海外FXを利用すると、

・ハイレバレッジ
・ボーナス
・追証なし

といったように、
FXでトレードをする上で
多くのメリットがあります。

 

それなのに、

「海外FXを使うと失敗しやすい」
「海外FXは危険」

なんてことがよく言われます。

 

では、なぜ海外FXを利用すると、
失敗しやすいと言われるのでしょうか?

今回はこの辺りについて
私の経験からお話ししていきます。

 

レバレッジを過剰に使ってしまう

海外FXを使う上で、
失敗しやすいと言われる一番の理由に、
ハイレバレッジがあります。

なぜなら、ハイレバレッジだと、
少ない資金から
大きなロット数でトレーができるので
一回の損失で全てを失う可能性があるからです。

 

ただし、確かにその通りですが、
実際はハイレバレッジ自体に
危険性があるのではなく、
ハイレバレッジを使って、
過剰なロット数で
トレードをする人が危険なのです。

 

「海外FXは失敗しやすい」

と言っている人は、
この辺りを少しはき違えています。

 

基本的に海外FXを使って失敗する人は、
自分の資金に対しての損失額を決めずに
“早く稼ぎたい”という気持ちが先行して
過剰なロット数でトレードをしています。

 

だから、1回の損失額が
自分の精神的許容範囲を超えるので、
損切りをできなくなってしまい、

・損切せずに塩漬け
・ナンピン
・リベンジトレードによるポジポジ病

といった、FXで失敗する為の行動を
引き起こしてしまうのです。

 

トレード方法が安定していない

「海外FXは失敗しやすい」

と豪語している人は
ほぼ確実にFXで結果が出ていない人です。

つまり、トレードが安定せずに
FXで勝てていない人になります。

 

こういう人は、
トレード方法が固まっておらず、
感情任せのトレードをしがちです。

だから、トレードに一貫性がないので、
当然ですが結果も出ません。

 

それなのに、海外FXを使って、
過剰なロット数でトレードをするので、
どんどん資金が減っていきます。

こうなると、損切り後に悔しくて
いつもの倍のロット数で
トレードをしたりして、
更に損失を拡大させていきます。

 

そして終いには、
雇用統計など大きく動く指標で
最大ロット数でエントリーをして、
ギャンブルトレードに走り、
見事にすべてを失うのです。

 

こういう人は、海外FXであろうと、
国内FXであろうと、
どんな場所でトレードをしても
安定した結果は出ません。

こんな状態で海外FXの
ハイレバレッジを使っていたら、
そりゃあ失敗するに決まっています。

 

ナンピンをする癖が付いている

1回のトレードに対して
執着してしまい損切りできずに
ナンピンをする癖が付いていると、
海外FXを使う場合は
失敗する可能性が高まります。

 

なぜなら、海外FXの場合、
ハイレバレッジなことに加えて、
強制ロスカットになる基準が低いです。

国内のFX業者だと、
証拠金維持率が100%を切った時点で
強制ロスカットになります。

一方で、海外のFX業者だと、
証拠金維持率が20~50%を切ったら
強制ロスカットになることが多いです。

 

ということは、海外のFX業者を使うと、
強制ロスカットになるまでの
許容値が広いので、
ナンピンできる回数が増えます。

 

FXに限らず、金融市場では、
大きく下げたり、上げたりすれば、
10中8,9は戻ってきます。

よって、ナンピンをしていれば、
その内レートが反発してきて
助かる事も多いです。

 

ただし最後は、
必ずといっていいほど、
1発の大きな下げや上げで
全てを持っていかれます。

しかも、海外のFX業者の場合、
強制ロスカットの許容範囲が広い分、
実際にロスカットになった時は
資金を根こそぎ持っていかれます。

 

例えば、国内のFX業者であれば、
必要証拠金が5万の場合、
強制ロスカットは
5万になった時点で発動されます。

だから、約5万円は残ります。

 

しかし、海外のFX業者を使って、
その業者で証拠金維持率が
“20%でロスカット”
という設定だったら、
残金が1万円になった時点で
強制ロスカットが発動されます。

つまり、約1万しか残らないわけです。

 

その為、
ナンピンをする癖が付いている場合は、
海外FXで失敗する可能性が高いです。

まぁ、そもそもナンピンをする時点で
海外FXに関係なく、
トレード自体失敗しやすいんですけどね。

 

FX業者によって失敗する可能性もある

海外FXを利用して失敗する人は
ほとんどがトレーダー自身によるものです。

だから、”海外FXは失敗しやすい”
とは言い切れません。

 

ただ、使う海外のFX業者によっては、
失敗する可能性もあります。

では、どんなFX業者を使うと
失敗しやすくなるのでしょうか?

 

それが、マイナーな
海外のFX業者を使う場合になります。

一体その理由はなぜでしょうか?

