FXで安定して勝てるようになってくると、
ロット数が徐々に増えていきますよね。

ましてや、もしあなたが、
億トレーダーを目指すなら
そのロット数は1トレードあたり、
100万通貨は最低でも必要です。

 

でも、海外FXに限らず、国内FXでも、

・1トレードに対する最大ロット
・1口座に対する最大ロット

というのが決まっています。

 

だから、この辺りを知っておかないと、
安定して勝てるようになってきた時に
ロット数の制限に掛かって
トレードがしずらくなります。

そこで今回は、海外FXでの
最大ロット数を中心に
色々とお伝えしていきます。

 

海外FXで1注文に対する最大ロット数は?

まず、海外FXでは、
“1ロット=10万通貨”
というのが基本です。

中には、FX初心者向けに、
“1ロット=1,000通貨”
といった口座タイプもありますが、
ここでは1ロット=10万通貨を基準に
最大ロット数をお伝えしていきます。

 

ただ、海外FXでの最大ロット数は、
FX業者によって違うので、
有名な業者を数社ピックアップして
以下に比較表を作ってみました。

海外のFX業者 1注文に対する最大ロット数
XM 50ロット(500万通貨)
Gemforex 30ロット(300万通貨)
アキシオリー 1000ロット(1億通貨)
タイタンFX 100ロット(1000万通貨)
Land FX 30ロット(300万通貨)

 

といったようになっています。

さすが海外FXですね。

1ショットで300万通貨以上だと、
かなり便利ですね。

 

アキシオリーなんて1ショットで
1億通貨入るらしいですが
本当なのでしょうか?(笑)

最大1000ロットとなると、
1pip動いただけで、
100万円の損益が動きますからね。

 

海外FXの1口座に対する最大ロット数は?

上記では1回の注文に対する、
海外FXでの最大ロット数について
お伝えしました。

ただ、FXでは、
1回の注文に対する
最大ロット数のほかにも、
“1口座に対する最大ロット数”
というのも存在します。

 

例えば、とある海外FX業者の
最大ロット数が、

1回の注文:100ロット
1口座の注文:1,000ロット

となっていた場合、
1口座に対して、
100ロットの注文を
10回できることになります。

 

そして、この最大ロット数を、
先ほどのFX業者に照らし合わせると、
以下のようになります。

海外のFX業者  1注文に対する最大ロット数 1口座に対する最大ロット数
XM 50ロット(500万通貨) 200ロット(2000万通貨)
Gemforex 30ロット(300万通貨) 上限なし
アキシオリー 1000ロット(1億通貨) 上限なし
タイタンFX 100ロット(1000万通貨) 200ロット(2000万通貨)
Land FX 30ロット(300万通貨) 上限なし

 

上記を見ると、
1口座に対する最大ロット数は
2,000万通貨だったり、
上限がなかったりと
こちらもFX業者によって違いますね。

それでも1日に2,000万通貨まで
トレードできるのは凄いですよね。

 

国内FXの最大ロット数は?

ここまでは海外FXに対する、
最大ロット数にお伝えしてきましたが、
国内FXの最大ロット数に関しても
簡単に紹介しておきますね。

 

国内FXの場合、
人気のFX業者に対する
最大ロット数は
以下のようになっています。

国内のFX業者 1注文に対する最大ロット数 1口座に対する最大ロット数
GMO 10ロット(100万通貨) 400ロット(4000万通貨)
DMM 10ロット(100万通貨) 1000ロット(1億通貨)
ヒロセ通商 30ロット(300万通貨) 制限なし
外為ジャパン 10ロット(100万通貨) 1000ロット(1億通貨)

 

*GMOに関しては、
EXモードというのがあって、
これを使うと500万通貨までOKです。

ただし、スプレッドが広くなります。

 

国内FXの最大ロット数も
なかなかのものですが、
やはり海外FXには及ばないですね。

しかも、中には、
1注文の最大ロット数を超えて
ポジションを持つと、
指値や逆指値が入らない業者とかあるので、
大きいロット数でトレードをする際は、
国内のFX業者は使いづらいです。

 

大ロットでトレードするならやっぱり海外FX!

