海外FXを使うと、
追証なし“という
奇跡のシステムがあります。

通称ゼロカットというシステムです。

 

しかしながら、なぜ海外FXだと、
追証がないのか疑問に思いません?

追証って要するに、
FX業者に対する借金になるので、
追証を払わなければ、
業者側がこれを負担して
損をするはずなのに不思議ですよね。

 

海外FXが追証なしにできる理由とは?

海外のほとんどのFX業者では、
追証なしの場合が多いのですが、
なぜ追証なしが可能なのでしょうか?

 

それは主に、
“FX業者の注文方式による”
と言われています。

 

海外のFX業者では、
a-bookといって、
顧客から来た注文を
直接インターバンクへ流して
約定させています。

よく聞く言葉で表現すると、
NDD(ノンディーリングデスク)方式です。

だから、注文に透明性があるので、
変に操作されたりすることが
基本的にはありません。

しかし、こうなると、
利益はどこで出しているのか?
ということになるのですが、
海外のFX業者の場合、
スプレッドで利益を出しています。

 

その為、海外のFX業者を
実際に使うとわかると思いますが、
国内のFX業者に比べて
スプレッドが広くなっています。

その代わりに、
仮に大暴落が起きて、
顧客の残高がマイナスになっても、
FX業者側の損はないので、
“追証をなしにすることができる”
と言われています。

 

が、しかし!

 

そうはいっても、
実際のところはマイナス分に関しては
海外のFX業者が補填しているので、
業者側が損をしている事は確かです。

 

しかしながら、海外のFX業者だと、
資本金が国内のFX業者に比べて、
桁違いに多いです

 

例えば、海外のFX業者で
人気No.1のXMの場合、
資本金が約360億となっています。

一方で国内のFX業者の場合、
資本金は多くて40億ちょいで、
ほとんどが1億ちょいです。

 

だから、スプレッドから
手数料を取っている分、
そこである程度の損失を
カバーできる事に加えて、
潤沢な資金によっても、
顧客の損失をカバーできるのです。

 

国内のFX業者にはなぜ追証がある?

海外のFX業者では追証がなしなのに、
国内のFX業者だと、
なぜ追証があるのでしょうか?

 

それは国内のFX業者では、
注文方式が海外のFX業者と違うからです。

 

国内のFX業者では、b-bookといって、
顧客からの注文を、
基本的に業者内でさばいています。

いわゆる、
DD(ディーリングデスク)方式です。

 

これは簡単に仕組みを説明すると、
顧客が買い注文を出した場合、
FX業者側は
インターバンクへ注文を流さずに、
自社で反対売買をして、
注文を約定させている感じです。

 

要するに競馬のノミ行為と同じです。

競馬場ではノミ屋というのがいます。

 

これは、

「あなたの代わりに
馬券を買ってきてあげますよ」

といって、人からお金をもらって、
馬券を買わずに
自分の懐にしまう人のことです。

 

これによって、
お金をもらった人の予想が外れると、
ノミ屋が丸儲けになりますが、
予想が当たると
自腹で配当金を払う必要があるので、
損をする事になります。

しかし、馬券の的中率なんて
たかが知れているので、
ノミ屋が儲かる仕組みになっています。

 

国内のFX業者もこれと同じで、
自社で売買を完結させることで、

顧客の損⇒FX業者の利益
顧客の利益⇒FX業者の損失

となります。

 

ご存知のように、FXの世界では、
95%が負け組と言われています。

その為、国内のFX業者からしたら、
ノミ行為をすれば大儲けなのです。

だから、顧客を多く獲得する為に、
スプレッドを狭くしているのです。

 

が、しかし!

