海外FXを利用して利益を出した場合、
税金は雑所得に入るので、
利益を出せば出すほど
税金の額も上がっていきます。

 

稼いだ利益額 税率
 195万以下 15%
 196~330万 20%
331~695万 30%
696~900万 33%
901~1800万 43%
1801万~4000万 50%
4001万~ 55%

 

上記は、
所得税と住民税を含めた税率ですが、
1,000万以上の利益が出た場合、
半分近くが税金で持っていかれるので
かなり大きな負担になりますよね。

 

では、海外FXで出した利益分を
もし出金拒否された場合、
税金を払う必要はあるのでしょうか?

そこは実はケースバイケースになります。

 

税金を支払わなくてもいい場合は?

海外FXを利用すると、

「出金拒否された!」

なんて噂を良く聞きますが、
出金拒否をされた後の状況によって、
税金を払う必要がある場合と、
そうでない場合が出てきます。

 

そして、税金を払わなくていい場合とは、

利益が取り消されているかどうか?

という点にあります。

 

私の経験上、
海外FXで出金拒否をされた際は、
損益計算のレポート上で、
利益が取り消されている事がほとんどです。

 

例えば、海外FXの場合、
ほとんどがMeta Trader4を使いますよね。

だから、MT4で口座履歴から
レポートの保存をして
損益計算書を確認すると、
利益の箇所がゼロになっています。

このような場合、
トータルの利益も減っているので、
出金拒否分に関しては
税金を払う必要がないでしょう。

もちろん、
出金拒否された分を差し引いても、
合計の利益が20万を超えていたら
確定申告をして
税金を払う必要はあります。

 

だから、もし海外のFX業者に
出金拒否をされた場合は、
損益レポートを確認してみましょう。

 

税金を支払う必要がある場合は?

逆に出金拒否をされても、
税金を支払う必要がある場合は、
損益計算レポート上で
利益分が取り消されていない場合です。

出金拒否をされたのにもかかわらず、
レポート上で利益がゼロにならずに
そのままの場合、
記録としてその利益が残ることになります。

 

記録に残っている以上、
税務署に損益レポートの
提出を求められて見せたら、
出金拒否をされた部分も
利益が出ていると見なされます。

 

だから、例えば、
海外FXで得た利益が25万で、
10万を出金拒否されたとしても、
損益レポートに利益のまま
記録が残っていれば、
確定申告をして税金を払う必要があります。

 

これが、出金拒否をされた
10万分の利益が取り消されているなら、
トータルの利益が15万になるので、
確定申告の必要がなくなるんですけどね。

 

海外FXで出金拒否はなぜ起きる?

海外FXを利用していると、
必ずと言っていいほど
出金拒否が話題にされます。

昔は利益を出しまくると、
FX業者側の損失になるので、
出金拒否されることが良くありました。

 

ただ、今の海外FXは、
顧客から来た注文を
そのままインターバンクに流しているので、
透明性が高い業者がほとんどです。

だから、その分、
スプレッドを少し広くしたり、
手数料を取ったりして利益を出しているので、
トレーダーが利益を出しても、
出金拒否をすることは基本的にありません。

 

では、なぜ出金拒否をされるのでしょうか?

 

それは、規約に違反した
トレードをしているからです。

 

実は海外のFX業者では、

・スキャルピング禁止
・指標だけのトレード禁止
・アービトラージ禁止

といったように、
トレードをする上での
禁止事項を設けています。

 

これは利用規約を読めば、
ちゃんと書いてあります。

ただ、トレードをする側としては、
規約をちゃんと読まずに
トレードをする人が圧倒的大多数です。

 

ましてや海外のFX業者なので、
利用規約は基本的に英語です。

そうなると、規約なんて
余計読まなくなりますよね。

 

基本的に海外のFX業者は、
出金申請があったら、
その人のトレード履歴をチェックしています。

だから、規約を理解せずに、
スキャルピングをしたり
指標だけを狙ったりすると、
出金拒否が起きるのです。

 

海外FXで出金トラブルを避けるには?

