FXでは自分に合った
手法を作るには
検証が絶対に必要になります。

むしろ、検証なしでは
FXで勝てないと言っても
過言ではないくらいです。

 

ですが、
FXで勝てない人を見ると、

「そもそも検証の仕方がわからない」

と悩む人が多いのが現実です。

 

そこで今回は、私が考える、
FXで手法を作る時に
失敗しない為の検証の仕方について
お伝えしていきます。

 

まずは手法を1つに絞る

FXの手法を作る時に
失敗せずに検証する仕方として
まず大事なのが
手法を1つに絞ることです

 

多くの人たちが、
手法を作る際に
何個も同時に作ろうとします。

ですが、これをやってしまうと、
検証をしていく内に
段々と手法が混ざっていき、
正しいデータが取れなくなります。

 

更にこれに加えて、
手法が検証中に混ざることで、

「あれ、この場合はどっちの手法?」

なんて迷ってしまい、
頭が混乱して、

「わからなくなったから止めよう」

となって、
検証をする意味がなくなってしまいます。

 

ですから、
まずは検証する手法は
必ず1つに絞りましょう。

これは非常に重要なので
必ず覚えておきましょう。

この時点でいきなり間違うと
いくら検証の仕方が正しくても
手法が永遠にできなくなります。

 

もし、どんな手法で
検証すべきかわからない場合は、
以下の記事を参考にしてください。
FXは自分に合った手法構築が最強!失敗しない見つけ方とは?

 

右端が見えない状態で検証を開始する

何か1つ手法を決めたら
早速手を動かして検証開始です。

 

この時の検証の仕方で
重要なのは、
右端が見えない状態で
検証をする事です。

要するに、
リアルトレードと同じ状態で
検証をしていくのです。

 

なぜなら、リアルトレードと
同じ状態で検証をすることで、
自分が使おうとしている手法の
エントリーポイントに
気づく訓練ができるからです。

 

検証をしている人の中には、
すでに出来上がったチャートを
ザーッと見て、

「ここで入れるな」

なんてやっていますが、
これだとほぼ確実に結果は出ません。

 

人間というのは、
どうしても自分に都合がいい部分を
中心に見てしまうので、
できあがったチャートだけを見て
検証をしてしまうと、
勝てるポイントしか見えなくなります。

その為、検証の段階から
リアルトレードと同じ状態で
手法の検証をしていくのです。

 

これによって、
実践で使える力が
身についていきます。

 

検証ツールは手に入れた方がいい

因みに、この検証の仕方を
より効率的にするには
検証ツールを使った方がいいです。

FXの検証ツールは
すごく優秀なものが多くて、
実際のリアルトレードと同じ感覚で
検証をすることができます。

 

例えば、検証ツールの特性として、
右端が見えない状態で
ローソク足を1本ずつ
進めることができることに加えて、

・複数時間足を同時に動かせる
・実際にエントリーと決済ができる
・トレード記録を自動で取ってくれる
・ローソク足のスピードを変えられる

といった特徴があります。

 

その為、検証ツールを使うことで、
物凄く効率的に検証ができるので、
短期間で自分に合った手法を
作ることも可能です。

 

因みに、検証ツールですが、
ネットで探せばいくらでもあるので、
自分に合ったものを探してみてください。

 

・複数時間足を同時に動かせる
・実際にエントリーと決済ができる
・トレード記録を自動で取ってくれる
・ローソク足のスピードを変えられる

これらの機能が揃っていれば、
どんな検証ツールでもいいでしょう。

 

一応、私のオススメとしては、
練習君プレミアムという
検証ツールになります。

 

このツールも、
上記の機能がついているので
検証をするにはもってこいです。

 

もし、興味がある場合は
以下から手に入れることができます。
練習君プレミアム

今なら特典付きです。

 

検証データを最低3年分取る

検証ツールを使って
検証をやり始めたら
そのデータを最低でも
3年分は取るようにしましょう。

 

