Land FXは
海外のFX業者の中でも
スプレッドが狭く、
約定力が高いので
使いやすい業者となっています。

そんなLand FXでは
トレードをするにあたって、
禁止事項というのが存在します。

 

では、その禁止事項とは
いったいどんなものなのでしょうか?

実際に調べた結果をお伝えします。

 

Land FXでの禁止事項は?

Land FXでトレードをする場合、
禁止事項が存在するのですが
それというのは、

・アービトラージ(裁定取引)
・異口座、異業者間の両建て
・接続遅延、レートエラーを狙ったトレード
・ボーナスの不正利用

といったことになります。

 

アービトラージ(裁定取引)

アービトラージとは、
価格差を狙った取引です。

 

FX業者というのは
レートのカバー先は
どの業者も同じなのではなく、
業者独自のカバー先を持っています。

その為、レートが同じではなく、
ほんの少し価格差があります。

 

例えば、今現在のレートが
105.1円だとしても、

・Land FX:105.13
・他のFX業者:105.10

といったように
微妙に変わってきます。

 

しかし、
レートが大きく動いた時などに
カバー先のレート配信が間に合わず、

・Land FX:104.5
・他のFX業者:104

といったように
突然大きく差が開く場合があります。

 

このような時に、
Land FXで売りエントリーをすれば、
カバー先のレート配信が正常に戻って
104円になった時に、
一瞬に50pipsの利益を取れます。

 

実際に昔の海外FX業者では
レートに差が出ることが多くて
アービトラージを使った
自動売買が流行りました。

これによって
FX業者への負担が大きくなり、
サーバーがダウンした例もあります。

 

恐らくこれが原因で
Land FXでは、
このような取引を
禁止事項としているのでしょう。

 

異口座、異業者間の両建て

Land FXでは、
複数の口座を作って
それで両建てをしたり、
違う業者で口座を作って
そことの両建ても禁止しています。

 

これはなぜかというと、
ゼロカットを利用して
トレードができるからです。

 

ゼロカットとは、
万が一急騰急落などで
口座残高がマイナスになっても
マイナス分を補填してくれるので、
追証がありません。

その為、
このゼロカットを利用すれば、
両建てで稼ぐことが可能です。

 

この良い例として、
月曜朝一に開く窓を狙った
トレードで稼ぐことができます。

なぜなら、月曜朝一というのは、
レートが飛んで窓が開きやすいですよね。

 

ということは、
金曜日の終値付近で、

・1つの口座で売り
・もう1つの口座で買い

というポジションを持っておけば、
月曜日に窓が大きく空いた時に

・片方は強制ロスカット
・もう片方は大きな利益

といった構図ができあがります。

 

もし、国内のFX業者であれば、
強制ロスカットの方は
追証が発生するのですが、
Land FXはそれが発生しません。

 

その為、最大損失は
入れておいた資金だけで済むけど、
利益は大きく取れるのです。

後はこれを繰り返していれば
確実に資金が増えていきますよね。

 

ただ、Land FXの場合、
複数口座を使っての両建てを
禁止事項としているので、
このような手法が使えません。

これはなぜかというと、
ゼロカットで発生した
マイナス分というのは
Land FXが負担しているからです。

 

よって、両建てを使って
このようなトレードをされると
負担がどんどん大きくなり、
最悪破産になることもあります。

このようなことから
複数口座を使った両建てや、
他のFX業者との両建ては
禁止事項になっているのでしょう。

 

もし、ゼロカットについて
詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
海外FXのゼロカットは最強!国内FXと比較したら安全さが判明!

 

接続遅延、レートエラーを狙ったトレード

Land FXでは、
接続遅延やレートエラーを
狙ったトレードも
禁止事項となっています。

 

昔は海外のFX業者では
サーバーが弱い事が多く、
接続回線が切れやすかったり、
遅れが出やすかったです。

その為、
他のFX業者のレートと見比べて
レート配信が遅れている方で
取引をすれば利益が出せました。

 

例えば、
Land FXのレート配信が
他のFX業者のレート配信よりも
5秒遅れていたとしましょう。

ということは、
この2つの業者のレートを
並べておけば、
5秒先の未来のレートが
わかることになりますよね。

 

よって、他のFX業者で
レートが上昇したら、
それに追随して
Land FXですぐに買いエントリーをすれば、
100%勝てることになります。

このようなトレードを
Land FXでは禁止事項としています。

 

これは恐らく、
昔にこれを狙った
自動売買ソフトが流行って
業者側に負担が掛かったせいだと思います。

 

ボーナスの不正利用

Land FXでは
入金ボーナスがもらえます。

このボーナスは
入金する金額に応じて、
その何パーセントかを
クレジットしてもらえます。

 

例えば、今のLand FXだと、
10%入金ボーナスがあります。

これは仮に30万入金したら
3万円分をクレジットとして
もらうことができます。

 

これによって、
実質33万円でリアルトレードが
できることになるのです。

このボーナスを不正利用して
利益を出すようなことを
禁止事項としているのです。

 

例えば、ボーナスは
口座毎に貰えるので、

・自分名義の口座
・家族名義の口座

といったように
2つの口座を別名義で作れば
各口座にボーナスがもらえます。

 

このような事を繰り返せば、
ボーナスを利用したトレードを
永遠とやり続けることができますよね。

 

これ以外にも、
ボーナスで口座資金を増やして
上記で紹介した両建てトレードや
アービトラージをすれば、
資金の増え方を大きくすることもできます。

このようにボーナスを
不正に利用することが禁止されています。

 

以上が、Land FXでの
禁止事項となっています。

 

禁止事項をした場合はどうなる?

もし、禁止事項をして
利益を得た場合、

・利益の取り消し
・出金拒否

といった事が起きます。

 

私の経験上、
大体が利益の取り消しですかね。

海外FX業者の場合、
出金依頼を出すと、
禁止事項をしていないか
必ずチェックが入るようになっています。

 

そこで禁止事項が発覚すると、
利益が取り消されます。

基本的には
これだけで済んで
次回以降もトレードができるようになります。

 

しかし、
故意に禁止事項をしたり、
何度も繰り返していると、
利益取り消しや出金拒否だけでなく、
口座凍結になることもあります。

こうなると、
ブラックリストに乗るので
一生口座開設ができなくなります。

 

ですから、
FX業者の隙を突くような
トレードは絶対にしない方がいいです。

 

関連記事:海外FXで利益を出金拒否されずに出金する方法とは?

 

まとめ

今回は、Land FXでの
禁止事項について
お伝えしてきました。

 

再度、Land FXでの
禁止事項をまとめると、

・アービトラージ(裁定取引)
・異口座、異業者間の両建て
・接続遅延、レートエラーを狙ったトレード
・ボーナスの不正利用

といったことが
禁止されています。

 

これらをやってしまうと、
故意でなくても
利益取り消しになったり、
出金拒否になったりするので
注意しておきましょう。

逆に言えば、
普通にトレードさえしていれば
このような事は起こらないので
特に心配するようなことはないでしょう。

 

むしろ海外のFX業者は
正しく使えば安全で
リスクヘッジにもなるので
使い勝手が良くなりますからね。

関連記事:海外FXのレバレッジが意味する本当のメリットとは?