 

万が一、大暴落などによって、
顧客の損失が大きくなり、
残高がマイナスになってしまうと、
それを補填した場合、
今までの利益が全て吹き飛びます。

こうなってしまうと、
業者が倒産することになります。

 

しかも、国内のFX業者の場合、
海外のFX業者に比べて
資本金が少ない上に、
スプレッドも狭いですよね。

ということは、
スプレッドからの利益なんて
ほぼ無いに等しいので、
追証をなしにしたとしても、
補填なんてできるわけないのです。

 

そもそも日本では損失の補填が禁止されている

実は日本国内では、
証券取引法という法律の中で、
損失の補填が禁止されています。

だから、補填をしたくても
できないというのが現状なので、
追証があるとも言えます。

 

追証なしが取引増加を助長する

海外FXの場合、
追証なしの業者がほとんどです。

その為、この制度に乗じて、
取引の増加を助長しています。

 

更にこれに加えて、
海外のFX業者では、
ハイレバレッジが使えますよね。

ということは、
少額の資金からでもトレードができるので、
取引をする人が増えます。

そしてこれによって、
スプレッドの手数料が多く入ってくるので、
海外のFX業者は更に潤います。

 

つまり追証なしによって、
顧客はトレードがしやすくなるし、
業者側は利益が出やすくなるので、
実は合理的な仕組みなのです。

 

ただし追証なしにも注意点がある

海外のFX業者では、
追証なしがほとんどなので、
万が一のことがあっても
損失を補填してくれます。

ただし、この追証なしにも
注意点があって、それが、
ゼロカットを故意に
利用したトレードをすると、
利益が取り消される点です。

 

例えば、雇用統計など、
大きく動く指標で、
追証がないからといって、
ハイレバレッジで
ギャンブルトレードをする人がいます。

これをやって損をした場合、
トレーダーの損失は資金分だけですが、
FX業者側からすると、
損失を補填することになるので、
少なからず損をする事になります。

 

その為、指標トレードなど、
ゼロカットを利用した
トレードを繰り返すと
利益を取り消されたり、
出金拒否をされることがあります。

これは規約にも書いてあるので、
一度読んでおくといいでしょう。

 

追証なしのオススメの海外のFX業者は?

海外のFX業者では、
ほとんどが追証なしですが、
その中でも特におススメなのが
XMになります。

 

なぜなら、XMの場合、
他の海外のFX業者に比べて、
圧倒的な資金力があるからです。

 

例えば、海外のFX業者の
資本金を調べてみたところ、
以下のようになっていました。

XM 約360億円
iForex 約15億円
Land FX 未公開
FXDD 未公開

 

上記の資本金の額を見ると、
XMが圧倒的ですよね。

国内のFX業者だと、
平均して1億円前後です。

もっとも資本金が多い
GMOで40億弱ですからね。

 

このことを考えても、
XMの資本力はずば抜けているので、
ちょっとやそっとでは、
そう簡単に潰れないことがわかります。

 

実際に、
2015年のスイスショックの時は、
英国大手のFX業者である、
アルパリという業者が
損失を負担できずに破綻しました。

でも、XMの場合は、
ホームページ上で、
以下の声明文が掲載されています。

 

要するに、

「うちはお金あるし、
大した影響は受けてないよ」

といったことでしょう。

 

このような声明文が
公式に出ることからも、
XMの経営基盤は
しっかりしている証拠なので、
追証なしの海外FX業者を使うなら、
XMが一番安心でしょう。

 

 

まとめ

今回は、海外FXでは、
なぜ追証なしなのか?
といった事をお伝えしてきました。

 

その主な理由は、
注文方式が大きく関係しています。

海外のFX業者は
“スプレッドが広いから使い勝手が悪い”
なんて言われることがあります。

 

しかし、これにはちゃんと理由があって、
万が一、トレーダーが借金を抱えても、
それを補填する為だったりします。

このことを考えると、
海外のFX業者というのは、
逆に使い勝手が良い業者になりますよね。

 

その海外のFX業者の中でも、
特に安心なのが、
資本力が圧倒的なXMなので、
追証なしの海外FXを
利用しようと考えているなら、
XMが一番オススメです。