今ではサラリーマンでも、
副業が認められてきています。

だから、海外FXをやったとしても、
とやかく言われる筋合いはありません。

 

しかし、そうはいっても、
会社側からすれば、
副業をされてしまうと、

「ちゃんと本業をやっているのか?」

なんて思ってしまうので、
印象は良いものではありません。

 

だから、海外FXで副業をするにも、
できればばれたくないですよね。

そこで今回は、サラリーマンが
海外FXで副業をしても、
ばれないようにするには
どうすべきなのかをお伝えしていきます。

 

そもそも海外FXの副業がばれるのはなぜ?

海外FXを副業でやる場合、
そもそもなぜ会社にばれるのでしょうか?

それは住民税が関係してきます。

 

住民税の金額は、
前年のトータルの収入によって決まります。

だから、サラリーマン給料に加えて、
海外FXで得た利益分を合わせた収入に対して
住民税の金額が決定されます。

 

そうなると、サラリーマンの場合、
住民税は会社側で計算をして、
そこから毎月天引きされますよね。

 

その時に周りの社員達に比べて、
あなたの住民税だけ高くなると、

「なんでこの人だけ
こんなに住民税が高いの?」

「ひょっとして副業をやってる?」

なんて疑われてしまい、
そこでFXなどの副業がやっていることが
ばれてしまうわけです。

 

会社側で住民税を引いてくれると
楽ちんなので便利ですが、
副業をやる場合は
これが思わぬ弊害になるのです。

 

会社に海外FXでの副業がばれないようにするには?

会社に海外FXでの副業が
ばれないようにするには、

・年間の利益を20万未満に抑える
・経費を計上する
・住民税を自分で払う

といった方法があります。

 

年間の利益を20万未満に抑える

副業が会社にばれないようにするには、
まず1つ目の方法として、
年間の利益を20万未満に抑えることです

 

海外FXの場合、
雑所得になるのですが、
サラリーマンが20万以上稼ぐと
確定申告が必要になり、
所得税と住民税の支払いが生じます。

 

その為、海外FXでの年間の利益を
20万未満に抑えることで、
確定申告の必要がなくなり、
住民税が上がることはありません。

 

因みに、本来、税金を払う必要がないのは、
所得税だけになり、
住民税は払う必要があるそうです。

ただ、住民税は確定申告をしないと、
年間の収入がわからないので、
実際は払う必要がないというか、
払わずに済んでしまうのです。

 

経費を計上する

海外FXで得た利益であっても、
FXに関係したものにお金を使えば、
それは経費として認められるので
節税になります。

 

例えば、経費として算入できるのは、

・FXに関する書籍
・FXのセミナー代金
・FXの高額塾やコンサル料
・FX商材
・パソコン
・パソコンの周辺機器

といったものにお金を使ったら、
経費として算入できて、
利益分から経費を引くことができます。

 

こうすることで、
FXで得た利益が20万を少し超えた場合、
経費を使って利益が20万未満になれば、
確定申告をする必要がなくなるので、
会社にも副業がばれずに済みます。

 

ふるさと納税もグッド

更に、ふるさと納税も
節税になるので、
使ってみると良いでしょう。

しかも、ふるさと納税の場合、
返礼品として、
食べ物やギフト券などがもらえますしね。

 

特にサラリーマンの場合、
ワンストップ特例制度といって、
確定申告をすることなく、
ふるさと納税で支払った金額の
約80%が住民税から引かれるので、
ものすごいお得です。

だから、サラリーマンであれば、
ふるさと納税を使った方が良いです。

 

ふるさと納税でFXが会社にばれる?

ふるさと納税をして、
住民税の金額が減った場合、
会社側もそれも把握するでしょう。

ただ、会社があくまでも副業とわかるのは、
住民税が上がった時になります

 

ふるさと納税の場合、
住民税が減額になるわけなので、
FXで20万以上の利益を出していなければ、
会社にばれることはありません。

 

それに住民税が減ったことを
会社に知られたからといって、
FXをやっていることはばれません。

 

もし減ったことを指摘されたら、

「ふるさと納税しました」

と素直に言えばいいだけです。

 

だって、ふるさと納税は
副業ではないのですからね。

 

住民税を自分で払う

年間の利益が20万を大きく超えた場合、
会社にFXをばれないようにするには、
住民税を自分で払うようにすればいいのです

 

例えば、確定申告をする際の
申請書には、

“住民税、事業税に関わる事項”

という項目があります。

 

この項目の中には、

“給与以外の所得に関わる
住民税の徴収方法の選択”

という項目があります。

 

そして、この項目には、

・給与から差引き
・自分で納付

という選択肢があるので、
“自分で納付”に〇をつければ、
給与から天引きされることはないので、
勤務先にばれずに済みます。

 

また、所得税に関しても、
確定申告書を作成時に、

「あなたの所得税は〇〇円です」

と表示されるのですが、
所得税はすぐに自分で支払う必要があるので、
これも会社にばれることはありません。

 

だから、住民税だけ、
“自分で納付する”を選択しておけば、
海外FXであろうと、国内FXであろうと、
会社にばれることはないでしょう。

因みに、住民税に関しては、
6月頃に納税する紙が送られてきます。

 

海外FXでの税率はどうなっている?

