FXでは損切りをすることは
日常茶飯事ですが、
追証になることはあまりありません。

それでも、
つい損切りができずに
放置してしまったら
強制ロスカットになって
追証になることもあります。

 

また、FXの場合、
突然の大暴落が起きやすいので
その時に損切りされて
追証になることも多いです。

 

証拠金不足になって
追証になると、
それはFX業者に対する借金なので
自己資金以上にお金を失います。

そこで今回は、
そんな追証を防ぐ方法について
お伝えしていきます。

 

FXで損切りによる追証を防ぐには?

FXで損切りになった際に
追証を防ぐ方法に、

“海外のFX業者を使う”

というのがあります。

 

追証を防ぐには、
これが一番効果的な方法です。

 

なぜなら、海外のFX業者には

“ゼロカット”

という制度があるからです。

 

ゼロカットとは、
大暴落などで大損して
証拠金がマイナスになり、
追証が発生した場合に
マイナス分を補填してくれる制度です

つまり、
FX業者に対する追証を
なしにしてくれるのです。

 

これであれば、
自己資金以上の金額を
失うことはないので、
安心ですよね。

もちろん、
追証にならないのが
一番いいわけですが。

 

これが国内のFX業者だと
追証になったら必ず不足分は
支払う必要があるので、
これを考えると
海外のFX業者は安全ですよね。

 

もし、海外FXでの
ゼロカットについて
もう少し詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
海外FXのゼロカットは最強!国内FXと比較したら安全さが判明!

 

本当に追証をなしにしてくれるの?

海外のFX業者を利用すれば、
ゼロカットによって、
追証をなしにしてくれます。

 

「でも、それって本当なの?」

なんて思うかもしれませんが本当です。

 

なぜなら、私が今までに
何度も追証になって
ゼロカットにお世話になったからです(笑)

昔の私はひどいトレードをしていて、
毎回ハイレバレッジで
一発逆転を狙っていました。

 

ですが、FXではそんなトレードは
数回は成功するかもしれませんが
トータルで見れば
ほぼ確実に負け越します。

その為、私の場合も、
ハイレバレッジのトレードをする度に
見事なまでに全資金を失った上に
毎回口座残高がマイナスになって
追証が発生していました。

 

それでも追証が発生してから
30分ぐらい放置しておくと
自動でゼロカットが働いて
残高がゼロになっていました。

だから、海外のFX業者を使えば、
本当に追証はないです。

 

追証が発生する場合も実はある

海外のFX業者を使えば、
追証はないと伝えたばかりですが、
実は追証が発生する場合もあります。

 

それが、ゼロカットを
悪用したトレードをした時です

 

これは例えば、
同じFX業者に2つ口座を作って
両方に3万円の資金を入れます。

そして、
大きく動く指標などの直前に
フルレバレッジで
1つの口座で買って、
別の口座で売るのです。

 

こうすることで、
どちらかへ大きく動いた時に、
片方は強制ロスカットで
もう片方は爆益になります。

となると、
強制ロスカットの方は
損切り後に追証が出ないので
3万円の損失だけで済みます。

もう片方の方は
フルレバレッジで
大きく利益を取れるので
10万とかの利益になります。

 

これによって、
トータルで7万円などの利益になり、
あとはこれを繰り返していけば
資金がどんどん増えるわけです。

 

このように、
ゼロカットを悪用した
トレードをすると、
FX業者側から追証の請求が来ます。

もしくは、出金をする時に
追証分の金額が差し引かれます。

 

暴落で大損した時も海外FXなら安心

ここ最近のFXでは、
毎年のように
〇〇ショックといった
暴落が起きています。

そして、その度に
多くのトレーダーが大損して
追証に襲われています。

 

そのもっともいい例が
2015年のスイスショックです。

この時はスイス系の通貨が
一気に大暴落を起こして、
ユーロスイスの通貨なんて
たった数分で数千pips下落しました。

 

