Titan FXは、
海外のFX業者では
有名な業者ですが、
ビットコインは
トレードができるのでしょうか?

 

ビットコインといえば、
2017年~2018年頃に大ブームとなり、

“億り人”

なんて言葉が流行りましたよね。

 

これ以外にも、
コインチェックという
ビットコインの業者が
ハッキングを受けて
出金停止になって大騒ぎしたりと、
色々とありました。

 

そんな話題になったビットコインですが、
Titan FXでは取り扱いがあるのでしょうか?

今回はこのことについて
調べてみました。

 

Titan FXでビットコインはトレードできる?

Titan FXでビットコインが
トレードできるか
調べてみたところ、
2020年11月の段階では、

“ビットコインは取扱いしていない”

という結果になりました。

 

実際にTitan FXでの
取扱商品を見てみると、

・FX
・エネルギー
・貴金属
・CFD(株価指数)

となっている事からも、
ビットコインを含めた
暗号通貨の取り扱いはないようです。

 

ということで、
Titan FXでは、
ビットコインのトレードは
現時点ではできないようです。

 

今後の取り扱い可能性はあるのか?

Titan FXでは今現在、
ビットコインのトレードは
できませんが、
今後の取り扱いはあり得るのでしょうか?

これに関しては、
正直、わかりません。

 

あるかもしれないし、
このままないかもしれません。

 

ただ、2020年現在では、
2017年頃のような、
ビットコイン熱がありません。

今ではビットコインが上がろうと、
ほとんど話題にならなくなりました。

 

このような現状から、
すぐには取扱いを
開始するとは思えません。

それでも、
キャッシュレスの流れが
時代的にも普及し始めているので
暗号通貨自体は
今後更に普及していくかもしれません。

 

その為、暗号通貨自体が
もっと大きく普及していけば、
Titan FXでも
ビットコインの取り扱いを
始めるかもしれませんね。

 

入出金でもビットコインが使えなくなった

Titan FXでは、
2017年ごろから
ビットコインでの
入出金ができるようになりました。

 

しかし、2020年の今現在、
入出金の項目を見てみると、
ビットコインの個所が消えているので、
取り扱いを止めたと思われます。

ということは、
やはりビットコインに関しては
今は需要があまりないのでしょう。

 

海外のFX業者でビットコインをトレードするなら

Titan FXでは、
ビットコインの取り扱いが
ありませんが、
一応、他の海外FX業者でなら
取り扱いがあります。

それがFBSという
海外のFX業者になります。

 

FBSは海外のFX業者の中でも、
レバレッジ3,000倍と、
トップクラスの
レバレッジの高さです。

 

しかし、ビットコインなどの
仮想通貨となると、
レバレッジがたったの3倍です(笑)

その為、正直なところ、
トレードをするには少し微妙です。

 

また、仮想通貨の取り扱い種類は、

・ビットコイン
・イーサリアム
・ダッシュコイン
・ライトコイン

といった種類のみのようです。

 

一応、トレード自体は
Meta Trader4で出来るし、
口座もFX口座でトレードができるので、
ビットコイン専用の口座を
作る必要はないみたいです。

 

とはいっても、
FBSのホームページを見てみると、
仮想通貨に関しては
大きく振れていないので、
2020年現在では
Titan Fxと同様に
あまり人気がないのかもしれません。

 

それでも、
ビットコインでの取引を
試したい見たい場合は、
口座開設をしてみるのも
いいかもしれませんね。

FBSの口座開設はコチラ

 

ビットコインでの税金は高い!?

もし、ビットコインなどの
仮想通貨を取引して
利益が出た場合は
確定申告が必要になります。

 

ビットコインなどの
仮想通貨の税金は
累進課税の雑所得になるので、
以下のように
稼げば稼ぐほど税率が上がります。

稼いだ利益額 税率
 195万以下 15%
 196~330万 20%
331~695万 30%
696~900万 33%
901~1800万 43%
1801万~4000万 50%
4001万~ 55%

 

上記の税率は、
所得税+住民税(10%)の税率です。

所得税だけであれば、
上記の税率から10%を引けば
それが所得税の税率になります。

 

こうやって見てみると、
恐ろしい税率ですね。

仮にビットコインでトレードをして
億り人になんてなったら
55%も税金で持っていかれるんですから。

 

因みに、海外FXの場合も、
同じ税区分になるので、
税率は一緒になります。

国内FXの税金区分とは違うので、
そこは間違えないように
注意しましょう。

 

もし、海外FXの税金について
詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
海外FXと国内FXの税金は違う!注意すべき点を教えます!

 

ビットコインと海外FXは損益通算可能

因みに、ビットコインでの利益と
海外FXでの利益は合算できます。

なぜなら、
税金の区分が同じだからです。

 

その為、もし、年間の損益が

・ビットコイン:-100万
・海外FX:+50万

となった場合、
2つの損益を合算できるので、
合計で-50万の損失となります。

 

ということは、
これに関しては
税金は発生しないので
確定申告の必要もありません。

 

これがもし、

・ビットコイン:-100万
・国内FX:+50万

となった場合は、
ビットコインに関しては
確定申告不要ですが、
国内FXは確定申告をして
税金を払う必要があります。

 

もし、これらの事について
更に詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
海外FXとビットコインFXで損益通算は可能!その内容とは?

海外FXと国内FXで損益通算はできるの??

 

ビットコインなどの仮想通貨は落ち気味

ここまで、
ビットコインなどの
仮想通貨について
色々とお伝えしてきましたが、
2020年現在ではTiatn FXも含めて
ビットコインは落ち気味です。

 

例えば、
今までは大体の海外FX業者で、
ビットコインでの
入出金を取り扱っていました。

ですが今では、
ビットコインでの入出金を
止めたFX業者が多くあります。

 

ということは、
ビットコインは全体的に
今は落ち気味な事を表しています。

2017年頃から2018年にかけては
仮想通貨で物凄く沸いたんですけどね。

 

ただし、そうはいっても、
今後はキャッシュレスの時代が
更に進んでいき、
ビットコインでの決済も
増えてくると思います。

よって、
完全にダメになったというのではなく、
今は少し落ち着いているだけでしょう。

 

その為、ビットコインについては
今は頭の片隅に入れておきながら
FXをメインにしていくのが
いいかもしれませんね。

もし、仮想通貨ブームが
また再燃したら
Tiatn FXを含めた各FX業者も
仮想通貨の取り扱いを
再開すると思うので。

 

そんな事を踏まえて、
海外のFX業者で
トレードを考えている場合は、
私が実際に使ってみて
よかったFX業者を
以下で紹介しています。

もし興味があれば
チェックしてみてください。
オススメの海外FX業者!ハイレバレッジで使いやすい業者5選!

 

まとめ

今回はTitan FXで
ビットコインのトレードが
できるかどうかについて
お伝えしてきました。

 

残念ながらTitan FXでは
ビットコインの取り扱いがないので、
トレードはできません。

また、仮想通貨自体、
今は人気が落ちてきているので、
それであれば、
FXを中心にトレードをするのが
いいかもしれませんね。

 

もし、仮想通貨ブームがまた来たら、
その時にメインにトレードすれば
良いわけですから。

基本的にトレードは
今ブームなものをやっていくのが
一番稼げる可能性が高いので。