Land FXは海外FX業者の中でも
低スプレッドがウリです。

その為、海外のFX業者で
スキャルピングをするなら
Land FXが適しています。

 

しかし、
海外のFX業者の中には
スキャルピングNGだったり、
制限があったりするのですが、
Land FXではどうでしょうか?

そこで今回は、
Land FXではスキャルピングを
しても大丈夫なのかを
調べてみました。

 

Land FXでスキャルピングはNG?

Land FXで
スキャルピングがNGかを
調べてみたところ、
スキャルピングはOKでした。

 

なぜなら、実際に
Land FXへ問い合わせたところ、
トレードの禁止事項は

・アービトラージ(裁定取引)
・異口座、異業者間の両建て
・接続遅延、レートエラーを狙ったトレード
・ボーナスの不正利用

といったことなので、
これに該当しなければ
スキャルピングはOKとの事でした。

 

ですから、Land FXでは、
スキャルピングはできます。

ただし、上記でお伝えした
禁止事項に引っかからないように
気をつけましょう。

 

もし、Land FXでの
禁止事項について
詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
Land FXの禁止事項とは?これをやると出金拒否に!?

 

やると危険なスキャルピングがある?

Land FXでは
スキャルピングOKですが、
実は私の経験上、
スキャルピングには制限があります。

 

それが、

・EAを使ったスキャルピング
・指標など大きく時のスキャルピング

といったことです。

 

EAを使ったスキャルピング

Land FXでは
プラットフォームがMT4なので、
EAという自動売買機能が使えます。

この自動売買をすること自体は
禁止されていませんが、
超短期のスキャルピングは
禁止されている可能性がかなり高いです。

 

なぜなら、EAを使って
数秒で終わるような
スキャルピングを何度も繰り返すと、
Land FXのサーバーに
大きな負担が掛かって
ダウンする可能性があるからです。

 

仮に超短期のスキャルピングによって
サーバーがダウンしてしまったら、
全ての顧客のトレードに影響が出て
信頼を失ってしまいます。

そうなったら、
Land FX自体の存続が危うくなるので
自動売買を使っての
スキャルピングは
禁止されているのです。

 

指標など大きく時のスキャルピング

これもEAと似ているのですが、
指標など大きく動くときは
カバー先のレート配信が
大きく乱れることが多いです。

 

その為、このような時に
スキャルピングをされると
レート配信が間に合わないだけでなく、
サーバーにも負荷が掛かって
ダウンする可能性が出てきます。

 

特に、大きく動くような場面では
レートの値が飛びやすいので
大ロットでトレードをすると
入金額以上の損失を出す事があります。

この場合、Land FXでは
ゼロカットを導入しているので
マイナス分は補填してくれます。

関連記事:海外FXのゼロカットは最強!国内FXと比較したら安全さが判明!

 

これはすごく便利な制度ですが、
ゼロカットを悪用して
スキャルピングをする人もいるので、
これをされると、
Land FX側の損失も甚大になります。

 

このようなことからも、
指標など大きく動く場面での
スキャルピングは禁止されています。

 

因みに、
これらは禁止事項に書いてありませんが、
禁止事項をよくよく読むと、

両建て取引、接続遅延、
レートエラーを利用した取引、
裁定取引(アービトラージ)、
ボーナスを悪用する取引“等”

となっているので、
上記以外でも、
Land FXがダメと判断したものは
ダメという事を意味しています。

 

そして、私の経験上、
これらの事はLand FXに限らず、
ほぼ確実にどの海外FX業者でも
禁止されています。

ですから、Land FXで
スキャルピングをするような場合は、
これらのことはやらない方がいいです。

 

もし、これらのことをして
利益を出したとしても、
出金時に必ずチェックされて
利益を取り消されるでしょう。

最悪の場合、
悪質だと判断されたら
出金拒否や口座凍結が
起きることもありえます。

 

取引ロット数に制限がある?

スキャルピングをする場合、
2~3pips程度の利益を
積み上げていくことが多いですよね。

そうなると、
ロット数を上げて
トレードをしないと
大きな利益を得られません。

 

しかし、Land FXでは、
ロット数が大きくなると
レバレッジが制限されます。

 

例えば、

50ロット以上:200倍
100ロット以上:50~100倍

となっているので
ここを覚えておきましょう。

 

ただ、50ロット以上というのは
500万通貨以上なので、
ここまで大きなロットで
トレードをすることは
スキャルピングとはいえ
あまりないと思いますが。

 

1ポジションあたりの最大ロットもある

また、Land FXでは、
1ポジションあたりの
最大ロットも決まっていて、
それが30ロットとなります。

その為、
1回のスキャルピングで
MAX保有できるポジション量も
30ロットとなります。

 

まぁ、30ロットでも
300万通貨になるので
スキャルピングをするにしても
十分なロット数だと思います。

2~3pips取るだけでも
単純計算で6~9万の利益ですから。

 

因みに、
先程お伝えした50ロットや
100ロットというのは
複数のポジションを合わせて
あのロット数を意味しています。

 

Land FXではどんなトレードスタイルがいい?

Land FXでは、
表面上はスキャルピングを
禁止していませんが、
やはり嫌う傾向があります。

これはLand FXに限らず、
どの海外FX業者でも同じです。

 

ですから、私の経験上、
トレードをするなら、
デイトレードなどの
少し時間軸が大きいトレードが
一番安全です。

要するに、FX業者側に
負担を掛けないようなトレードです。

 

また、海外FX業者の場合、
Land FXはまだ良い方ですが、
スプレッドが広い傾向があります。

その為、
スキャルピングをするにしても
スプレッド分がリスクとなるので
2~3pipsなどを小さく取る方が
逆に大変な事も多いです。

 

このような事からも、
Land FXでトレードをする際も
できればスキャルピングよりも
デイトレードなどの方がいいと思います。

もし、このことについて
更に詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
海外FXを使う時の効果的な手法は?検証するならどんな手法?

 

スキャルピングは甘くない

上記では、海外FXの特性上、
スキャルピングよりも
デイトレードなどの方が良いと
お伝えしました。

これを意味するもう1つの理由は、
スキャルピングは
トレードスタイルの中でも
もっとも難しいからです。

 

2~3pips程度と聞くと、

「簡単に取れそうだな」

なんて思うかもしれませんが、
実際にやってみると
値動きに翻弄されやすいです。

 

しかも、エントリータイミングも
ピンポイントでしないと、
即逆行されて大損する可能性も高いです。

このようなことからも、
スキャルピングをすることは
あまりオススメできません。

 

まずはデイトレードなどの
時間軸の大きいトレードで
結果を出せるようにならないと
かなり難しいです。

その為、このことも考慮して
スキャルピングをするかを
決めていくようにしましょう。

 

まとめ

今回は、Land FXで
スキャルピングはOKなのかについて
色々とお伝えしてきました。

 

基本的にLand FXでは
スキャルピングはOKですが、
やると危険なスキャルピングもあるので、
その点は注意しておきましょう。

 

その他、Land FXについて、
詳しく知りたい場合は、
以下の記事で他のFX業者と
色々と比較してあるので
参考にしてみてください。
オススメの海外FX業者!ハイレバレッジで使いやすい業者5選!