その時にユーロスイスを
保有していた人達は
たった1万通貨の保有でも

“追証の金額が数百万になる”

なんてことになって、
FX市場が騒然としていました。

 

しかし、この時に
海外のFX業者を使っていた人達は
ゼロカットによって
追証を逃れることができたので、
借金を背負わずに済んだのです。

 

実際に、
海外FX業者大手であるXMでは、
損切りによって発生した追証を
全て無しにした声明文を出しています。

 

上記の画像を見ればわかるように、

“お客様に対し、
一切の追証金を請求することなく、
マイナス残高を抱えている全ての口座の、
ゼロリセットを完了したことを報告いたします”

って書いてありますよね。

 

このようなことからも、
海外のFX業者を使っていれば、
万が一のことがあっても、
追証が発生しないので安心ですよね。

 

国内のFX業者で追証になると地獄

逆に国内のFX業者を使っている場合、
追証は借金と同じなので
必ず支払いが必要になります。

たとえ、スイスショックなどの
大暴落が起きて
数百万の追証になってもです。

 

実際、スイスショックの時に
国内のFX業者を使っていた人達は
数百万から数千万の借金を
背負った人達が続出して、

「こんなのどうやって払えばいいんだよ」

なんていう書き込みが
ツイッターに溢れていました。

 

中にはこの追証のせいで
命を絶った人もいたくらいです。

ですから、国内のFX業者で
追証になると本当に地獄です。

 

当然ながら踏み倒したり
無視したりすることも無理です。

そんなことをしていたら、
どんどん延滞金が掛かるし、
FX業者側に訴えられますから。

 

海外のFX業者は追証以外もリスクヘッジができる

海外のFX業者を利用すれば、
損切りによる追証を
避けることができるのですが、
これ以外にも
リスクヘッジができます。

 

なぜなら、海外FXでは、

・ハイレバレッジ
・ボーナス

というメリットがあるからです。

 

ハイレバレッジ

ハイレバレッジと聞くと
危険なイメージがありますが、
実は立派なリスクヘッジになっています。

 

なぜなら、レバレッジが高いと、
トレードをするのに
少ない資金からできるからです

つまり、
拘束される資金が少なく済むので
万が一、損切りになって
全資金を失ったとしても
少ない金額で済むわけです。

 

それでいて、
ゼロカットも使えて
追証も発生しません。

このようなことから、
海外FXのハイレバレッジというのは
実はリスクヘッジになっているのです。

 

このことについて、
更に詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
海外FXのレバレッジが意味する本当のメリットとは?

 

ボーナス

更に、海外FXでは、

・新規口座開設ボーナス
・入金ボーナス

といったボーナスがある
FX業者が存在します。

 

例えば、
新規口座開設ボーナスは、
FX業者に対して
口座開設をしただけで
リアルトレードに使える
クレジットがもらえます。

これによって、
自己資金を1円も使わずに
トレードができるので、
完全にリスクゼロになります。

 

一方で入金ボーナスの場合、
入金した資金に対して
同じくリアルトレードに使える
クレジットがもらえます。

その為、いつもよりも
少ない資金でトレードが
できるようになるので、
これもリスクヘッジになるのです。

 

このように、
海外FXを利用すると、
色んな面から
リスクヘッジができるので、
実はすごく使い勝手がいいのです。

 

もし、これらのボーナスについて
更に詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
海外FXならボーナスを絶対使うべき!これは最高の特典!

 

まとめ

今回は、FXで損切りをした時に
追証を防ぐ方法について
お伝えしてきました。

 

FXで追証が起きると、
それは借金を意味するので
はっきり言って地獄です。

ですが、海外FXを利用すれば
追証が発生しないので
追証が怖い場合は
海外FXを使うといいかもしれません。

 

もし、海外FXについて
詳しく知りたい場合は
このサイトで徹底的に評価をしているので、
是非、チェックしてみてください。
海外FXを徹底評価