海外FXを使うとなると、
もっとも心配なのが、

・入金はちゃんとできるのか?
・出金はちゃんとできるのか?

といった事だと思います。

 

特に海外のFX業者へ、
銀行送金や出金をする場合、
相手は外国なので、
「トラブルが起きやすいのでは?」
なんて心配になりますよね。

 

そこで今回は、
ネット銀行で海外FXを利用する場合、

・送金方法はどうなっているのか?
・手数料はどうなっているのか?
・出金はどうなっているのか?

といったことを調べてみました。

 

海外送金をする際の手数料

海外送金をする際に
一番気になるのが手数料だと思います。

しかも、海外送金の場合、
普通の振込みとは違い、
色んな手続きがあるので、
色々と手数料が掛かることがあります。

 

因みに、海外送金時の手数料には、

・送金手数料
・円貨送金手数料
・中継銀行手数料
・受け取り銀行手数料

といった手数料が掛かります。

 

送金手数料

これは1取引に対する手数料です。

どの銀行でもこの手数料は
必ず取ってきます。

手数料の取り方は、
一律の場合もあれば、
金額によって変動する場合があります。

 

円貨送金手数料

これは日本円を海外へ送金する際に
必要となる手数料で、
リフティングチャージなんて呼ばれています。

 

海外中継銀行手数料

日本から海外へ送金する際には、
直接海外のFX業者へ
資金が届くのではなく、
別の銀行を中継する場合があります。

その為、中継手数料が必要になり、
この金額は銀行によって違います。

 

受け取り銀行手数料

海外送金では、
受け取り銀行によって
手数料が発生する場合があります。

 

ただ、私の経験上、
今の海外のFX業者では、
受取手数料を取ることが少ないです。

特に大手の海外のFX業者だと、
ほとんどが受け取り手数料は無料です。

 

大体、この4つが海外送金時に
掛かる手数料になります。

ただし、
これらは銀行によって変わるので、
取られらない手数料もあります。

 

主要なネット銀行の送金手数料は?

上記では海外送金をする際に
必要な手数料についてお伝えしました。

そこで次に、主要なネット銀行での
送金手数料はいくらなのかを
簡単に調べてみました。

 

因みに、今回紹介するネット銀行は、

・楽天銀行
・セブン銀行
・ソニー銀行

この3つの銀行になります。
(これら3つが最も主流なので)

 

楽天銀行

まずはネット銀行でもっとも有名な
楽天銀行で海外FXを使う場合について
調べてみました。

 

楽天銀行の場合、
海外送金の取り扱いがあるので、
海外のFX業者に対しても
送金ができます。

そして、送金する際の手数料は、
以下のようになっています。

送金手数料 750円
円貨送金手数料 3,000円
海外中継銀行手数料 1,000円+中継銀行による
受取手数料 受取先による

 

上記の手数料体系をみると、
楽天銀行で海外送金をする際は、
最低でも4,750円の手数料が必要になります。

楽天銀行の海外送金についての
詳細ページはコチラ

 

セブン銀行

次にセブン銀行ですが、
この銀行も海外送金を取り扱っています。

しかもセブン銀行の場合、
海外送金の手数料は
送金する金額によって、
以下のように変わります。

 

送金金額 手数料
1~10,000円 990円
10,001~50,000円 1,500円
50,001~100,000円 2,000円
100,001~250,000円 3,000円
250,001~500,000円 5,000円
500,001~1,000,000円 6,500円

 

といった感じになっています。

その他の中継手数料等は
取られないようです。

セブン銀行の海外送金についての
詳細ページはコチラ

 

セブン銀行はFXでの送金がNGの場合もある

セブン銀行の海外送金概要を見ると、
送金目的の蘭に、

 

「外国為替及び外国貿易法」によって
事前の許認可、承認、届出、
登録等を要する等、送金に際し
当社がその完了の確認を
行うべき制限を課される送金は一切お取扱いしません。

 

と書いてあります。

 

その為、場合によっては、
FXに使う為の資金を
送金できないこともあります。

これを見ると、
セブン銀行での海外送金は
使わない方が良さそうですね。

 

ソニー銀行

最後にソニー銀行ですが、
この銀行も海外送金に対応しています。

 

ソニー銀行の場合、
海外送金を使った際の手数料は
以下のようになっています。

送金手数料 3,000円/回
中継銀行手数料 銀行により異なる
受取銀行手数料 0~3,000円

 

その為、ソニー銀行で
海外送金をする際の手数料は
3,000円~ということになります。

ソニー銀行の海外送金ついての
詳細ページはコチラ

 

以上が最も主流なネット銀行の
海外送金の手数料になります。

どの銀行も、最低でも3,000円ぐらいは
手数料が必要になるみたいなので、
やっぱり高いですよね。

 

海外FX業者への銀行送金は実は安く済む?

