスクも増えていきます。

 

そして、
この時に非常に重要なのが
ロット数は
自分の稼ぎたい額で決めるのではなく、
失える金額で決めることです。

これが本来のリスク管理になるので、
しっかり覚えておきましょう。

 

では、具体的にロット数は
どうやって決めればいいのでしょうか?

 

それには2つの方法があって、

・資金に対する比率で決める
・自分の精神的許容値で決める

といった方法があります。

 

資金に対する比率で決める

FXの場合、
ロットを決める際のリスク管理は
この方法が一番有名だと思います。

 

例えば、1回のトレードの損失は

“全資金に対する2%以内に抑える”

といった方法です。

 

例えば、
自分の資金が30万円の場合、
1回のトレードに対する損失は
6,000円までになります。

この時に手法の損切り幅が
-20pipsだとしたら、
ロットは3万通貨になりますよね。

 

こんな感じで、
損失額と損切り幅を決めれば、
自動的にロットが決まるので
このリスク管理方法は使いやすいです。

この方法に関しては、
私個人としてもいい方法だと思います。

2%以内に抑えておけば、
よっぽどのことがない限り、
全資金を失うことはないですから。

 

私の場合も、
この方法を取り入れていますが、
私は更にリスクを減らすために
資金の1%以内に収まるように
ロットを調整しています。

 

自分の精神的許容値で決める

このリスク管理方法は
自分がどれぐらい損をしたら
切れてしまうのかを
基準に行っていく方法です。

 

例えば、1回のトレード損失を
資金の2%で抑えた場合に、
1万円の損失まで許容できたとしましょう。

しかし、
いくら2%で抑えたとはいえ、
1万円を失うことに対して
自分の精神的限界を超えてしまっては
このリスク管理方法は意味がないわけです。

 

だから、まずは自分自身が
いくらの損失額まで
切れずに耐えられるのかを考えるのです。

 

例えば、1回の損失額が
5,000円を超えた時に切れる場合は、
その金額が今の限界値です。

そして、今の手法の損切り幅が
-20pipsだとしたら、
ロット数は最大2.5万通貨になります。

 

このように端数が出た場合は、
端数を切って2万通貨にすると
より自分の精神に合うので、
切れずにトレードができるようになります。

 

こんな感じで、
自分の精神的許容値から
ロット数を決めるのも
ちゃんとしたリスク管理ができます。

個人的には、
FXのトレードに慣れていない内は
この方法を使うのがオススメです。

 

FX業者を使ったリスク管理方法

上記では、
手法や資金に対しての
リスク管理方法をお伝えしました。

あともう1つ、
上手くリスク管理をする方法に
海外のFX業者を使った方法があります。

 

なぜなら、海外のFX業者では、

・ハイレバレッジ
・ゼロカット
・口座開設ボーナス
・入金ボーナス

といったメリットがあるからです。

 

ハイレバレッジ

ハイレバレッジと聞くと

「危険なんじゃないの?」

なんていうイメージが
あると思いますが実際は逆です。

 

むしろ、
ハイレバレッジのお陰で
FX業者に拘束される資金が
少なく済むので、
万が一、大暴落が起きて
資金を全部失ったとしても
最小限の損失で抑えられます。

 

このことを考えると、
ハイレバレッジ自体が
危険なのではなく、
ハイレバレッジを使って
過剰なロットで
トレードをする人が危険なのです。

 

レバレッジについて、
更に詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
海外FXのレバレッジが意味する本当のメリットとは?

 

ゼロカット

海外FX業者には、
ゼロカットという、
損失を補填してくれる
システムが存在します。

 

例えば、
〇〇ショックなどの大暴落で
損切りが間に合わずに
自分が持っている資金以上の
損失が出ることがあります。

こうなると、
残高がマイナスになり、
マイナス分が借金となります。

 

しかし、海外FXのゼロカットは
このマイナス分を補填してくれるので、
借金を負わずに済むのです

これが国内のFX業者だと、
マイナス分は追証と言って
借金になります。

 

このことからも、
海外FXのゼロカットは
立派なリスク管理の役目を果たします。

もし、ゼロカットについて
更に詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
海外FXのゼロカットは最強!国内FXと比較したら安全さが判明!

 

口座開設ボーナス

海外のFX業者では、
口座開設ボーナスを
扱っている業者があります。

 

このボーナスは
初めて口座開設をする場合に限り、
リアルトレードで使えるボーナスを
もらえる特典です。

大体この金額は
3,000円~3万円と多くはないですが、
それでもノーリスクで
リアルトレードができます

 

その為、このボーナスを使っても、
リスク管理になるので、
海外FXを初めて使うなら
必ず利用した方がいいです。

もし、口座開設ボーナスを
扱っているFX業者について
知りたい場合は、
以下の記事で紹介しています。
海外FXの未入金ボーナスって何!?どこのFX業者で使える?

 

入金ボーナス

これも海外FX特有のボーナスで、
入金した金額に応じて
リアルトレードに使える
ボーナスがもらえます。

 

例えば、とある海外FX業者で

“100%入金ボーナス”

というのがやっていたとしましょう。

 

この時に5万円を入金したとすると、
もう5万円分のクレジットが貰えるので、
実質、10万円の資金で
リアルトレードができることになります。

その為、このボーナスを利用すれば、
自己資金を少なく抑えた状態で
トレードができるようになるので、
かなりのリスク管理になりますよね。

 

もし、入金ボーナスがある
海外FX業者を知りたい場合は
以下の記事で紹介しています。
海外FXで100%入金ボーナスがある4つのFX業者とは?

 

このような感じで、
FXにおけるリスク管理は
FX業者によってもできます。

 

まとめ

今回は、FXで失敗しない為の
リスク管理について、
手法や資金などの面から
お伝えしてきました。

 

FXではぶっちゃけ、
リスク管理さえしておけば、
二流の手法であっても
資金を増やすことは十分可能です。

それぐらいリスク管理は重要な事です。

 

ですから、もしあなたが今現在、
リスク管理について悩んでいるなら、
上記でお伝えしたことを
参考にしてもらえればと思います。