副業として海外FXをして、
利益が20万を超えた場合、
税金を支払う必要があります。

その場合、海外FXは累進課税で
雑所得に分類されるので、
稼げば稼ぐほど税率が
以下のようにアップします。

 

稼いだ利益額 税率
 195万以下 15%
 196~330万 20%
331~695万 30%
696~900万 33%
901~1800万 43%
1801万~4000万 50%
4001万~ 55%

 

これは所得税と住民税を
合わせた税率になります。

しかも、海外FXは累進課税なので、
サラリーマンの年収と
FXでの利益を足した金額に対して
この税率が適用されます。

 

例えば、

・サラリーマンの年収:500万
・海外FXでの利益:100万

となった場合、
合計で600万の収入になるので、
この金額に対して税率がきまります。

その為、この場合だと、
税率が30%になります。

 

ただし、サラリーマンの給料から
支払った税金に関しては、
確定申告時にちゃんと控除されて、
海外FXの分にしか税金が掛からないので、
そこはご安心ください。

その代わり、
源泉徴収票が必要になるので、
年末にもらった源泉徴収票は
必ず取っておきましょう。

 

海外FXは出金しなければ税金は掛からない?

海外FXで副業をして利益が出た場合、
外国のFX業者を使うことになるので、
出金さえしなければ、

「銀行口座に履歴が残らないから
税金を払はなくてもばれないのでは?」

なんて悪いことを考えるかもしれません。

 

しかし、残念ながら、
年間の利益が20万以上出た場合は、
出金しなくても税金を支払う必要があります

 

銀行口座に履歴が残らなくても、
利益を出している以上、必ずばれます。

税務署の調査は恐ろしいぐらい
徹底しています。

基本的に海外であっても、
あなたのお金の流れを把握しているので
税金逃れはできません。

 

もし、海外FXで利益が出ているのに、
申告をせずに放置しておくと、
その内、追徴課税付きで
支払い要請がきます。

最悪、税金逃れをしたと見られて
脱税行為で逮捕されます。

 

ただ、海外のFX業者側に
出金拒否をされて
利益が取り消された場合は、
20万未満になれば、
確定申告をする必要はありません。

それについての詳細はこちら。
海外FXで得た利益を出金拒否されたら税金は払う必要はない?

 

公務員のFXは副業として見なされる?

公務員の場合、

・国家公務員法103条
・地方公務員法38条

によって、
法律でアルバイトなどの
副業が禁止されています。

 

だから、海外FXを使って
トレードをするのも、

「副業になるのでは!?」

なんて心配になりますよね。

 

ただ、色々と調べてみたところ、
公務員の場合でも、
FXは副業とは見なされずに
できそうです。

詳細は以下の記事で書いたので、
よければ参考にしてみてください。
公務員でも海外FXはOK!副業にならないようにするには?

 

サラリーマンに海外FXがオススメな理由

サラリーマンの場合、
“給料が低くて生活が意外に苦しい”
なんて事を聞きます。

特に家族がいる場合、
子供の養育費など、
とにかくお金が掛かるので、
FXの資金ですら
用意することが難しい事もありますよね。

 

そんな時に、海外FXであれば、

・ハイレバレッジ
・入金ボーナス

といったメリットがあるので、
少ない資金から
FXを始めることができます。

 

海外FXと国内FXの必要資金の差は?

例えば、海外のFX業者で有名な
XMの場合、レバレッジが888倍もあります。

一方で国内のFX業者だと、
2018年現在では、
レバレッジが25倍です。
(将来的には10倍になる可能性も)

 

仮にドル円が113円だとしたら、
1万通貨のトレードをするのに
必要な証拠金は、

・海外FX:1,272円
・国内FX:45,200円

となるので、必要な資金の差は
35倍以上もあります。

 

だから、海外FXであれば、
5万円もあれば十分すぎるくらいなので、
給料が低くても、
FXに使う資金をねん出できそうですよね。

 

入金ボーナスでトレード資金を増やせる

海外FXの場合、
ハイレバレッジに加えて、
入金ボーナスが存在します。

これは口座開設後に
入金した金額に対して、
更にボーナスがもらえる制度です。

 

例えば、海外のFX業者では、
“100%ボーナス”
というのが多いのです。

その為、5万円を入金したとすると、
もう5万円分のボーナスがもらえるので、
合計10万の資金でトレードができるのです。

 

これであれば、たとえ1~2万円でも、
それが2倍になるので、
ハイレバレッジの海外FXなら、
十分トレードができますよね。

 

資金ゼロでトレードができる場合も!

海外FXには入金ボーナス以外にも、
“口座開設キャンペーン”
というのが存在します。

 

これは初めて
そのFX業者を使う場合に限り、
口座開設をしただけで、
トレードに使えるボーナスがもらえます。

つまり、資金ゼロで
リアルトレードができてしまうのです。

 

だから、このキャンペーンを使えば、
資金ゼロからでも、
5万、10万と増やす事ができ、
立派な収入となる可能性を秘めています。

口座開設キャンペーンについて、
詳しく知りたい場合はこちら。
海外FXの口座開設キャンペーンとは?資金ゼロでFXができる!

 

まとめ

今回は、サラリーマンが
海外FXで副業をした際に
ばれないようにする方法を
お伝えしてきました。

 

サラリーマンの場合、
一企業に所属しているので、
本職はそっちになります。

その為、副業をする際には
会社にそのことをばれてしまうと、
評価が落ちる可能性も否めません。

 

ただ、そうはいっても、
給料以外にも収入が欲しいし、
必要な場合もありますよね。

だから、海外FXで利益が出た際は、
自分で確定申告をすれば、
会社に副業がばれずに済むので、
この方法を使って
心配せずにお金を増やしていきましょう。