海外FXといえば、

・ハイレバレッジ
・ボーナス

といったように、
国内FXと比較すると、
トレードのメリットが多いです。

 

そして、その中でも特に注目すべきが、
ゼロカット“という制度になります。

これは”追証”なんて
呼ばれたりもするのですが、
このゼロカットがある場合と
ない場合を比較してみると、
FXの危険度が全然違います。

 

因みに、このゼロカットは、
国内のFX業者では使えません。

そこで今回は、
このゼロカットがある場合と、
ない場合を比較して、
どう危険度に影響するのかを
お伝えしていきます。

 

ゼロカットとはどんな制度?

まず、ゼロカットについてですが、
物凄く簡単に表現すると、

FX業者に対して借金を背負う必要がない

という制度になります。

 

例えば、”〇〇ショック”
といった大暴落が起きた場合、
一瞬に大きく下落すると、
FX業者のレート配信が追い付かずに
止まってしまいます。

そして、しばらく止まった後、
レート配信が再開されるのですが、
その際に値が大きく跳びます。

 

こうなってしまうと、
たとえ損切りの逆指値を設定していても、
その設定値では約定せずに、
レート配信が再開した値で
損切りが執行されてしまいます。

 

その為、
予想をはるかに超えた損失になり、
強制ロスカットになった上に、
自己資金以上の損を出してしまい、
残高がマイナスになってしまいます。

そして、マイナスになった分は、
FX業者に対する借金となり、
支払う義務が発生します。

 

しかし、海外FX業者では、
ゼロカット制度があるので、
マイナスになった分を補填してくれて、
借金をチャラにしてくれるのです。

 

だから、国内FX業者と比較すると、
万が一の時の安心度が段違いですよね。

 

実際に、2015年のスイスショックでは、
スイスフランが大暴落を起こして
レート配信が止まり、
1,000pips以上下落した状態で
レート配信が再開されました。

これによって、
国内FX業者を使っていた人達は
強制ロスカットになり、
数百万~数千万の借金を
背負った人が続出しました。

 

一方で海外FX業者を使っていた人達は、
ゼロカットによって、
マイナス分がリセットされたので、
借金を背負う必要がなかったのです。

 

FXでの大暴落というのは、
何だかんだで2~3年に1度は起きます。

こう考えると、
ゼロカットがいかに
ありがたい制度なのかがわかりますよね。

 

海外FX業者を使うなら大手が良い

ほとんどの海外FX業者には、
ゼロカットが付いていますが、
それでも海外FXを利用するなら、
大手のFX業者が良いです。

 

なぜなら、ゼロカットによる
マイナスの補填分は、
FX業者側の損失になるからです

ようするにFX業者の自己資金で
顧客の損失をまかなっています。

その為、資本金の少ない業者だと、
その損失をまかないきれずに
破綻する可能性が高いです。

 

実際にスイスショックでは、
海外FX業者でも、
アルパリというイギリスのFX業者が
破綻していました。

だから、海外FX業者を使うにしても、
大手のFX業者が良いです。

 

私個人としてオススメなのが、
XM(エックスエム)になります。

 

XMといえば、海外FX業者の中でも、
日本人に人気No.1のFX業者で、
その資本金も他の業者に比べて
圧倒的に多いです。

XM 約360億円
iForex 約15億円
Land FX 未公開
FXDD 未公開

 

実際にスイスショックの時も、
XMではゼロカットによって、
ちゃんとマイナス分をリセットしました。

以下のようにホームページ上で
声明文も掲載しています。

 

要するに、

「うちはお金あるし、
大した影響は受けてないよ」

といったことでしょう。

 

このような声明文が
公式に出ることからも、
XMの経営基盤は
しっかりしている証拠なので、
ゼロカットがある
海外FX業者を使うなら、
XMが一番安心でしょう。

 

そんなXMの口座開設は、
以下から開設可能です。

 

ゼロカットはいつ執行される?

海外FXではゼロカットが
当たり前のようについていますが、
実際に強制ロスカットになって
残高がマイナスになった場合、
いつゼロカットが執行されるのでしょうか?

 

これはFX業者によって違い、

・1営業日後の〇〇時にリセット
・ゼロカット後30分でリセット
・資金を入金後にリセット

といったようにバラバラです。

 

XMなんかは、
残高がマイナスなった場合、
放置しておくと30分~1時間以内には
ゼロカットが執行されて
口座残高がゼロにリセットされます。

 

国内のFX業者にはなぜゼロカットがない?

海外FX業者と比較すると、
国内のFX業者にはゼロカットがありません。

これはなぜかというと、
顧客の損失補填が
証券取引法という法律で
禁止されているからです。

 

なぜ法律で禁止したのかは
謎な部分があるのですが、
私が思うに、
ゼロカットを採用すると
FX業者が破綻して
問題になるからだと思います。

 

国内のFX業者では、b-bookといって、
顧客からの注文を、
基本的にFX業者内でさばいています。

いわゆる、
DD(ディーリングデスク)方式です。

 

これは簡単に仕組みを説明すると、
顧客が買い注文を出した場合、
FX業者側は
インターバンクへ注文を流さずに、
自社で反対売買をして、
注文を約定させている感じです。

 

要するに競馬のノミ行為と同じです。

競馬場ではノミ屋というのがいます。

 

