FBSといえば、
FXでのトレードのレバレッジが
最大3,000倍もある海外のFX業者です。

 

そんなFBSですが、
仮に強制ロスカットになった上に
自己資金以上の損失が出て
残高がマイナスになった場合、
追証が発生することがあります。

 

では、追証が発生する場合とは
いったいどんな場面なのでしょうか?

今回はこの事について
お伝えしていきます。

 

FBSで追証が発生する場合とは?

では早速、FBSで追証が
発生する場合について
お伝えしていきます。

 

FBSで追証が発生する場合は、

・ゼロカットを悪用した場合
・2つの口座で片方に残高がある場合

この2種類があります。

 

ゼロカットを悪用した場合

実はFBSでは
追証が発生する場合があるとはいえ、
基本的に追証は発生しません。

なぜなら、
ゼロカットが存在するからです。

 

ゼロカットとは、
暴落などによって
万が一、自己資金以上の損失が出て
口座残高がマイナスになった場合、
マイナス分を補填してくれる制度です。

その為、追証は発生しません。

関連記事
海外FXのゼロカットは最強!国内FXと比較したら安全さが判明!

 

しかし、このゼロカットを
悪用した場合は
追証が発生します。

悪用した場合とは
意図的にゼロカットを利用して
トレードをした時になります。

 

この例として、
両建てを利用したトレードがあります。

例えば、指標など、
大きく動きが出る直前に
フルレバレッジで、

・買い:50万通貨
・売り:50万通貨

といったように両建てをします。

 

そして、
指標で大きく下落したとすると、

・買い:強制ロスカット(口座残高マイナス)
・売り:30万の利益

となったとします。

 

本来であれば、
買いポジションは強制ロスカットになって
更に口座残高もマイナスになるので
売りの利益と合わせても
±ゼロかマイナスの損益になります。

 

しかし、FBSでは
ゼロカットがあり、
マイナス分を補填してくれるので
この補填によって
トータルの損益がプラスになるのです。

ということは、
あとはこの両建ての方法を
ひたすら繰り返していけば
資金がどんどん増えていきますよね。

 

このように、
意図的にゼロカットを利用して
口座残高をマイナスにした場合、
マイナス分の追証が発生します。

 

因みに、FBSの規約でも、
以下のように記載があります。

“特別な場合、
(当社が顧客の行為を意図的行為とみなす場合)には、
当社は顧客からの債務の支払いを
請求する権利を留保す”

 

何で追証が発生する?

FBSではゼロカットを
意図的に発生させると
追証が発生するのですが、
これは何故なのでしょうか?

 

それは、ゼロカットで発生した
マイナス分はFBSが
自腹で補填しているからです。

ゼロカットは
私たちトレーダーにとっては
物凄く便利な制度ですが、
FBS側からすると単なる損失です。

 

よって、ゼロカットを
何度も意図的に発生させられると
その度に自己資金で補填する必要があるので、
どんどん資金が減っていき、
FBSの経営を圧迫していきます。

最悪、倒産なんてことになったら
FBSを使う全てのトレーダーにも
大きな被害が出てしまいますよね。

 

このような事を防ぐ為に、
ゼロカットを悪用したトレードをした場合、
追証が発生するようになっているのです。

 

2つの口座で片方に残高がある場合

次に追証が発生する場合は、
2つの口座で片方に残高がある場合です。

これはどういうことかというと、
FBSに2つの口座を持っていて、
両方に資金が入っているとしましょう。

 

この時に、片方の口座で
ゼロカットになった上に、
口座残高がマイナスになった場合、
もう片方の口座から
マイナス分が差し引かれるのです。

 

例えば、

・口座1:10万円
・口座2:5万円

という状態だったとしましょう。

 

この時に口座2でトレードをしていたら
暴落に巻き込まれて
口座残高が-3万円なってしまったとします。

そしたら、この-3万円は
口座1から差し引かれて
口座1の残高が7万円になるのです。

 

ですから、もし、
これが起きるのが嫌なら
2つの口座に資金を入れておくのは
止めた方がいいでしょう。

もちろん、ゼロカットにならないように
資金管理をしてトレードをするのが一番ですが。

 

因みに、
この事もFBSの規約には
以下のように書いてあります。

“FBS は、顧客が異なる登録データ、
(例えば、週末または取引時間の間に
開かれている同じ取引ツールで
反対の注文を開く場合)で
2 つ以上の口座を持つと
考えられる理由がある場合、
ある口座残高を上回る損失を、
顧客の別の口座から差し引く権利を留保する”

 

FBSのロスカット基準は?

FBSでは追証が発生する場合があるのですが、
通常、その前にロスカットが発生します。

 

そうなると、

「ロスカットっていつ発動するの?」
「どれくらいの証拠金維持率で発生するの?」

なんて思うかもしれません。

 

これに関しては、

“証拠金維持率が20%を下回ったら”

となっています。

 

FBSの場合、
最大レバレッジは3,000倍です。

ということは、
仮にドル円が105円だったら
10万通貨のトレードをするのに
必要な証拠金は3,500円です。

 

そして、口座残高が
この証拠金の20%である、
700円を切ったら
強制ロスカットになります。

更にこれに加えて、
暴落などに巻き込まれて
強制ロスカットが遅れると
口座残高がマイナスになって
ゼロカットが発動するのです。

 

このことからもわかるように、
FBSで強制ロスカットになると
レバレッジが高い分、
資金を根こそぎ持っていかれて
再起不能になります。

 

ですから、
強制ロスカットにならないように
資金管理をトレードするか、
FBS側のレバレッジを変更できるので
そこを調整するようにしましょう。

もし、FBSのレバレッジについて
詳しく知りたい場合は
以下の記事を参考にしてみてください。
海外FXでレバレッジ3000倍ならFBS!でも実は制限が!?

 

普通にさえトレードしていれば追証はない

上記では、FBSでトレードをしていて
追証なる場合についてお伝えしましたが、
基本的には普通にトレードさえしていれば
追証は発生しないので心配しなくて大丈夫です。

 

FXは何が起きるかわからないので、
自分がポジションを持っている最中に
急に暴落が起きて
強制ロスカットになる事もあります。

そいう時の為の
ゼロカットでもあるので、
意図的に発生さえさせなければ
追証は発生しないので安心してください。

 

ただ、強制ロスカットになるような
レバレッジの使い方をすると、
追証うんぬんの前に
自分の資金が全て吹き飛びます。

こうなると、再起するのに
時間が掛かったりすることもあるので
資金管理をしっかりして
トレードをするようにしましょう。

 

因みに、昔の私自身も、
無茶なレバレッジを掛けて
何度も資金を吹き飛ばしていました(笑)

そしたら合計で
1,000万以上の損失を出したし、
FXで結果を出せるようになるまでに
5年以上の時間が掛かりました。

何度ゼロカットにお世話になった事か・・・

 

まとめ

今回は、FBSでの追証について
色々とお伝えしてきました。

 

FBSではゼロカットがあるので、
万が一の事があっても
マイナス分は補填してくれます。

その為、最大損失が
自己資金までで収まるので
ありがたい制度ですよね。

 

ただ、ゼロカットを
意図的に利用したトレードをすると
マイナス分は追証として
のしかかってくる事になるので
FX業者のスキを突くようなトレードは
しないようにしましょう。

 

また、2つの口座に
資金を入れておいた際も
片方の残高がマイナスになると
もう片方から追証分を取られるので
この点も注意しておきましょう。

 

その他、追証について
色々と知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
海外FXは追証なし!なぜそんな事が可能なのか?その理由を暴露!

FXで損切りした時に追証を防ぐ方法とは?