FXでトレードをする際は
ほぼ全てと言っても
いいくらいの人達が
水平線を使います。

そのくらい効果的な証拠です。

私も当然、
トレードに水平線を使っています。

 

ですが、そんな水平線ですが、
いまいち自分が引いた線だと

“上手く反応せずに抜けてしまう”

なんてことがあると思います。

 

その為、
水平線の検証をしたいのですが、

“どうやるのかわからない”

という声をよく聞きます。

 

そこで今回は、私が考える、
効果的な水平線の検証方法を
お伝えしていこうと思います。

 

水平線を引く力が身につく検証方法は?

反応しやすい水平線を引いて
FXに上手く活かす為の
検証方法として、

“とにかく引きまくる”

というのが、
一番水平線を引く力が身につきます。

 

「え?そんな検証方法なの?」

なんて拍子抜けしたと思いますが、
やはりこれしか方法はないです。

 

検証の段階で、
何回も色んなところに引いて、
それが効いているかを
確認しながら進むしかないです。

結局、
効果的な水平線が引けるかどうかは
経験値が最も重要になってきます。

 

検証ツールを引くと効率的に検証ができる

水平線を引く検証をする場合、
あればいいのが検証ツールです。

 

なぜなら、検証ツールの場合、
リアルトレードと同じように
未来が見えない状態で
ローソク足を
進めることができるからです。

その為、自分が引いた水平線が
未来にちゃんと効くかを
実践と同じように検証することができます。

 

例えば、現在のチャートが
以下のようになっているとしましょう。

 

この時に、
自分が反転すると思う場所へ
水平線を引きます。

以下のような感じで。

 

そして、検証ツールを
ここから進めていくことで
自分が引いた水平線が
効いているかを検証できます。

実際に検証ツールを
進めてみると、
以下のようになりました。

 

一番下に引いた水平線が
ドンピシャで効いて、
そこから大きく反転していますよね。

このような感じで、
検証ツールを使って
水平線を色々と引きながら
進んでいくのが
一番早く力が身につきます。

 

水平線でエントリーするのも良い検証になる

もし、水平線を引いて
ローソク足を進めるだけの検証が
味気ないと感じるなら、
水平線でエントリーするのも
良い検証になります。

 

やっぱり自分が引いた水平線で
実際にエントリーをしていった方が
トレードをしている気分になるので
より真剣味が増すと思います。

ただし、ここでいうエントリーは
検証ツールでのエントリーです。

実践ではないので
そこは注意してください。

 

例えば、先程のチャートで
実際にエントリーをして
水平線の検証をするとしましょう。

 

この時に、
自分が引いた水平線に
レートが来たら
バンバンエントリーをしていくのです。

因みにその時の損切り位置は
水平線を下抜けたらになります。

 

こんな感じで、検証ツール上で
実際にエントリーをしてデータを取れば、

「どんな場所が反転しやすいのか?」

といったことが見えてきます。

 

このように、FXの場合、
優秀な検証ツールが揃っているので、
検証ツールを使って
水平線の検証をすると効率的です。

 

ただし、検証ツールを使う場合、
買い切りにはなるのですが、
お金が発生します。

その為、もし、お金を払うのが嫌なら
MT4を使って検証すればいいと思います。

MT4だけでも、
検証自体は普通にできますから。

 

検証ツールを使った方が
色々とやり方があるし、
リアルトレードと同じ感覚で
検証できるので効率的というだけです。

 

水平線を引くときのコツは?

