今は学生の内からFXを始める人も多く、
資産運用の方法としては
主流になってきました。

しかし、FXには年齢制限があって、
国内のFX業者だと、
20歳以上が基本になります。

 

では、海外FXには
年齢制限はあるのでしょうか?

海外FXであれば、
日本の法律が適用されないので、
年齢制限がなさそうですよね。

 

そこで今回は、
海外FXに年齢制限があるのかを
調べてみました。

 

海外FXでの年齢制限は?

海外FXでの年齢制限を調べたところ、
全ての海外FX業者で
18歳~20歳以上が対象となっていました

 

国内のFX業者では、
20歳以上が基本なので、
国内よりは年齢制限が緩いですね。

しかも、海外FXの方が、
18歳からできるFX業者が圧倒的に多いです。

その為、未成年がFXをするなら、
海外FX業者を使った方が便利でしょう。

 

因みに国内のFX業者だと、
SBI証券のみ18歳からFXができますが、
その際は親の同意書が必要になります。

逆に海外FXでは、同意書は必要なく、
マイナンバーの提出も必要ないので、
口座開設をするのが簡単です。

だから、「親に内緒でFXがしたい」
という場合は、
海外FXを利用するのが良いでしょう。

 

ただし、FXは全て自己責任なので、
お金を失ったとしても、
それは全て自分の責任です。

その為、トレード資金に関しても、
必ず自分の資金でやるべきです。

この辺りは責任感を持たないと、
今後FXで自立することは
不可能だと思った方がいいです。

 

17歳はなぜ口座開設ができないのか?

17歳の場合、残念ながら、
海外FXを含めて、
リアル口座を開設することはできません。

この主な理由としては、
おそらく成人していないことにあると思います。

 

日本では現状成人は20歳ですが、
海外では18歳からの事が多いです。

その為、これを基準にして
FXの口座開設を認めていると思われるので、
17歳だとまだ未成年と見なされて
口座開設ができないのでしょう。

 

また、17歳の場合、
収入面でも問題があります。

FXの場合、トレードをする為に
それなりの資金が必要です。

しかも、その資金を
一瞬で失うリスクもあります。

 

その為、基本的に
正社員で働くことができない
18歳未満だと、収入が少ないので、
FXをやること自体適していません。

よって、17歳の場合は、
まずはアルバイトなどで
資金をしっかり貯めていきましょう。

 

そして、18歳になってから、
海外FXで口座開設をして
小資金からトレードを
していくのが良いでしょう。

それまではデモトレードをしながら、
FXの動きやチャートの読み方などを
勉強しておくのがベストな方法でしょう。

 

18歳未満でも嘘をついて口座開設ができる?

海外FXでは18歳以上から
トレードができるのですが、
年齢をごまかして
口座開設はできるのでしょうか?

 

これに関しては無理です。

年齢をごまかしても、
口座開設はできません。

 

なぜなら、海外FXに限らず、
国内FXでも、口座開設をするときは
必ず身分証明書の提出が必要だからです。

 

しかも、写真付きなので、
何をどうやっても
実年齢がばれてしまいます。

だから、18歳未満の場合は、
とにかく資金を貯めながら、
デモトレードで、
FXの感覚をつかんでおくのが良いでしょう。

 

逆に18歳以上であれば、
口座開設が可能になるので、
もし、18歳からでも口座開設可能な
海外のFX業者を知りたい場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
学生でも口座開設可能な海外FX業者はどこ?どんな注意点がある?

 

未成年でも確定申告は必要?

FXで年間20万以上の利益を出した場合、
確定申告をして税金を払う必要があります。

そして、未成年であっても、
年間20万以上の利益を出したら、
確定申告は必要になります。

 

納税は国民の三大義務の内の1つなので、
未成年であっても
稼いだ分だけ税金の支払いが必要です。

 

また、海外FXの場合、
雑所得になるので、
稼げば稼ぐほど税率は
以下のように上がっていきます。

 

稼いだ利益額 税率
 195万以下 15%
 196~330万 20%
331~695万 30%
696~900万 33%
901~1800万 43%
1801万~4000万 50%
4001万~ 55%

 

海外FXだから
“日本の法律は適用されない”
というのはありません。

日本に住みながらFXをする場合は、
海外FXを利用したとしても、
日本に税金を支払う必要があります。

また、未成年だからといって、
税金の割引などもありません。

 

その為、税金の事も
しっかり頭に入れておきましょう。

海外FXの税金について、
詳しく知りたい場合はこちら。
海外FXの税金を支払うタイミングは?いくらから税金が発生する?

 

年齢制限に上限はある?

海外FXを利用する場合、
18歳以上であれば
口座開設をできるところが多いです。

では逆に年齢制限に
上限はあるのでしょうか?

 

調べてみたところ、
上限に制限はありませんでした。

 

つまり、18歳~20歳以上なら、
どんな年齢であっても
口座開設ができるということです。

 

今は定年後にFXや株を始める人が
かなり多くなっています。

それに今の70歳以上は、
元気で若い人も多いですからね。

 

しかも、今後、医療の発展によって、
平均寿命が徐々に
伸びていくことも予想されています。

 

だから年齢制限に上限を設けるのは、
逆にFX業者側にとっても
収益機会を逃すことになるのでしょう。

 

FXの年齢層は30~40代が圧倒的多数

FXをやる年齢層としては、
やはり30~40代が圧倒的に多いです。

 

この年代になると、

・仕事が激務で辞めたい
・家族を養うのにお金が必要
・おこずかいが欲しい

といった理由から、
FXをやっている人が多いです。

 

しかも、30~40代は
収入もピークに近くなるので、
FXをやる余裕がけっこうあります。

ただ、この年代になると、
今度は時間がないんですよね。

 

基本的に日中は仕事だし、
土日は家族サービスをする必要があるしで、
なかなかFXを勉強する時間がなく、
ジレンマに陥ることもあります。

また、おこずかい制なことが多く、
投資資金も少ないので、
そんな時に少額からでも稼げる
海外FXを利用する人も多いです。

 

まとめ

今回は、海外FXを使う場合に
年齢制限はあるのか?
といったことについて
お伝えしてきました。

 

国内FXの場合、
基本的に20歳以上からですが、
海外FXでは、
18歳から口座開設をできるところが
多くあります。

その為、もしあなたが
18歳以上で20歳未満なら、
海外FXを利用すると、
リアルトレードができます。

 

そんな20歳未満でも口座開設ができて、
使い勝手の良い海外FX業者は
以下の記事で紹介しています。
オススメの海外FX業者!この業者は必ず使うべき!