海外FXとなると、

・ハイレバレッジ
・ボーナス
・追証なし

といったメリットがあります。

 

これによって、
少額の資金からでもトレードができ、
資金倍増も十分可能です。

ただ、海外FXの場合、
国内FXと比べて
平均スプレッドが広めです。

 

これだと、短期トレードをする際に
少し不利になるのですが、
その平均スプレッドは
いったいどれくらいなのでしょうか?

そのあたりを今回は調べてみました。

 

主要な海外FX業者5社の平均スプレッドは?

では早速、主要な海外FX業者5社の
平均スプレッドを調べてみました。

 

因みに、そのFX業者とは、

・Gemforex
・Land-FX
・XM
・FBS
・タイタンFX

になります。

 

また、トレード通貨としては、

・ドル円
・ユーロドル
・ポンドドル
・オージードル
・ユーロ円
・ポンド円
・オージー円

といった、
主要通貨を比較していきます。

 

Gemforex

このFX業者は
レバレッジが1,000倍で、
海外FX業者の中でも
トップクラスのハイレバレッジです。

 

そして、
Gemforexの平均スプレッドは
以下のようになっています。

・ドル円:1.2~
・ユーロドル:1.2~
・ポンドドル:1.5~
・オージードル:1.5~
・ユーロ円:1.4~
・ポンド円:1.9~
・オージー円:1.6~

 

Land-FX

次にLand-FXですが、
このFX業者はレバレッジ500倍です。

 

そして、Land-FXの平均スプレッドは
以下のようになっています。

・ドル円:0.9~
・ユーロドル:0.8~
・ポンドドル:1.0~
・オージードル:1.3~
・ユーロ円:1.4~
・ポンド円:1.5~
・オージー円:1.8~

 

XM(エックスエム)

3番目にXMですが、
この海外FX業者は
レバレッジ888倍で
日本人に人気No.1の業者です。

 

そして、XMの平均スプレッドは
以下のようになっています。

・ドル円:1.6~
・ユーロドル:1.6~
・ポンドドル:2.1~
・オージードル:1.9~
・ユーロ円:2.5~
・ポンド円:2.8~
・オージー円:3.3~

 

タイタンFX

4番目はタイタンFXですが、
このFX業者はレバレッジ500倍です。

 

そして、
タイタンFXの平均スプレッドは
以下のようになっています。

・ドル円:1.1~
・ユーロドル:1.2~
・ポンドドル:1.7~
・オージードル:1.6~
・ユーロ円:1.7~
・ポンド円:2.5~
・オージー円:2.2~

 

FBS

では最後にFBSですが、
このFX業者は
レバレッジ3,000倍となっており、
海外FX業者の中でも
トップクラスのレバレッジです。

 

そして、
FBSの平均スプレッドは
以下のようになっています。

・ドル円:2.0~
・ユーロドル:0.9~
・ポンドドル:1.4~
・オージードル:1.6~
・ユーロ円:1.5~
・ポンド円:2.7~
・オージー円:1.6~

 

以上が、主要な海外FX業者の
平均スプレッドになります。

国内のFX業者と比べると、
やはりスプレッドは広めですが、
業者によっては狭いところもあるので、
短期トレードをしたい場合は、
スプレッドが狭い業者を選ぶと良いでしょう。

 

平均スプレッドが一番狭い海外FX業者は?

上記では各海外FX業者の
平均スプレッドをお伝えしました。

そこで各業者の
平均スプレッドを表にまとめると、
以下のようになりました。

 

タイタンFX Land FX FBS XM Gemforex
ドル円 1.1 0.9 2.0 1.6 1.2
ユーロドル 1.2 0.8 0.9 1.6 1.2
ポンドドル 1.7 1.0 1.4 2.1 1.5
オージードル 1.6 1.3 1.6 1.9 1.5
ユーロ円 1.7 1.4 1.5 2.5 1.4
ポンド円 2.5 1.5 2.7 2.8 1.9
オージー円 2.2 1.8 1.6 3.3 1.6

 

見にくい場合の為に、
画像としても
スプレッド比較表を載せます。

 

 

上記のように比較表で見てみると、
平均スプレッドの順位としては、

1位:Land-FX
2位:Gemforex
3位:FBS
4位:タイタンFX
5位:XM

となっていますね。

 

Land-FXなんかは、
ドル円とユーロドルの平均スプレッドが
1pipを切っているので、
国内のFX業者に近いですよね。

 

ただ、FXはスプレッドだけが
重要ではなく、
レバレッジやボーナスもあるので、
この辺りの総合的な使い勝手も考えて
選ぶのがベストでしょう。

各FX業者の
総合的な使い勝手を見たい場合は、
以下の記事でまとめています。
オススメの海外FX業者!ハイレバレッジで使いやすい業者5選!

 

実はスプレッドがゼロになる口座がある

上記では主要な海外FX業者5社の
平均スプレッドをお伝えしました。

ただ、上記のスプレッドは、
スタンダード口座での
平均スプレッドになります。

 

実は海外FXには、この口座以外にも、
最小スプレッドがゼロになる、
ECN口座が存在します。

この口座タイプは、
ゼロ口座やノースプレッド口座など、
呼び方は業者によって違いますが、
平均スプレッドがとにかく狭いです。

 

因みに、このECN口座は、
どのFX業者もほぼ同じで、
平均スプレッドは以下のようになっています。

・ドル円:0.0~
・ユーロドル:0.0~
・ポンドドル:0.0~
・オージードル:0.0~
・ユーロ円:0.1~
・ポンド円:0.8~
・オージー円:0.3~

 

これだと、一気に国内FX業者よりも
狭いスプレッドになるので、
凄く使い勝手が良くなりますよね!

