海外FX業者を使うと、

・ハイレバレッジ
・ボーナス
・ゼロカット

といった特典がありますが、
スプレッドってどうなのでしょうか?

 

国内のFX業者だと、
ドル円が0.3pipsなど、
スプレッドがとにかく狭いですよね。

そこで今回は、
海外のFX業者における、
スプレッドについてお伝えしていきます。

 

海外FXはスプレッドは広め

海外のFX業者の場合、
日本国内のFX業者に比べると
スプレッドは広めです。

 

スプレッドが一番狭いドル円や
ユーロドルであっても、
1.2~1.7pipsぐらいのスプレッドです。

 

例えば、海外のFX業者で
日本人に一番人気のXMだと、

・ドル円:1.7
・ユーロドル:1.6
・ユーロ円:2.6
・ポンドドル:2.5
・ポンド円:3.8
・オージードル:2.1
・オージー円:3.0
・ニュージードル:3.4
・ニュージー円:5.1
・ドルカナ:2.2
・カナダ円:3.6
・ドルスイ:2.5

といった感じです。

 

だから、スキャルピングなど、
短期売買をする場合は、
海外のFX業者は向かないでしょう。

逆にデイトレード以上であれば、
特にスプレッドの影響はないので、
海外のFX業者を使うなら、
デイトレで使うのが一番です

 

スプレッドがゼロになる口座タイプが存在する!?

海外のFX業者では、
日本国内のFX業者に比べると、
スプレッドは広めです。

 

ただ、海外のFX業者でも、
スプレッドがゼロになる口座があります。

 

例えば、XMにも、Zero口座という
最小スプレッドがゼロになる口座があります。

 

この口座を使うと、
特に欧米時間などの
流動性が高い市場では
スプレッドがゼロになることが多いです。

流動性が低いアジア市場であっても、
0.1pipsとかのスプレッドが普通です。

こんな感じで↓↓

 

・ドル円:0.1
・ユーロドル:0.1
・ユーロ円:0.7
・ポンドドル:0.8
・ポンド円:1.3
・オージードル:0.3
・オージー円:0.6
・ニュージードル:0.9
・ニュージー円:1.4
・ドルカナ:0.8
・カナダ円:1.0
・ドルスイ:0.5

といった感じですかね。

 

ポンド円やニュージー円に関しては、
スプレッドが1を超えますが、
それでも十分狭いですよね。

 

しかし、
このような口座タイプの場合、
取引手数料が必ず掛かります。

大体片道0.5pipsぐらいなので、
往復で約1pips分は取られます。

 

そうなると、スプレッドゼロに
+1pip分のスプレッドが加わるので、
実際は、

・ドル円:1.1
・ユーロドル:1.1
・ユーロ円:1.7
・ポンドドル:1.8
・ポンド円:2.3
・オージードル:1.3
・オージー円:1.6
・ニュージードル:1.9
・ニュージー円:2.4
・ドルカナ:1.8
・カナダ円:2.0
・ドルスイ:1.5

といった感じになります。

 

それでも、スプレッドはまだ狭いので、
短期売買もできなくはないですよね。

それに、海外FXの場合、
ハイレバレッジや入金ボーナスもあるので、
スプレッドが多少広くても
それを補って有り余るほどのメリットがあります

 

因みに、このような口座タイプは、
海外のFX業者では
呼び名は違えど大体存在します。

 

海外FXは使う価値あり?

FXではスプレッドがけっこう重要視されるので、
“スプレッドが広い海外のFX業者は使いにくい”
なんて言われることがあります。

 

確かに、スキャルピングなどの
超短期売買をする場合は、
スプレッドが重要になるので不向きでしょう。

ただ、デイトレードであれば、
スプレッドは重要ではないので、
ほとんど影響はないでしょう。

 

むしろ、海外のFX業者を使うと、

・ハイレバレッジ
・追証なし
・ボーナス

といったメリットがあって、
小資金からトレードができるので、
リスクの面から考えると
国内のFX業者より使う価値があると思います。

 

そんな海外のFX業者を使うなら、
コチラの記事
オススメの海外FX業者を紹介しています。