FXの場合、
3年分も取れば、

・ボラティリティの高い相場
・ボラティリティの低い相場
・トレンドが続く相場
・トレンドがない相場
・〇〇ショックなどの暴落相場

といったように、
大体の相場を体験することができます。

 

そうすれば、
これらの相場で自分の手法が
どのくらい通用するのかを
チェックすることができます。

 

また、この期間に加えて、
最低でも100トレード分は
検証データを取りましょう。

 

FXでは同じような動きを
永遠と繰り返しています。

よって、その動きに合わせて、
一貫したエントリーをしていくことで
手法の正しい優位性がわかってきます。

 

ということは、
確率が効く世界になるので、
できるだけ多くのデータを取った方が
その分、勝率などが正しく平均化されて
手法の本当の姿が見えてきます。

この姿を見るのに、私の経験上、
最低100個以上のデータが必要なのです。

 

因みに私の場合は、
1つの手法に対して
最低でも3~5年分検証をして
300個以上のデータを取ります。

 

エントリーポイントの画像を保存する

検証をしている最中に、
エントリーと決済を
繰り返していくわけですが、
1つのトレードが終わったら
必ず画像も保存しましょう。

 

例えば、以下のような感じで。

 

この画像保存をする事で、
ひと通り検証ツールを回し終わったら
全てのエントリーポイントを
確認することができます。

 

これによって、

・負けやすいエントリー
・勝ちやすいエントリー

といったことが
はっきりとわかるので、
エントリーの絞り込みに
凄く役立ちます。

 

これをやらないと、
自分に合った手法はできないので、
FXで本当に結果を出したいなら
必ずエントリー場面の
画像は保存しましょう。

 

細かくデータをチェックする

更に、検証がひと通り終わったら、
画像だけでなく、
データも細かくチェックしていきます。

 

この時にチェックするデータとしては、

・勝率
・リスクリワード
・時間帯別収支
・曜日別収支
・通貨別収支

といったことをチェックしましょう。

 

これによって、
自分が検証した手法が、

・どんな時に勝ちやすいのか?
・どんな時に負けやすいのか?

といったことがわかります。

 

そして、このデータチェックと
画像チェックをすることで、
自分に合った勝てる手法が
出来上がるのです。

 

このような仕方で
検証をやっていけばOKです。

実際に私自身も
この検証の仕方で
手法を毎回作っています。

 

手法が出来上がったら実践へ移行

検証によって
手法ができあがったら、
それをリアルトレードで
実践していきます。

 

ただし、いきなり最初から
大きなロットで
実践へ移行するのは止めましょう。

なぜなら、検証によって
手法が出来上がったとはいえ、
まだ確実に検証通りに
トレードができないからです。

 

やはり、リアルトレードとなると、
自分の大切なお金を使っているので、
不安、迷い、恐怖などが襲ってきます。

これらの感情に支配されてしまうと
検証通りにトレードできずに
資金を失うことも起きやすくなります。

ですから、
まずは精神的負荷の少ない
最低ロットで実践に入りましょう。

 

実践に入る時のオススメのFX業者

手法が出来上がって、
実践に入る時は
少なからず
自分のお金を使うわけです。

そうなると、
最低ロットであっても
やっぱり損をするのは嫌ですよね。

 

そんな時にオススメなのが
海外のFX業者を使うことです

 

なぜなら、海外のFX業者の場合、

・口座開設ボーナス
・入金ボーナス

といった特典があるので、
資金ゼロやより少額の資金から
リアルトレードができるからです。

 

これであれば、
自分が使うお金を最小限に抑えて
検証で作った手法を
実践で試すことができますよね。

 

もし、これらのボーナスを
取り扱っている海外のFX業者について
詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
海外FXの未入金ボーナスって何!?どこのFX業者で使える?

海外FXで100%入金ボーナスがある4つのFX業者とは?

 

まとめ

今回は、FXの手法を作る際に
失敗しない検証の仕方を
お伝えしてきました。

 

FXでは検証が必須ですが、
そのやり方がわからない人が
実は多くいます。

もしあなたも、
検証の仕方がわからないなら、
今回お伝えしたことを参考にして
検証に取り組んでみてください。