海外FXを利用して
20万を超える利益が出た場合、
確定申告が必要になります。

そうなると、その際に支払う
所得税がいくらなのか気になりますよね。

 

そこで今回は、
私が実際に海外FXで利益を出して
確定申告をした際の所得税の
リアルな結果をお教えします。

 

海外FXでの所得税の税率は?

まず、海外FXで利益を出した場合、
雑所得となるので、
税率は以下のようになっています。

 

稼いだ利益額 税率
 195万以下 5%
 196~330万 10%
331~695万 20%
696~900万 23%
901~1800万 33%
1801万~4000万 40%
4001万~ 45%

 

これが海外FXで利益を出した際の
所得税の税率になります。

この税率に加えて、
更に10%の住民税が課せられるので、
トータルの税率は、
上記の税率+10%となります。

 

実際の所得税の計算方法は?

海外FXで利益を出した場合、
所得税の税率は、
稼げば稼ぐほど増えていきます。

では、実際の所得税の計算方法は
いったいどうなっているのでしょうか?

 

まず、確定申告書を作成する際に、
海外FXでの利益を
雑所得の箇所に記入します。

 

因みに、この時に経費も一緒に記入します。

こうすることで、経費を差し引いた、
合計の収入額が出てきます。

海外FXでの経費について
詳しく知りたい場合はこちら。
海外FXで経費に入れて良いものは?確定申告で節税!

 

この合計の収入額を、
先ほどの表に当てはめると、
あなたの所得税の税率がわかります。

 

例えば、ここでの合計額が
300万円だった場合、
上記の表の税率に当てはめると、
10%になります。

その為、あなたが支払う所得税は、
30万円にもなるわけです。

 

所得税は控除がある

所得税の金額は、
海外FXで得た利益に対して、
雑所得の税率を掛けた金額になります。

しかし、実際に払う所得税の金額は
控除があるので、
単純に税率を掛けた金額よりも
もっと安くなります。

 

例えば、実は雑所得には、
支払う税率によって、
以下のように
控除額が設定されています。

 

稼いだ利益額 控除額
 195万以下 0円
 196~330万 97,500円
331~695万 427,500円
696~900万 636,000円
901~1800万 1,536,000円
1801万~4000万 2,796,000円
4001万~ 4,796,000円

 

その為、仮に海外FXでの
トータルの利益が300万だったら、
控除額が97,500円となっているので、

30万 – 97,500円=202,500円

という金額になり、
これが所得税のベース金額になります。

 

そして、ここから、
所得控除が更に適用されていきます。

 

例えば、

・年金、国民健康保険
・生命保険
・地震保険

といったものを支払ったなら、
これも所得控除につながるので、
所得税が安くなります。

 

更に、確定申告をする場合、
必ず基礎控除というのがあって、
これが38万円になります。

 

もちろん、扶養控除もあれば、
それも算入すると、
その分、所得税は安くなります。

そして、全ての所得控除を計算すると、
合計の控除額が出てきます。

 

この合計額が出たら、
トータルの収入から引いた金額が
完全な所得になります。

 

その為、仮に合計収入が300万円で、
所得控除額が70万あった場合、
230万に対して所得税が掛かることになります。

つまり、230万に対する税率は10%なので、
23万円が所得税の金額になります。

そしてここから、
控除額の97,500円が引かれるので、
132,500円が完全な所得税の額になります。

 

因みに、平成49年までは、
東日本大震災の復興の為に
復興税が掛かるので、

基準所得税額 × 2.1%

の税金がもっていかれます。

 

今回のケースで言うと、

132,500円 x 2.1% = 2,783円

が更にプラスされるので、
全合計で135,373円となります。

 

給与所得がある場合は更に所得税が安くなる

サラリーマンやアルバイトなどで
給与所得がある場合、
源泉徴収がありますよね。

 

このように源泉徴収がある場合、
その分の金額が所得税から引かれます。

 

だから、源泉徴収票の金額が、
5万円になっていた場合、
上記のケースの所得税と合計すると、

134,373円 – 50,000円 = 85,373円

となり、給与所得があって、
源泉徴収された場合は
これが最終的な所得税額になります。

 

因みに、専業トレーダーになると、
この源泉徴収がないので、
初めて確定申告をすると、
一気に所得税の額が
跳ね上がって引きます(笑)

私の場合は、前年の税額から
4倍近く増えたので
税金の恐ろしさを思い知りました。

 

サラリーマンの場合は会社にばれる?

海外FXで利益を出して確定申告をすると、
税金を支払う必要があるので、

「会社にばれてクビになるかも・・・」

なんて心配になりますが、
会社にばれずに済む方法があります。

 

まず、所得税に関しては、
確定申告後2週間以内ぐらいに
“自分で”支払う必要があるので、
これは会社にばれません。

 

気をつけなきゃいけないのが
住民税になります。

 

サラリーマンをやっていると、
住民税って給料から天引きされますよね。

ということは、会社側で、
あなたの給料に対する住民税の額が
わかるわけです。

 

そこに、海外FXで得た利益分の
住民税が乗っかってくると、

「あれ?コイツだけ何で
こんなに住民税が高いんだ?」

「何か副業をやっているな?」

なんて疑われて、
FXをやっていることがばれます。

 

だから、これを回避するためには、
確定申告書を作成する際に、
FXで得た利益分の税金を
自分で支払うようにすればいいのです。

 

例えば、確定申告をする際の
申請書には、

“住民税、事業税に関わる事項”

という項目があります。

 

この項目の中には、

“給与以外の所得に関わる
住民税の徴収方法の選択”

という項目があります。

 

そして、この項目には、

・給与から差引き
・自分で納付

という選択肢があるので、
“自分で納付”に〇をつければ、
給与から天引きされることはないので、
会社にばれずに済みます。

 

だから、住民税だけ、
“自分で納付する”を選択しておけば、
海外FXで得た利益分の税金は
全て自分で支払うことになるので、
会社にばれることはないでしょう。

 

まとめ

今回は、海外FXで利益が出た際の
所得税の計算方法について
お伝えしてきました。

 

海外FXの場合、
雑所得になるので、
稼ぐ額によって税率が変わり、
それに伴い所得税の額も増えます。

その為、11月や12月の時点で、
海外FXで得た利益を計算してみましょう。

 

そして、もし、
税率が切り替わる節目に
利益がある場合は、
パソコンなどを購入して、
経費算入で税率を抑えると節税になります。

あとはふるさと納税を利用すると、
所得税と住民税の節税に使えるので、
これもオススメです。

 

私がイチオシする
海外のFX業者はこちら。
オススメの海外FX業者!この業者は必ず使うべき!