上記では主要なネット銀行の
海外送金時の手数料について
お伝えしてきました。

海外送金となると、
手数料が数千円必要になるので、
高くてためらいますよね。

 

しかし実は、今の海外FX業者の場合、
銀行送金の手数料は
海外送金よりも安く済むことが多いです。

なぜなら、今の海外FX業者では、
銀行送金の送り先が
日本国内の銀行になってる事が多いからです。

 

例えば、XMの場合、
銀行送金をする際の送り先は、
りそな銀行となっています。

 

更に、Gemforexの場合は、
送り先が三井住友銀行となっています。

 

ということは、送金時の手数料は、
国内送金の手数料と同じになるので、
0円~700円程度で済むのです。

これであれば、
海外送金を使う必要もないので、
物凄く安い手数料で便利ですよね。

 

しかも、受取手数料も、
海外のFX業者が負担する場合が多いので、
本当にこの手数料だけで
入金ができるようになっています。

昔はこんなのはなくて、
ガチの海外送金が必要だったので、
このことを思い返すと、
銀行送金も便利になりましたね。

 

出金する際の手数料は?

海外から自分の銀行へ送金してもらう場合、

・出金手数料
・受け取り手数料

この2つが基本的に必要になります。

 

出金手数料

これは出金する側、
つまり海外のFX業者側から
取られる手数料となります。

ただ、この手数料は
必ず取られるわけではなく、
FX業者によって違います。

 

例えば、海外FXで有名なXMだと
1万円超える出金額であれば、
手数料は無料です。

一方で、レバレッジ1,000倍で有名な
Gemforexだと、
月1回までは出金手数料が無料で、
2回目以降は出金手数料が必要です。

 

このように、出金手数料に関しては、
FX業者によって違うので、
そこは確認しておいた方が良いでしょう。

 

受け取り手数料

受け取り手数料は、
あなたが使う銀行が取る手数料です。

海外からお金を受け取る際は、
色々と手続きが必要らしく、
その際に手数料が取られます。

そして、この受取手数料も、
銀行によって違います。

 

主要なネット銀行の受け取り手数料は?

では送金時と同じように、

・楽天銀行
・セブン銀行
・ソニー銀行

この3つの銀行の
受取手数料を見てみましょう。

 

楽天銀行

楽天銀行の場合は、
受け取り手数料が2,450円となっています。

更にこれに加えて、
中継銀行で手数料が掛かることもあります。

 

セブン銀行

セブン銀行の場合、
受け取り手数料はないようです。

 

ソニー銀行

ソニー銀行の場合、
受け取り手数料はないようです。

ただし、中継銀行で
手数料が掛かる場合があります。

 

このような感じで、
主要なネット銀行では、
受け取り手数料が掛かる場合と、
そうでない場合があるようです。

ただ、中継銀行で手数料が掛かると、
数千円は取られることが多いので、
出金手数料は覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

海外FXでの入出金はビットウォレットが一番!

ここまで、海外FXを利用する際の
ネット銀行の海外送金について
アレコレとお伝えしてきました。

 

銀行を利用すると、
やっぱり何かしらの手数料が必要で、
しかも数千円掛かるが多いので、
個人的にはあまりオススメしません。

着金するまでに
一週間ぐらい掛かりますしね。

 

そこで海外FXでの入出金にオススメなのが
ビットウォレットになります。

 

これはビットコインや
現金を管理しておくような場所で、
海外FXを利用する際に
めちゃくちゃ便利です。

 

しかも、ビットウォレットだと、
FX業者の出金処理も早いので
1~2営業日で着金されます。

入金の場合は即時反映ですし。

 

更に、これが最高なのが、
手数料が安く済むことです。

 

ビットウォレットの場合、
入金手数料は、

・クレジットカード:入金額の4~5%
・銀行送金:入金額の0.5%
(キャンペーンで無料の場合あり)
・各種ウォレット:無料
・各種仮想通貨:無料

となっています。

 

また出金手数料は、

・銀行口座振(国内):824円
・銀行口座(海外):4,800円
・各種仮想通貨:通貨による

となっています。

 

特に国内の銀行口座へは
824円しか掛からないので、
ネット銀行の受け取り手数料と比べると
かなり安く済みます。

私も実際に海外のFX業者から
ビットウォレットへ出金して、
そこから50万ほど
国内の銀行口座へ出金したのですが、
本当に824円だけの手数料でしたから。

 

しかも、出金申請後、
3営業日ぐらいで振り込まれていたので、
本当に便利です。

だから、海外FXで入出金をするなら、
個人的にはビットウォレットが
一番オススメです。

ビットウォレットの
口座開設をする場合はコチラ

 

まとめ

今回は、海外FXでネット銀行を使う際の
手数料についてお伝えしてきました。

 

やはり銀行で海外送金を使うと、
入金、出金共に、
数千円の手数料が必要になるので、
どうしても資金が目減りしてしまいます。

だから、銀行での海外送金はせずに、
ビットウォレットを使う方が安く済むので、
こっちの方が個人的にはオススメです。

 

因みに、海外のFX業者によっても
手数料が掛かる場合があるので、
そこも注意する必要があります。

手数料がほとんど掛からない
オススメの海外FX業者はコチラ