FXで結果を出すには
検証が必須なのですが、
多くの人たちが検証をする時に
色んなことを1度にやろうとします。

 

検証は正直、面倒くさいので
1回で色んな事を終わらせたいと
思うのですが、
それをやると失敗しやすくなります。

その為、検証をする時は
テーマを絞って検証をした方が
実は近道になります。

 

検証のテーマを絞ると何がいいの?

FXでは検証のテーマを
絞るといい理由に、

“正しいデータが取れる”

というのがあります。

 

検証のテーマを絞らずに
いくつも同時に検証をすると、
色んなことが混ざりやすくなって
正しいデータが取れなくなります。

例えば、1回の検証で
順張りと逆張りの手法を
同時に検証したとしましょう。

 

そうなると、検証をしている内に

“順張りでエントリーする場所なのに
逆張りでエントリーしてしまう”

“逆張りでエントリーする場所なのに
順張りでエントリーでしてしまう”

なんてことが起きやすくなります。

 

これをやってしまうと、
本来のポイントで
エントリーができなくなるので、
正しいデータが取れずに
手法の正しい優位性がわからなくなります。

 

よって、
仮に検証結果が良くて、

「これで手法完成だ!」

なんて喜んだとしても、
実践で試してみると

「あれ、全然ダメじゃん」
「何でこうなるの?」

となってしまい、
また検証する羽目になるのです。

 

挫折しやすくなる

また、テーマを絞ると
検証に挫折しやすくなります。

 

なぜなら、色なん事を
一度に検証していると、
段々と混ざってきてしまい、

「何の検証をしているかわからない」

ということが起きやすいからです。

 

これが起きてしまうと、

「検証をやる意味あるのか?」

なんて自分に疑いを持ちながら
検証をする事になるので、
進みが悪くなって、
段々とやらなくなってしまいます。

 

そして、また新しい手法を
検証してみるのですが、
ここでも一度に色々検証してしまい、
また頭がごちゃごちゃになって
やらなくなってしまうのです。

 

テーマを絞らないと
こんなことを繰り返しやすくなるので、
いつまで経っても中途半端なままで
自分に合った手法が
一生出来上がらなくなってしまいます。

 

FXは一貫性が大事

FXの相場は似たような動きを
永遠と繰り返しています。

つまり、フラクタル構造ってやつです。

 

しかも、その動き方には
サイクルのようなものがあって、

「この形だとこう動きやすい」

みたいな感じで、
常に似たような動きをし続けます。

 

その為、その動きに合わせて
一貫したトレードをしていれば
自然と資金は増えていきます。

 

ということは、
FXで使う手法に関しても、
一貫性を持たせてあげると
結果が出やすくなります。

これをいち早く実現させるのが、
テーマを絞った検証になるのです。

 

検証でテーマを絞ってあげると
余計な事をしずらくなるので、
一貫したデータが取れます。

 

そしてそこから、

・勝ちパターン
・負けパターン

などを導き出しやすくなり、
FXの相場サイクルに合わせた
優位性のある手法が出来上がります。

 

テーマはどうやって絞ればいいの?

FXで検証をする際は、
テーマを絞らないと
色んな弊害が起きてしまいます。

 

「じゃあ、テーマは
どうやって絞ったらいいの?」

なんて思うかもしれません。

 

ですが、これに関しては
特に難しい事はなく、
自分の中で重要だと思う事を
まずは1つに絞るだけです。

 

例えば、

“順張りの手法が欲しい”

と思ったとしましょう。

 

ただ、順張りと言っても、

・トレンド中の押し目買いと戻り売り
・トレンド中のブレイク買いと売り

といったように、
いくつか種類があるわけです。

 

この時に検証をするのを
どれか1つに絞って検証するのです。

こうすることによって、
トレンド中の押し目買いと戻り売りなら
これだけを狙って検証すればいいので、
正しいデータが取りやすくなります。

 

もし、押し目買いと戻り売り両方が
検証にくいのであれば、
買いだけに絞ったって良いです。

ぶっちゃけた話、
FXでは買いだけや売りだけでも
安定した結果は出せますから。

 

ですから、とにかく、
自分の中で
まずはテーマを1つに絞って
検証していくのです。

そして、
それだけを突き詰めていけば、
自分だけの最強の武器が出来上がります。

 

しかも、たった1つを極めると、
実は検証中に無意識に
色んな部分を見れるようになっているので、
別の検証をした時に
それが役に立って
検証がすごく効率的になります。

 

だから、
テーマを絞って検証することは
最初は進みが遅く感じるかもしれませんが、
後々の検証スピードが一気に上がるので
実は効率的な検証をしていることになるのです。

 

FXの検証はどうやればいいの?

FXの検証では、
テーマを絞ると
得られる効果は絶大です。

 

「でも、検証はどうやればいいの?」

なんて思うかもしれません。

 

検証方法に関しても、
色んなやり方があるので、
どうやってもいいのですが、
一応、型みたいなのはあります。

そこで、ここからは
検証方法に関して
簡単に説明していきます。

 

手法を1つ何でもいいから決める

まずは検証をする手法を
何でもいいので1つ決めます。

この時の手法も
先程お伝えしたように
テーマを絞って決めましょう。

 

例えば、

“トレンド中の押し目買いと
戻り売りだけを検証する”

みたいな感じにです。

 

更にこの時には、

・エントリー
・利食い
・損切り

これらもしっかり決めましょう。

 

こうすることで、
一貫した正しいデータが取れて
手法の優位性がはっきりしますから。

 

もし、手法自体の決め方が
よくわからない場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
FXで失敗のしない検証の仕方とは?これで手法が作れる!

 

実践と同じ形で検証をする

例えば、とある手法の
検証をする時などは
リアルトレードと
同じ形で検証をしましょう。

つまり、右端が見えない状態で
ローソク足を1つずつ進めていって
検証をしていくのです。

 

この方法で検証をすることで、
実践と同じ感覚で
検証ができるので、
リアルトレードに入ってからでも
ミスを大きく減らせます。

 

因みに、検証を進めていくと、

「どれぐらいの回数や
期間を検証すればいいの?」

なんて感じることがあるかもしれません。

 

これに関しては、
回数は多ければ多いほどいいし、
期間もできるだけ長い期間検証した方が
よりデータの信ぴょう性が増します。

ただ、そうはいっても、
ある程度の目安は欲しいですよね。

 

私の経験上、
最低100個以上のデータと
3年分の検証が必要だと考えています。

 

もし、このことについて
知りたい場合は、
以下の記事で詳しく書いているので
参考にしてみてください。
FXで手法の検証回数や期間はどのくらやれば安定する?

 

統計データを取る

検証が一通り終わったら、
今度は取ったデータを見返して

・勝率
・リスクリワード
・時間帯別収支
・通貨別収支

などの統計データを取って
検証した手法に
どれくらいの優位性があるのかを
チェックしていきます。

 

これをやることで、
自分の手法の強みや
改善点が見えてくるので、
この作業は必ずやりましょう。

もし、取るべき統計データについて
更に詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
FXの検証は統計が命!しっかり取ることで最強の手法が!

 

まとめ

今回は、FXの検証で
テーマを絞ることの重要性について
お伝えしてきました。

 

検証をする時は
色んな事をいっぺんにやりがちですが、
それをやってしまうと
ぐちゃぐちゃになってしまい
検証をする意味がなくなります。

それに途中で挫折もしやすくなりますし。

 

だから、検証をする時は
まずはテーマを絞ってやることが
実は一番の近道になります。