海外FXを利用した際に
出金トラブルを
可能な限り避けるには、

・大手のFX業者を使う
・普通にトレードをする

といった点が重要です。

 

大手のFX業者を使う

海外FXを利用する場合は、
相手が海外なこともあって、
出金拒否を含めた
トラブルが起きやすくなります。

 

ただし、大手で人気の業者を使えば、

・日本語サポートがある
・システムがしっかりしている
・経営がしっかりしている

といった利点があるので、
出金拒否などのトラブルも
かなり少なくなります。

 

しかも、人気があるというのは、
“それだけ信ぴょう性がある業者”
ということを意味しているので、
理不尽な出金拒否はないでしょう。

少なくとも私は受けたことはないです。

 

逆にマイナーな海外のFX業者だと、

・資金が少なく経営状態が脆弱
・サポートがずさん

といったことが結構あるので、
出金拒否などのトラブルが
起きやすい傾向にあります。

 

だから、”200%ボーナス”
といった大きなボーナスにつられて、
良くわからない業者を使うのは
なるべく避けた方が良いでしょう。

 

トラブルが少ない、
オススメの海外FX業者はコチラ

私も使っていますが、
今のところ出金拒否はされていません。

 

普通にトレードをする

海外のFX業者の場合、
国内のFX業者に比べると、
システムに不備があることがあります。
(特にマイナーな業者)

だから、このような不備を突いた
トレードをして
ガンガン稼げることがあります。

 

しかも、海外のFX業者では、
追証がないので、
これを利用して大きく動く指標で
ギャンブルトレードをすることもできます。

 

ただし、このようなことをしても、
今の海外FXでは確実にバレて、
出金拒否されます。

しかも、
こういう特殊なトレードをしていると、
ブラックリストに載ってしまうので、
普通にトレードをしていても疑われて
出金拒否をされる確率が跳ね上がります。

 

最悪、口座凍結もありえます。

しかも、口座凍結された場合、
トレードの記録だけは残るので、
もし、利益が20万を超えた状態で
凍結されたとしたら、
その分の税金を払う必要があります。

 

こうなってしまうと、
税金だけを無駄に払うことになるので、
変に業者の隙をついた
トレードをするのではなく、
普通にトレードをするのが一番です。

 

そもそもFXをする理由は、
安定して大きな金額を稼ぐ為ですよね。

それだったら、最初から実力で
普通にトレードをして結果を出した方が
将来的にも良いのが明らかですよね。

 

海外FXは正しく利用すれば資金効率が抜群!

2018年現在の海外FXは、
大手のFX業者であれば、
かなりしっかりしています。

下手したら国内のFX業者よりも
ちゃんとしています。

 

しかも、海外FXの場合、

・ハイレバレッジ
・入金ボーナス
・追証なし

といったメリットがあるので、
規約を理解して正しく利用すれば、
資金の回転率が抜群に良くなります。

 

しかも、少額からトレードができて、
リスクヘッジにもなるので、
税金は少し高くなってしまいますが、
利用価値が高いことは確かです。

 

実際に私自身も、
大手の海外FX業者を毎日使いますが、
今まで出金拒否をされたことは一度もありません。

昔は業者の隙を狙った
トレードをしていたので
よく出金拒否されてましたけど(笑)

 

まとめ

今回は、海外FXで得た利益を
出金拒否されたら税金を払う必要はある?
といったことについてお伝えしてきました。

 

基本的に出金拒否をされたら、
損益レポートの利益場所も
ゼロになっているはずなので、
出金拒否をされた分に関しては
税金を払う必要はないでしょう。

 

ただし、

・損益レポートの利益が残ったまま
・利益が出た状態で口座凍結
・出金拒否されても利益が20万を超える

といった場合は、
当然ながら税金を支払う必要があるので、
このあたりは注意しておきましょう。

 

というか、そもそも規約をちゃんと読んで、
出金拒否をされるようなトレードは
しないようにしましょう。

そうすれば、何の問題もなく、
出金はできますからね。

 

出金拒否の起こりにくい
安全な海外のFX業者はこちら。
オススメの海外FX業者!この業者は必ず使うべき!