 

システムが弱い

マイナーな海外のFX業者だと、
サーバーが弱いことが多く、

・約定が遅い
・そもそも約定しない
・レート配信が止まる

といったことが起きやすいです。

 

だから、
ちゃんと損切りを設定しておいたのに、
サーバーが止まってしまい、
その間に大きく下げたことで

“想定以上の損失をしてしまう”

ということがあります。

 

因みに、入金ボーナスが
200%を超えるようなFX業者だと、
システムが弱いことが多いです。

なぜなら、このような
大きなボーナスをつけるということは、
まだ顧客が少ない証拠です。

その為、サーバーなどの
システム整備が
整っていないことが多いので、
大きなボーナスを売りにしているような業者は
なるべく避けた方がいいでしょう。

 

サポートがずさん

海外のFX業者の場合、
国内のFX業者に比べると、
サポートの質はやはり劣ります。

マイナーな海外のFX業者を使うと、
そのサポートが更にずさんになります。

 

だから、問い合わせをしても、
返事が来るまでに1週間以上かかったり、
最悪返ってこない事もあります。

しかも、マイナーな海外のFX業者だと、
日本語サポートすらありません。

 

その為、やりとりは全て英語になるので、
意思疎通がうまくいかず、

・入金処理が遅れる
・出金ができない

といったトラブルが
起きる可能性が高くなります。

 

資金が少なく経営力が弱い

マイナーな海外のFX業者は
自己資金が少ないことが多いです。

だから、先ほどもお伝えしたように、
大きなボーナスで釣って、
顧客を増やそうとしてきます。

 

しかも、このようなFX業者だと、
大暴落が起きた時に、
顧客の注文をカバーしきれずに
業者自体が大損をすることがあります。

こうなると、資金力が少ないので、
簡単に倒産してしまい、
業者に預けた資金も
戻ってこない事が多いです。

 

マイナーな海外のFX業者を使うと、
このような余計なトラブルが起きやすいので、
海外FXで失敗する可能性もあります。

だから、海外FXをするのであれば、
大手の有名なFX業者を使いましょう。

 

大手の有名なFX業者で、
トラブルが少ない海外のFX業者はこちら。
オススメの海外FX業者!この業者は必ず使うべき!

 

*ここで紹介している業者を
私もメインで使っていますが、
出金拒否などのトラブルは
今のところ1回もないです。

 

海外FXは正しく使えばリスクが少ない

“海外FXは失敗しやすい”
なんてよく言われていますが、
実際は海外FXを使う人に
問題があることがほとんどです。

むしろ、海外FXの場合、
正しく使えばリスクは
国内のFX業者よりも少ないです。

 

ハイレバレッジにより資金が少なく済む

海外のFX業者を使うと、
レバレッジが高いことから、
少額の資金でトレードができます。

つまり、業者に預けておく、
拘束資金が少なくて済むのです。

 

これの何が安全かというと、
例えば、スイスフランショックのような
突然の大暴落が起きた場合、
損切りを設定しておいたとしても、
レートが跳んでしまい、
設定どおりに損切りされません。

その為、-1万円で済むところが、
-100万になることもあります。

実際にスイスフランショックでは、
このようなことが起きました。

 

こうなると、FX業者に預けておいた
資金が全て吹き飛ぶことになります。

 

国内のFX業者の場合、
レバレッジが25倍しかないので、
5万通貨でトレードをする場合、
30~50万の資金は必要になります。

一方で海外のFX業者なら、
レバレッジが500倍以上あるので、
資金は5~10万あれば可能です。

 

ということは、
仮に大暴落によって
資金が全て吹き飛んだとしても、
国内のFX業者を使う場合よりも
失う資金が少なく済みますよね。

 

ゼロカットによって借金を背負わずに済む

ほとんどの海外のFX業者では、
ゼロカットというシステムがあります。

 

このシステムは、
万が一大暴落などによって、
資金以上の損失を出した場合、
マイナス分を補てんしてくれます。

つまり、FX業者に対する
借金をチャラにしてくれるのです。

 

これが国内のFX業者だと、
ゼロカットがなく追証が発生するので、
マイナス分は借金になり、
完済する義務が生じます。

 

実際にスイスフランショックでは、
スイスフラン系の通貨の大暴落により、
数百万~数千万の借金を
背負った人が続出しました。

しかし、
海外のFX業者を使っていた人達は
ゼロカットによって、
この借金を免れたのです。

 

このように、海外のFX業者では、
トレードをする上でのメリットが多いので、
正しく使ってあげれば、
逆に失敗しにくいのです。

 

まとめ

今回は、海外FXが失敗しやすい
本当の理由をお伝えしてきました。

 

再度、失敗しやすい理由をまとめると、

・過剰なロットでトレードをする
・トレード方法が固定されていない
・ナンピンなどの悪い癖がついてる

といったように、
海外のFX業者のせいではなく、
使う側に問題があることがほとんどです。

 

ただし、マイナーな
海外のFX業者を使ってしまうと、

・システムが脆弱
・サポートがずさん
・経営力が弱い

といったことによって、
失敗する事もあり得るので、
海外FXを利用するなら、
大手の有名な業者を使うのが良いでしょう。

 

そんな、大手で人気のある
海外のFX業者はこちら。
オススメの海外FX業者!この業者は必ず使うべき!

 

*ここで紹介している業者を
私もメインで使っていますが、
出金拒否などのトラブルは
今のところ1回もないです。