FXで安定した結果が出るようになると、
ロット数がどんどん増えていきますが、
数百万通貨など、
大ロットでトレードをするなら
やっぱり海外FXがオススメです。

 

なぜなら、海外FXの場合、
ハイレバレッジが効くので
必要証拠金が少なく済むからです。

 

例えば、国内のFX業者だと、
2018年現在のレバレッジが25倍なので、
100万通貨でトレードするとしたら、
仮にドル円が113円の場合、
最低必要証拠金は452万円です。

つまり、最低でも500万は必要です。

 

一方で、海外のFX業者では、
XMが888倍なので、
これを基準に考えると、
最低必要証拠金は127,252円です。

つまり、20万円あれば、
100万通貨でのトレードができます。

 

このように、海外FXの方が、
拘束される資金が少なく済むので
リスクヘッジにもなります。

海外FXの場合、
“ハイレバレッジだから危険”
という印象がありますが、
実はそんなことはありません。

 

危険なのは、自己資金に対して、
過剰なロット数でトレードをするから
危険なだけです。

逆に拘束資金が少なくて済むのは
安全だと私は思っています。

関連記事:海外FXのレバレッジが意味する本当のメリットとは?

 

なぜなら、2015年に
スイスフランショックがあって、
スイスフランが大暴落をしました。

 

この際に、
一瞬で数千pipsのレートが
跳んでしまった為に
損切りの注文が遅れて、
たった1万通貨の注文でも
数百万の損失を出す人が続出しました。

つまり、FX業者に入れておいた
自己資金を全て失った上に、
業者に借金までするはめになったのです。

 

しかし、
この時に海外FXを使っていた人達は、
業者に入れる資金が少なく済んだおかげで、
損失を最小限に抑えることができました。

更に、海外FXの場合、
ゼロカットがあるので、
借金を抱えた状態になっても、
FX業者がそれを補てんしてくれたので
借金がチャラになったのです。

関連記事:海外FXのゼロカットは最強!国内FXと比較したら安全さが判明!

 

ちょっと考えてみてください。

 

国内FX業者を使って
100万通貨のトレードをする為に、
500万の資金を入れておいたら
それが全て一瞬で消える場面を。

 

一方で海外FX業者であれば、
100万通貨のトレードをするには
100万の資金でもできるので、
仮に全部消えたとしても、
国内FXよりも
はるかにダメージは軽いですよね。

 

しかも、国内FXだったら、
借金を払い続ける必要があるけど、
海外FXならその必要もないんです。

こう考えると、
大きなロット数でトレードをするなら、
やはり海外FXの方が安全ですよね。

 

ボーナスもリスクヘッジになる

更に、海外FX業者を使うと、

・口座開設ボーナス
・入金ボーナス

といった特典があります。

 

これらのボーナスは
口座開設時に
リアルトレードに使える
クレジットを貰えたり、
入金額に応じて
ボーナスを貰えたりするので、
使う自己資金を少なくできます。

 

これによって、
万が一の事があっても、
損失を最小限に抑えられます。

もし、海外FXのボーナスについて
詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
海外FXならボーナスを絶対使うべき!これは最高の特典!

 

まとめ

今回は、海外FXでトレードをする際の
最大ロット数について
色々とお伝えしてきました。

 

やはり海外FXだと、
日本国内の規制が適用されないので、
最大ロット数についても
国内FXより大きかったですね。

だから、将来的に
大ロットでトレードをして
億トレーダーを目指すのであれば、
今の内から海外FXを使っておくのもアリですね。

 

しかも、海外FXの場合、

・ハイレバレッジ
・入金ボーナス
・追証なし

といったように
トレードに対するメリットも多いですしね。

 

私が個人的にイチオシな
海外のFX業者はこちら。
オススメの海外FX業者!この業者は必ず使うべき!