FXではエントリー後に
チャートを見ながら
状況判断をしていくことが多いです。

ですが、実はエントリー後は
チャートを見ない方が
利益が伸びやすくて
良い結果につながる事が多いです。

 

もちろん、エントリー後に
チャートを見ないようにしても、
損切りになることだってあります。

それでも私の経験上、
トータルで見ると
エントリー後にチャートを見ない方が
利益が残る事の方が多いです。

 

今回はこの理由について
お伝えしていきます。

 

チャートを見ない方が利益が伸ばせる理由とは?

FXでエントリー後に
チャートを見ない方が
利益が伸ばせる理由に

・チキン利食いをせずに済む
・余計なトレードをせずに済む

といった事があげられます。

 

チキン利食いをせずに済む

エントリー後に
チャートを見ていると、
含み益が乗った時に

「この含み益を逃したくない」
「利食いしたいな」

なんて思いますよね。

 

これによって、
本来の利食いポイントよりも前に
利食いをしてしまったり、
チキン利食いが起きやすくなります。

特に私達人間は、
一度得たものを失うことに
物凄く抵抗を感じる生き物です。

 

その為、エントリー後も
チャートを監視していると
含み益が乗った時に
利食いをしたくなるのです。

私も狙っていた
利食いポイントまで我慢できずに
決済してしまう事が何度もありました。

 

このせいで、
手法の優位性を壊してしまい、
本来ならトータルでプラスになるのに
マイナスになることが続きました。

 

そして、トレード記録を見返す度に、

「ルール通りに利食いをしていれば、
トータルでプラスにできたのに・・・」

なんて悔しい思いをしていました。

 

だから、ある時に

「エントリー後に
チャートを見ないようにしよう」

と決意をして、
エントリー後はチャートを閉じて
1時間おきぐらいに
チェックをするようにしました。

 

そしたら、チャートを見ない間に
設定して置いた指値まで届いて
本来の利食いができるようになりました。

これによって、
リスクリワードの比率が一気に良くなって
トレード結果が大きくプラスになりました。

 

よって、それ以降は
エントリーしたら
チャートを見ないようにしています。

 

一応、1時間おきぐらいに
チャートをチェックして
ある程度含み益が乗ったら
ストップを建値に移動しています。

こうすることで、
より安心度が高まるので
チャートを見ないで
放置できるようになりました。

 

余計なトレードをせずに済む

更に、エントリー後に
チャートを見ないようにすると、
余計なトレードをせずに済みます。

 

ポジションを保有中というのは、
エントリー後すぐに順行して
利食い位置までレートが届くことは
ほとんどありません。

含み損を抱えながら上下して
利食いポイントまで
レートが動いていきます。

 

その為、例えば、
買いポジションを保有中に
チャートを見ていて、
含み損を抱えていると、

「うーん、やっぱり売りかな」

なんて思ってしまい、
まだ損切り位置まで来ていないのに
手動で損切りをしやすくなります。

 

そして、すぐに売り直してみるものの、
今度は売った場所から上昇していき、
損切りになってしまい、

「結局、そのまま持ってればよかった」

なんてことが起きるのです。

 

私はこれも何度も経験しました。

 

自分の中では、
エントリー後はすぐに利が乗って

“利食いポイントまでレートが来る”

と強く考える癖があったので、
含み損を抱えたりすると、

「やっぱり逆方向なのかも・・・」

なんて不安になってしまい、
ポジションを手放して
すぐに逆のエントリーをしていました。

 

ところが、
逆のエントリーをした瞬間に
本来思っていた方向に動いて、
損切りになって激怒していました。

 

しかも、最悪なことに、
エントリーしなおしたポジションを

・損切りせずに放置
・ナンピンする

といったこともしてしまい、
全資金を失うことを
何度もしていました。

 

仮に損切りをできたとしても、
悔しくてすぐにその損を
取り返そうとして、

・大ロットでリベンジトレード
・ポジポジ病

といったこともして、
全資金を失うまで
ひたすらトレードをしていました。

 

これらのせいで、
1,000万以上のお金を失ったし、
FXで結果が出るまでに
5年以上の時間が掛かりました。

このような経験からも、
エントリー後はチャートを見ない方が
余計なトレードが大きく減るので
トータルの成績が全然変わります。

 

チャートを見ない方が損切りの悔しさが減る

エントリー後に
チャートを見ないようにすると、
実は損切りの悔しさが
見ている時よりも小さくなりやすいです。

 

エントリー後に
チャートを見ていると、
損切りになった時に
怒りが沸いてきて、
すぐに取り返そうとしやすいです。

これをやってしまうと、
本来のトレードができなくなり、
資金を余計減らしてしまいます。

 

一方で、エントリー後に
チャートを見ないようにすると、
損切りになっていた事に
あとから気づくことが多いです。

その為、
損切りになる瞬間を見るよりも
悔しさがずっと小さくなります。

 

これは人間の怒りに対する
感情の仕組みが影響しているのですが、
人間の怒りが最大限になる時間は
6秒だと言われています

その為、エントリー後に
チャートを見ないようにすると、
損切りになる瞬間を見ずに済むので、
怒りのピークを感じにくくなるのです。

 

これによって、
損切りの悔しさから
損を取り返そうとして
リベンジトレードなどの
余計なことを防ぐことが可能になります。

もちろん、
損切りになったのを見た時は
悔しい気持ちは出てきますが、
それでも損切りになる瞬間を見る時よりは
怒りを感じにくくなります。

 

FXはエントリー時点でほぼ全てが決まる

また、FXでは基本的に、
エントリーをした時点で
ほぼ全ての結果が決まります。

 

なぜなら、
エントリーをしてしまえば、
後は、損切り、利食い、建値、
この3つの結果しかないからです。

その為、チャートを見ていても
できることは限られてくるので
それであれば見なくても
悪影響を及ぼすことはほとんどありません。

 

むしろ、エントリー後も
ずっとチャートを見ていると
感情が揺さぶられて
ストレスになるだけです。

それだったら、
1時間おきぐらいに
軽くチャートをチェックして
ある程度含み益が乗っていたら
ストップを建値に
移動するぐらいにしておいた方が
精神的ストレスも小さいです。

 

このようなことからも、
エントリー後にチャートを見ない方が
良い結果につながりやすいのです。

 

リスク管理はしっかりやろう

FXのトレードでは
エントリー後はチャートを見ない方が
良い方向に進むことが多いです。

しかし、だからといって、
リスク管理を怠ってはダメです。

 

いくら見ない方がいいとはいえ、
損切り設定や、
ロット調整などの資金管理を
ちゃんとしておかないと、

「気づいたら資金がなくなっていた」

なんてことになりかねません。

 

実際に昔の私も、

「放置しておけば利食いになるだろ」

みたいな感じで
損切りも設定せずに
チャートを見ずに放置していたら
とんでもない含み損を抱えて
損切りするにもできなくなりました。

 

そして結局最後は
強制ロスカットになって
全ての資金を失っていましたから(笑)

ですから、損切りの設定や
ロット調整などのリスク管理を
しっかりやるようにしましょう。

 

ここをしっかりしておけば、
全資金を失う事はなくなりますから。

もし、リスク管理について
詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
FXで失敗しない為の手法のリスク管理方法とは?

 

まとめ

今回は、FXでは
エントリー後はチャートを見ない方が
利益が伸ばせる理由について
お伝えしてきました。

 

エントリー後にチャートを見ないと
不安になることが多いですが、
それは最初だけだったりします。

何回かチャートを見ないで
利食い出来るようになれば、
それが自信になって
出来るようになってきますから。