これは、

「あなたの代わりに
馬券を買ってきてあげますよ」

といって、人からお金をもらって、
馬券を買わずに
自分の懐にしまう人のことです。

 

これによって、
お金をもらった人の予想が外れると、
ノミ屋が丸儲けになりますが、
予想が当たると
自腹で配当金を払う必要があるので、
損をする事になります。

しかし、馬券の的中率なんて
たかが知れているので、
ノミ屋が儲かる仕組みになっています。

 

国内のFX業者もこれと同じで、
自社で売買を完結させることで、

顧客の損⇒FX業者の利益
顧客の利益⇒FX業者の損失

となります。

 

ご存知のように、FXの世界では、
95%が負け組と言われています。

その為、国内のFX業者からしたら、
ノミ行為をすれば大儲けなのです。

だから、顧客を多く獲得する為に、
スプレッドを狭くしているのです。

 

が、しかし!

 

万が一、大暴落などによって、
顧客の損失が大きくなり、
残高がマイナスになってしまうと、
それを補填した場合、
今までの利益が全て吹き飛びます。

こうなってしまうと、
FX業者が倒産することになります。

 

しかも、国内のFX業者の場合、
海外のFX業者に比べて
資本金が少ない上に、
スプレッドも狭いですよね。

ということは、
スプレッドからの利益なんて
ほぼ無いに等しいので、
ゼロカットを採用したとしても、
補填なんてしてしまったら
即潰れてしまうのです。

 

おそらく、このような理由から
国内のFX業者では、
ゼロカットがないのだと思います。

 

ゼロカットが使えない場合もある

海外FXにはゼロカットがあるので、
国内のFX業者と比較すると、
リスクヘッジの点で大きく優れています。

しかし、
実はこのゼロカットが
使えない場合があります。

 

それが、指標や窓開けを狙った
トレードをした時になります。

 

例えば、雇用統計など
大きく動く指標だけを狙って、
指標発表直前に大ロットで
エントリーをしたとしましょう。

そして、指標で大きく動いて、
逆行されて残高がマイナスになっても、
ゼロカットによって
マイナス分がリセットされますよね。

 

一方で、上手く順行した場合は、
大きな利益になるので、
ギャンブル的ではありますが、
損失額を抑えながら
大きな利益を狙えるわけです。

 

先ほどもお伝えしたように、
顧客のマイナス分は、
FX業者側が補填をしているので、
それは業者側の損失になります。

だから、これを許してしまうと、
この手法を使う人が続出して、
業者側の損失がどんどん膨らんで
最悪、破産に追い込まれます。

 

このような理由から、
海外FX業者側では、
指標や窓開けを狙った
トレード”だけ”する事を禁止しています。

これを繰り返して
残高がマイナスになった場合は、
マイナス分を支払う必要があったり、
出金時にマイナス分を引かれたりします。

 

それでもゼロカットは最強

ゼロカットが使えない場合があるとはいえ、
普通にトレードさえしていれば、
何も問題ありません。

 

海外FXの場合、
国内FXと比較すると、
圧倒的にレバレッジが高いです。

その為、
少ない資金でトレードができる分、
ロスカットになる確率も上がります。

 

ただ、そんな時にゼロカットがあれば、
万が一のことがあっても、
マイナス分の損失を補填してくれるので、
大きなリスクヘッジになりますよね。

 

しかも、海外FXの場合、
入金ボーナスもあるので、
とにかく少額の資金から
FXを始めることができます。

ということは、
万が一大暴落が起きて
資金を失ったとしても、
最小限の損失に抑えられます。

 

例えば、あなたが、
5万通貨でトレードがするとしましょう。

 

そうすると、
ドル円が110円の状態で、
仮にレバレッジ500倍の海外FX業者で
トレードをする場合、必要証拠金は、
たったの11,000円になります。

その為、5万の資金があれば、
5万通貨でのトレードが可能です。

 

一方で国内のFX業者だと、
レバレッジが25倍なので、
同じ条件での必要証拠金は、
22万円になります。

ということは、
最低でも25~30万の資金が
必要になります。

 

つまり、仮にポジション保有中に
大暴落が起きて損をした場合、

・海外FX:5万円の損失
・国内FX:25万の損失

といったように、
同じ5万通貨のトレードをしているのに、
失う資金の金額が大きく違います。

 

更にこれに加えて、
国内のFX業者だと、
マイナス分が借金になりますからね。

このような比較をすると、
海外FXを利用することが
いかにリスクヘッジになるかが
わかると思います。

 

まとめ

今回は、
海外FXのゼロカットについて、
詳しくお伝えしてきました。

 

ゼロカットがあると、
万が一のことに備えて
非常にありがたいですよね。

しかも、FXの場合、
この万が一が意外に頻繁に起きます。

 

だから、国内のFX業者を
使う場合と比較しても、
海外FXを利用することは
大きなリスクヘッジになりますよね。

 

ただ、ゼロカットがあるとはいえ、
大手のFX業者を使わないと、
業者自体が倒産する可能性もあるので、
海外FX業者を利用するなら、
大手で過去にゼロカットをしても
倒産しなかった経験がある
FX業者がオススメです。

 

そんなゼロカット付きの
安心な海外FX業者は
以下で紹介しています。