海外FXでは、
ハイレバレッジや追証がないので、
トレードをする上でのメリットが
国内のFX業者よりも多くあります。

しかし、海外FXの場合、
スリッページはどうなのでしょうか?

 

仮にスリッページがひどければ、
その分、不利なレートで約定するので、
ハイレバレッジなどのメリットがあっても、
トレードにストレスが出やすくなります。

そこで今回は、
海外FXのスリッページはどうなのか?
といったことを私の経験から
お伝えしていきます。

 

実は海外FXはスリッページが少なく約定力が高い

海外FXと聞くと、
スリッページがひどくて
約定力が低いイメージがあると思います。

確かに昔の海外のFX業者は、
サーバーが弱かったり、
呑み行為をしていたので、
スリッページがひどくて、
約定が遅い事が多かったです。

 

ですが、今の海外のFX業者では、
スリッページがほとんどなく、
約定力が高くなっています。

その主な理由に、
注文の透明性が関係しています。

 

海外FXはNDD方式が主流

海外FXのスリッページが少なく、
約定力が高い理由に、
NDD方式である事が関係しています。

NDD方式とは、
ノンディーリングデスクといって、
顧客から受けた注文を
すぐにFX市場へ流す事です。

 

今では海外のFX業者も、
このNDD方式が主流になっています。

その為、
注文後のタイムラグが起きにくいので、
スリッページが少なく、
約定力も高くなっています。

 

国内のFX業者はDD方式

国内のFX業者なら、
“スリッページがなくて約定力が高い”
と思われがちですが、
実はそんなことはありません。

 

なぜなら、国内のFX業者では、
DD方式、つまり、
ディーリングデスク方式だからです。

 

このDD方式は、
顧客から注文を受けた後、
直接FX市場に注文を流すのではなく、
カバー先の銀行や証券会社へ
注文を流します。

そして、
そのカバー先の銀行や証券会社が
FX市場へ注文を流すようになっています。

 

その為、海外のFX業者に比べて、
注文に遅れが出やすくなるので、
スリッページが発生しやすくなります。

ただし、その分、
スプレッドが低くなっているのが、
国内FXの特徴となっています。

 

海外FXと国内FXでは、
注文にこのような違いがあるので、
実は海外FXの方が
スリッページが少なく約定力が高いのです。

 

国内のFX業者は不利なレートで約定させる??

国内のFX業者の場合、
DD方式の注文方法なので、
スリッページが起こりやすく、
約定力が低い場合があります。

 

更に国内のFX業者は
相対取引(あいたいとりひき)といって、
トレーダーの注文に対して、
逆の注文をFX市場に出して
“利益を出している”といわれています。

 

例えば、わかりやすく説明すると、
あなたが買い注文を出したら、
その注文をFX市場へ流さずに、
業者の中で注文を約定させます。

そして、この時にFX業者側は、
FX市場へ反対の売り注文を出します。

 

ここでもし、あなたが損切りをした場合、
買い注文の売戻をすることになりますよね。

この時にFX業者側は、
売り注文の買戻しをすることになります。

ということは、
あなたの損失はFX業者側の利益になります。

 

逆に言えば、あなたの利食いは、
FX業者側の損失になります。

だから、顧客の注文を
わざとスリッページを発生させて、
“不利なレート約定をさせている”
なんて噂もあります。
(あくまでも噂です)

 

このように、国内のFX業者では、
スプレッドが狭い分、
スリッページが起きやすく、
約定が遅れたりすることがあります。

 

実際に私も税金の関係で、
海外のFX業者から、
国内のFX業者に変えたら、

「こんなに約定遅かったっけ!?」

というくらい約定が遅くて
すごくびっくりした経験があります。

 

今でも、海外FXと国内FXを
メインとサブで分けて使っているのですが、
「海外FXの約定はやいなー」
って思いますからね。

 

海外FXでもスリッページが発生しやすい場合は?

海外のFX業者を使っていも、
スリッページが発生しやすい場合があります。

それは、レートが激しく動いている時です

 

例えば、雇用統計などの
大きく動く指標発表や、
急な要人発言などで
レートが激しく動く場合がありますよね。

このような時には、
秒単位でレートが変わるので、
いくら海外のFX業者でも、
スリッページが発生しやすくなります。

 

因みに、
このような時に国内のFX業者を使うと、
注文ボタンを押してから、
3秒ぐらいかかってやっと約定するので、
かなりひどい有り様です。

3秒ってかなり致命的ですからね。
話になりません。

 

海外FXで特に約定力が高い業者は?

私が実際に海外のFX業者を使ってみて、
スリッページが少なくて
約定が高いと感じるのは、

・Gemforex
・XM

この2つのFX業者になります。

 

Gemforex(ゲムフォレックス)

Gemforexは、
香港にある海外のFX業者で、
レバレッジが1,000倍の業者です。

 

このFX業者は、私個人としては、
海外のFX業者の中で
一番スリッページが少なくて、
約定スピードが速いと感じる業者です。

 

この業者は指標や要人発言で
レートが大きく動いても、
スプレッドがあまり広がらないし、
注文ボタンを押したらすぐに約定します。

私の中ではスリッページが起きて
約定が遅れた記憶がありません。

 

このFX業者を使った後に、
国内のFX業者を使うと、

「約定遅すぎ・・・」

と感じるくらい早いです。

 

だから、約定力を一番重視するなら、
Gemforexがオススメです。

 

XM

XMといえば、
今や“海外FX人気No.1”
といってもいいくらい有名な
海外のFX業者ですよね。

 

XMもレバレッジが888倍もあるので、
小資金からトレードができて、
使い勝手の良い海外のFX業者です。

 

このXMもスリッページが少なくて、
約定力が高いです。

私の記憶によると、
XMでもスリッページを
経験したことはないと思います。

 

ただ、XMを使ってから
Gemforexを使ってみたら、

「Gemforex約定早いなー」

と感じたので、
約定の早さで言えば、
Gemforexの方が感覚的に早いです。

 

それでも、XMの場合、
日本人に人気なだけあって、
出金などのサポートが
とにかくしっかりしているので、
安心感が高いのが良いんですよね。

だから、私はXMをメインで
Gemforexをサブにして使っています。

 

レバレッジが高いほど約定力は重要!

上記ではスリッページが少なく、
約定力の高い海外のFX業者を
紹介しました。

海外FXの場合、
レバレッジ規制がないので、
ロット数を上げてトレードすることができます。

 

ただ、ロット数を上げるほど、
スリッページによる約定遅延が起きると、
損失もその分大きくなります。

だから、レバレッジが高いほど、
約定力は重要になってきます。

 

いくら海外FXの約定力が高いとはいえ、
中にはシステムがまだ脆弱で、
スリッページが起きやすい業者もあります。

その為、海外FXを利用する際は、
業者選びというのは実はすごく重要です。

 

まとめ

今回は、海外FXを利用する場合、
スリッページがひどくて約定力が遅い?
ということについてお伝えしてきました。

 

昔は確かに海外のFX業者は、
システムがずさんで、
やりたい放題だったので、
スリッページがよく発生して
約定力も悪かったです。

 

ですが、今では、
NDD方式が主流になっているので、
むしろ海外FXの方が、
スリッページは少なく、
約定力は高いと感じています。

ただし、中には、
まだ約定力が弱い
海外のFX業者もあるので、
海外FXを使おうと考えているなら、
有名なFX業者が良いと思います。

 

私個人としては、先ほど紹介した、

・Gemforex
・XM

この2つの業者がオススメです。

 

 

 

これらのFX業者について、
もう少し詳しく知りたい場合はコチラ