海外FXを利用する上で、
非常に大事になってくるのが

「入金がちゃんとできるのか?」

といったことになります。

 

入金ができなければ、
トレード自体始められないので、
海外FXを使う意味がなくなります。

ただ、入金をしても、
“上手く入金できない”
ということはありえます。

 

そこで今回は、
海外FX入金できない場合の
対処方法について考えてみました。

 

入金できない場合の対処方法は?

基本的に海外FXを使う場合、
入金方法としては、

・銀行送金
・クレジットカード
・ビットウォレット
・ビットコイン

といった4つが主流です。

 

そして、この内のどれかを使って、
入金できなかった場合、
その対処方法としては、
単純に入金方法を変えるしかないです

 

一回試してみて入金できない場合は、
“2回目に挑戦すればOK”
ということは基本的にありません。

 

特に海外FXを利用する場合、
国外へ資金を出すことになるので、
マネーロンダリングなどの
不正送金チェックが厳しいです。

その為、海外FX業者へ入金できない場合は
入金方法を変えるのが一番手っ取り早いです。

 

クレジットカードは入金できないことが多い

海外FXで入金できない場合、
クレジットカードを使うと、
入金できないことが多いようです。

 

例えば、クレジットカードには、

・VISA
・JCB
・Master Card
・アメリカンエクスプレス
・ダイナースカード

といったように、
いくつか種類があります。

 

そして、これらのカードを使って、
海外送金をしようとすると、
FX業者の宛先によっては、

「何だこの宛先?怪しいな」
「不正送金っぽいな」

なんて判断されてしまい、
入金キャンセルとなり、
入金できないことがあります。

 

特に海外FX業者なんて、
一般的に考えると、
謎の業者であることが多いわけです。

しかも、送り先の国が、
シーシェルなどといった、
よくわからない国だったり、
タックスヘイブンに使われる国なら、
尚更怪しまれます。

 

また、海外FX業者によって、
使えるクレジットカードも
決まっていることがあるので、
業者側が未対応な
クレジットカード会社を使うと、
キャンセルされてしまいます。

その為、
クレジットカードを使う場合は、
海外FX業者で対応している
会社を確認してから使うようにしましょう。

 

因みに、VISAカードであれば、
基本的にどの海外FX業者でも
入金することができます。

逆にこれ以外になると、
FX業者によって、
入金できない・できるがあります。

 

私の場合は、VISAを使って
入金をよくするのですが、
今まで一度も”入金できない”
といったことは起きていません。

だから、VISAを使えば、
ほぼ確実に入金できるはずです。

 

利用限度枠にも注意

クレジットカードでは、
1回の利用に限度額があります。

特にFXで使う資金の場合、
1度で数十万を入金することもあるので、
他の支払いなどと合わせると
限度枠を超えることあります。

 

こうなると、
入金できないことになるので、
利用限度枠にも注意しましょう。

 

銀行送金は国際送金に対応しているかを確認

海外FXでは銀行送金にも対応していますが、
この場合、外国へ送金することになるので、
銀行側が国際送金に対応している必要があります。

その為、地方の信用金庫などから
海外FX業者へ入金しようとしても、
入金できないでしょう。

 

しかし、今では銀行送金に関しても、
物凄く便利になっていて、
わざわざ国際送金を使わなくても、
入金できるようになっています。

なぜなら、今の海外FX業者では、
日本に決済代行会社を作って
入金できることが多いからです。

 

例えば、海外FX人気No.1の
XM(エックスエム)では、
銀行送金をする場合の宛先が
三井住友銀行になっています。

その為、普段私たちがネット銀行で
振り込みするのと同じ方法で
入金ができるようになっています。

 

だから、
手数料も無料~数百円で済むので、
今は物凄く便利になっています。

 

昔は大きな銀行の窓口に行って、
国際送金をしないとダメでしたからね。

しかも、手数料は高いし、
最悪の事態としては、
送った資金が消える事もありましたから。

あれは本当に恐ろしかったです。

 

国際送金して1週間以上経っても、
全然資金がFX業者側へ来ないので、
銀行側に問い合わせると、

「こちら側では送金完了しています」

なんて言われるので、
FX業者側に問い合わせると、

「うちにはまだ着金してない」

なんて回答がきて、
結局そのまま消えることがありましたから。

 

一番便利な入金方法は?

個人的に一番便利な入金方法は、
ビットウォレットです。

 

ビットウォレットは、
簡単に表現すると、
海外FX業者で入出金する際の
代行会社のことです。

 

ここでアカウントを作るだけで、
そのアカウントから
海外FX業者へ無料かつ迅速に
入金することができます。

 

使い方としては、
アカウントを作成後に
ビットウォレットに入金をします。

そしてそこから、
海外FX業者へ入金する形態なので、
物凄く簡単です。

 

しかも、FX業者の口座へ
30秒ぐらいで反映されるので、
入金処理後すぐにトレードができます。

だから、海外FX業者へ入金する場合は、
ビットウォレットが一番便利です。

私もビットウォレットを使っていますが、
今まで入金できないことは一度もないです。

 

ただ、入金方法によっては、
ビットウォレットに
多少の手数料を払う必要があります。

 

ビットウォレットへの入金方法には、

・クレジットカード
・銀行送金
・ビットコイン

という方法があるのですが、
入金する金額に対して、
4~5%の手数料がかかります。

 

それでも確実に入金できるので、
海外FXを利用する場合は、
ぜひアカウントを
作っておいた方が良いです。

 

ビットウォレットは出金も便利

海外FXで利益を出した場合、
どこかで出金をするはずです。

この出金も海外FXでは
けっこう手間になることがあります。

 

例えば、
クレジットカード入金の場合、
入金した分しか出金できません。

その為、クレジットカードで
10万円を入金して、
15万の利益が出た場合、
10万をクレジットカードで出金して、
残りの5万を別の方法で出金します。

 

しかも、クレジットカードだと、
出金したお金が戻ってくるまでに
数週間かかるので、
けっこう心配なんですよね。

また、銀行送金にすると、
数千円の手数料が取られたり、
送り先の銀行に限りがあったりと、
けっこう面倒くさいです。

 

一方でビットウォレットの場合、
FX業者側へ出金依頼をすると、
1~2営業日ぐらいで
すぐに出金処理が完了して
ビットウォレット側に届きます。

 

そして、ビットウォレット側から
出金をする際は、国内銀行なら
手数料が824円と安くなっています。

しかも、2営業日ぐらいで
銀行に振り込まれるので、
とにかく便利です。

ビットウォレットの口座開設は
コチラからできます。

 

入金はFX業者側へ依存することが多い

今回は、海外FX業者へ
“入金できない場合の対処法”
ということでお伝えしてきました。

 

1つの方法を試してみて、
入金できない場合は、
何らかの制限に
掛かっている可能性が高いので、
基本的に入金方法を変更するしかありません。

また、海外FX業者側の
対応状況に依存するのが大きいので、
あなたが使おうとしているFX業者が
どの入金方法が使えるのかを
まずは確認するようにしましょう。

 

そして、そのFX業者が
対応している方法で入金すれば、
“入金できない”
ということは基本的にありません。

私も海外FX業者を使いますが、
入金できなかったことは
今のところ一度もありません。

 

だから、海外FXを利用するなら、
入金方法の種類が多い業者を
使うようにしましょう。

そうすれば、種類が多い分、
入金できる確率も上がりますからね。

 

そんな入金種類が豊富で、
今まで入金できなかったことがない、
使い勝手のよい海外FX業者はこちら。