水平線を引く検証をする際は
基本的に自分が反転すると思う場所へ
色々引いてみるのがいいです。

 

ただ、一応水平線を引くにも
コツみたいのがあって、

・パッと見て目立つ高安
・ダブルボトムなどのネック

といった場所に引くようにすると、
それなりに反応しやすい
水平線が引けるようになります。

 

パッと見て目立つ高安

パッと見て目立つ高安に
水平線を引くようにすると
かなり精度が高い
水平線が引けるようになります。

 

例えば、現在のチャートが
以下のようになっていたとしましょう。

 

この時にパッと見て
目立つ高安に水平線を引きます。

 

そしてこの状態から
チャートを進めていくと、
以下のようになりました。

 

黄色マルの個所で
完全にピッタリとはいかなくても
反応しているのがわかりますよね。

 

このように、
パッと見て目立つ高安は
誰が見てもわかる場所なので
大多数の相場参加者に
意識されています。

その為、そこで
プライスアクションが
起きやすくなるのです。

 

ダブルボトムなどのネック

ダブルボトムや三尊など、
チャートパターンのネックラインも
反応しやすいポイントです。

 

チャートパターンに関しても、
多くの相場参加者が
意識する形になるので、
その時のネックラインは
高安同様に反応しやすいです。

ですから、
水平線を引く検証をする時は、
これらのことを基準にして
検証をすると効果的です。

 

水平線はヒゲと実態どっちに引くのがいい?

水平線を引くときに
必ず議論になるのが、

「ヒゲと実態どっちに引くのがいいの?」

ということです。

 

これに関しては、

“どちらでもいい”

と現実です。

 

ヒゲで引いても反応するし、
実態で引いても反応します。

自分で検証をしてみて、
どっちで反転しやすいのかを
チェックして、
より効きやすい方を選べばいいでしょう。

 

もし、どっちも気になるなら、
両方に引いちゃってもいいと思います。

例えば、以下のような感じで。

 

そうすれば、
ノイズではみ出た部分も
かなりカバーできるので
いいかもしれませんね。

 

また、ヒゲの位置が
微妙にずれてる時もありますよね。

 

こんな時は
全部に引いておいてもいいですが、
迷ってしまうような場合は、
現在のレートから
一番近い場所のヒゲへ
引いておけばいいです。

そうすると、大体効いてきます。

 

とはいっても、
そこまで気にする事でもないので、
キッチリヒゲに引かなくても大丈夫です。

あまり点でとらえようとし過ぎると
逆に迷うことになりますからね。

 

まずは大きな時間軸から引くようにしよう

水平線を引く検証をする時は
まずは1時間足以上の
大きな時間軸から引くようにしましょう。

 

なぜなら、時間軸が大きくなるほど、
大口などの相場参加者の数が増えるので、
水平線の効き目が強くなるからです。

その為、大きな時間軸で
水平線を引く検証をしておけば、
より反転しやすい場所へ
水平線が引けるようになります。

 

そしてこのことが、
トレードの精度を上げるのに
物凄く役に立ってきますので。

 

逆に1分足や5分足など、
短期足に水平線を引いていくと、
チャートが水平線だらけになって
トレードに迷いが出やすくなります。

その為、短期足に水平線を引く場合は、
エントリーポイント付近に来た時だけ
タイミングを計るのに引くのがいいです。

 

それに、
水平線の引く場所というのは、
時間軸が変わっても同じです。

ということは、
大きな時間軸で引く検証をしていれば、
必然的に小さい時間軸でも
効果的な水平線が
引けるようになるので大丈夫です。

 

まとめ

今回は、FXの水平線の検証で
一番力が付きやすい検証法について
色々とお伝えしてきました。

 

ただ、そうはいっても、
引き方に少しコツがあるだけで、
基本的には
とにかく引きまくるしかないです。

自分で水平線を
何度も引いていくことで
徐々に反転しやすい場所が
わかるようになって、
それがトレードに活きてきます。

 

ですから、上記でお伝えした
コツを基準にして、
まずはとにかく手を動かして
検証をしていきましょう。

 

その他の検証方法についても
知りたい場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
FXで失敗のしない検証の仕方とは?これで手法が作れる!

FXの検証は統計が命!しっかり取ることで最強の手法が!

FXで手法の検証回数や期間はどのくらやれば安定する?