海外のFX業者の基準に、

・a-book
・b-book

というのがあります。

 

そして、今現在の海外FX業者では、
a-bookが圧倒的主流です。

逆に国内のFX業者は、
ほぼ確実にb-bookとなっています。

では、このa-bookとb-book、
いったいどう違うのでしょうか?

 

a-bookの特徴

a-bookというのは、
顧客から受けた注文を
そのままインターバンクへ流す
透明性が高いスタイルです。

 

そして、a-bookのFX業者は、
スプレッドで儲けを出しています。

海外のFX業者では、
このa-bookが主流なので、
国内のFX業者に比べると、
スプレッドが少し広いです

 

大体主要通貨だと、

・ドル円:1.2~
・ユーロドル:1.2~
・ポンドドル:2.0~
・ユーロ円:1.5~
・ポンド円:2.5~

といった感じなので、
海外のFX業者では
スキャルピングなどは向かず、
デイトレードに使うのがベストです。

 

ただしその分、
昔の海外のFX業者でよくあった、
レート操作などが起きません。

もちろん、基本的に約定拒否もないので、
とにかく適切なレートでトレードができます。

 

b-bookの特徴

b-bookというのは、
a-bookとは逆で、
顧客から受けた注文を
インターバンクへ流さずに
FX業者側でさばきます。

 

例えば、あなたが
10万通貨の売りを出した場合、
FX業者側は、
10万通貨分の買いをすることで、
あなたの注文を相殺しています。

良くいう、カバー取引ってやつです。

 

だから、あなたが利食いをすれば、
それがFX業者側の利益になるし、
損切りをすれば損失になります。

b-bookのFX業者は、
このように利益を出しています。

 

ということは、
インターバンクへ流すための
手数料が必要ないので、
その分、スプレッドを狭くできます

国内のFX業者は、
ほぼ全てがb-bookなので、
スプレッドが0.3などと
異常に低いレートで提供できるのです。

 

ただしその分、
大きなロット数でエントリーをすると、
注文がさばききれないので、
約定拒否が起きることがあります。
(今はロット数に制限があります)

 

更に、
顧客の利益はFX業者の損失になるので、
仮にあなたが利益を出しまくると、
何の理由もなしにある日突然、
口座凍結が起きる事もあります。

また、勝てる大口のトレーダーに対しては、
注文がさばききれない上に、
利益も持っていかれるので、
わざとスプレッドを広げてきたりもします。

だから、国内のFX業者を使うと、
勝てるようになってから
色々と苦労する事が多くなります。

 

a-bookでもスプレッドが狭い場合がある

a-bookのFX業者の場合、
利益はスプレッドから得ているので、
スプレッドが少し広い傾向にあります。

ただ、そんなa-bookの業者でも、
スプレッドがゼロになるような
口座タイプが存在します。

 

例えば、海外のFX業者で有名な
XMにそのような口座タイプがあります。

 

この口座タイプは”ECN方式”
なんて呼ばれていて、
透明性の高いトレードができる上に
スプレッドもゼロ近くまで狭くなります。

 

しかし、このような場合、
スプレッドをゼロにしてしまうと、
業者側の利益もゼロになってしまうので、
手数料が約1pip分取られます。

まぁ、それでも、
ドル円などの主要通貨では
1pipのスプレッドになるので、
国内のFX業者と大差がなくなる上に
透明性が高いので、
実は使い勝手が凄く良いんですけどね。

 

また、今の海外FX業者は
スタンダード口座でも、
スプレッドが狭くなってきているので、
かなり使いやすくなっています。

もし、スタンダード口座の
スプレッドについて、
詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
海外FX業者のスプレッドを比較!ベストな業者はどこ?

 

海外FXなら実質スプレッドを狭くすることもできる

海外FXを利用する場合、
スプレッドが広いのが
気になりますよね。

でも実は、
海外FXを使っても
実質スプレッドを
狭くする方法があるのです。

 

それが、
キャッシュバックサイトを使うことです。

 

キャッシュバックサイトは、
そのサイト経由で海外のFX業者に
口座開設をしてトレードをすると
いくらかキックバックしてくれます。

その為、実質のスプレッドを
狭くすることができます。

 

しかも、キックバック分は
リアルマネーとして出金できるので、
そこも嬉しい点ではあります。

もし、キャッシュバックサイトについて
更に詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
海外FXでの実質スプレッドを最小にする方法とは?

 

a-bookとb-bookはどっちが良いのか?

これに関しては、
完全にその人次第になります。

例えば、スキャルピングなど、
短期のトレードをする場合は
スプレッドが重要なので、
b-bookが良いでしょう。

その分、大ロットでエントリーしたり、
勝ちすぎたりすると、
スプレッドが広がったり、
口座凍結させられることもありますが。

 

逆にデイトレードをする場合は、
スプレッドはそこまで影響しないので、
a-bookでも十分でしょう。

 

しかも、今の海外のFX業者では、

・ハイレバレッジ
・ボーナス
・追証なし

といったメリットがあって、
少額の資金からトレードができるので、
リスクを抑えることができます。

 

このようにどちらも一長一短あるので、
あなたのトレードスタイルや、
資金に合わせて使い分けるのが良いでしょう。

 

私個人としては、
“FXではリスクを抑えることが一番”
と考えているので、
レバレッジが高くて
少額の資金からトレードができる
海外のFX業者がオススメです。

しかも、ボーナスを利用すれば、
更に少額の資金からできるだけでなく、
自己資金ゼロからでも
トレードができますからね。

 

もし、ボーナスがある
海外のFX業者に興味がある場合は
以下の記事で紹介しています。
海外FX業者で無料ボーナスがもらえる業者を教えます!

海外FXで100%入金ボーナスがある4つのFX業者とは?

 

普通に使っていれば問題は起きない

ここまで、a-bookとb-bookについて
お伝えしてきましたが、
ぶっちゃけた話、
普通にトレードをしていれば、
どちらでも問題は基本的に起きないです。

 

海外FXでa-bookや
b-bookを気にする理由は、

・約定拒否
・出金拒否

といった事が怖いから
気にしているわけですよね?

 

確かに昔の海外FXは、
このような事が頻発していたので、
使うリスクが大きかったです。

しかし今では、
海外FX業者も進化していて
このような事は
普通にトレードさえしていれば、
基本的に起きません。

 

もちろん、
出金拒否はありえますが、
その理由の9割以上が
規約に違反したトレードをするからです。

 

「出金拒否された!」

なんて騒いでいる人を見ると、
大体がこの理由です。

海外FXを利用する場合、
規約は基本的に英語なので、
ちゃんと読まずにトレードをする人が多いです。

 

だから、知らず知らずの内に
規約違反をしていて、
それで出金拒否されていることがほとんどです。

因みに、海外FXを利用して
出金拒否をされる場合について
もう少し詳しく知りたい場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。
海外FXで利益を出金拒否されずに出金する方法とは?

 

まとめ

今回は、海外FXでは、
a-bookとb-bookどちらが多いか?
といった事について
お伝えしてきました。

 

今の海外FX業者は、
“ほとんどがa-book”
と言われています。

しかし、あくまでも
そう言われているだけで、
FX業者の人間でない限り
本当のところは誰もわかりません。

 

ですから、海外FX業者を使う際は、
数十万もの資金を入れずに
多くとも10万程度で抑えて
トレードをするのが
一番メリットを受けられます。

 

しかも、海外FXなら、

・ハイレバレッジ
・ボーナス

といったメリットがあるので、
10万程度の資金であっても
十分大きなロット数で
トレードができますからね。