 

が、しかし!

 

実はこの口座タイプでは、
平均スプレッドが狭くなる分、
取引手数料が取られます

 

そして、この取引手数料は、
各FX業者で違うのですが、
以下のようになっています。

取引手数料(1ロット)
Gemforex 取引手数料なし
Land-FX 往復7ドル
XM 往復10ドル
タイタンFX 往復7ドル
FBS 往復20ドル

 

上記の表を見ると、
Gemforexの取引手数料がゼロです。

つまり、ほぼスプレッドなしで
取引ができてしまいます。

これはスゴイですよね!

 

ただ、ここだけの話、
Gemforexのノースプレッド口座は、
取引手数料がないので、
一見「最強!」と思うかもしれませんが、
利食いができないことがあります。

 

特にロット数が多くなると、
決済ボタンを押しても
なかなか約定しない事が多いので、
この口座タイプは微妙です。

スタンダード口座はそんなことはなく、
普通にトレードできています。

 

因みに、その他のFX業者では、
1ロット辺りの手数料が掛かりますが、

“1ロット辺り往復〇ドル”

ってちょっと意味不明ですよね。

 

「これっていったい何pips分なの?」

って思いません?

 

実はこれは、例えば、Land-FXだと、
往復7ドルってなっていますよね。

これは簡単に説明すると、
10万通貨の取引に対して、
7ドルの手数料が掛かる事になります

つまり、約700円です。

 

これを10万通貨時のpips数に換算すると、
約0.7pips分になります。

だから、この手数料を加味すると、
各FX業者での平均スプレッドは
以下のようになります。

 

タイタンFX Land FX FBS XM Gemforex
ドル円 0.7~ 0.7~ 2.0~ 1.0~ 0.0~
ユーロドル 0.7~ 0.7~ 2.0~ 1.0~ 0.0~
ポンドドル 0.7~ 0.7~ 2.0~ 1.0~ 0.0~
オージードル 0.7~ 0.7~ 2.0~ 1.0~ 0.0~
ユーロ円 0.8~ 0.8~ 2.1~ 1.1~ 0.1~
ポンド円 1.5~ 1.5~ 3.1~ 1.7~ 0.7~
オージー円 1.0~ 1.0~ 2.3~ 1.3~ 0.3~

 

 

こう見ると、
スタンダード口座よりも、
少し狭い感じですね。

ただ、手数料を加味しても、
スプレッドは狭いので、
短期トレードをする場合には
良いかもしれませんね。

 

ECN口座には少し制限がある

ECN口座を利用すると、
平均スプレッドが狭くなるので
使い勝手が良くなります。

 

ただ、この口座タイプだと、
“ボーナスがない”
という制限があります。

海外FXでは入金ボーナスという、
入金した金額に応じて
クレジットが貰える特典があります。

 

例えば、とある海外FX業者で
“100%ボーナス”
となっていた場合、
5万円を入金すると、
もう5万円分のクレジットがもらえて、
合計10万の資金でトレードができます。

 

ECN口座だと、
このようなボーナスが付かないので、
ここら辺が少し不利になります。

 

また、海外FX業者の場合、
“基本的にスキャルピングOK”
となっていますが、
スプレッドが狭いからといって、
スキャルピングをしまくって儲けると、

「規約に違反した」

などと言われて、
利益を取り消されたり、
口座凍結されることがあります。

 

だから、ECN口座を使うにしても、
過度なスキャルピングは
しない方がいいです。

私個人としては、
スタンダード口座を使って
デイトレードをしているのが
一番安心で安全だと考えています。

 

実際に私自身も、
海外FX業者をメインで使っていますが、
スタンダード口座でデイトレをしていれば、
出金拒否などなく、
何の問題もなく使えています。

 

海外FXって指標時のスプレッドはどうなの?

FXには指標があるのですが、
この時にスプレッドが広がります。

平均スプレッドが狭い
国内のFX業者であっても
指標時になる10pipsを超える
スプレッドになります。

 

海外FX業者の場合も、
指標時のスプレッドは広がります。

特に指標発表直前になると、
私が使っている感じでは、
スタンダード口座、ECN口座両方で、

・ドル円:3.0~
・ユーロドル:3.0~
・ポンドドル:7.0~
・オージードル:5.0~
・ユーロ円:4.5~
・ポンド円:8.0~
・オージー円:5.0~

といった感じで
国内のFX業者程でないにせよ
スプレッドは広がります。

 

しかし、Gemforexだと、
なぜかスプレッドがほとんど開かずに、
通常のスプレッドと同じままの事が多いです。

しかも、普通に約定もするので、
なんだかすごいです(笑)

だから、Gemforexに関しては、
ECN口座以外だと、
物凄い使い勝手が良いです。

 

それでも指標発表時は
予測不能な動きをしやすいので、
トレード自体しないのがベストですけどね。

 

まとめ

今回は、海外FX業者の
平均スプレッドについて
調査してみました。

 

結果としては、
スタンダード口座で
平均スプレッドが狭い順位は、

1位:Land-FX
2位:Gemforex
3位:FBS
4位:タイタンFX
5位:XM

となりました。

 

また、ECN口座に関しては、

1位:Gemforex
2位:タイタンFX
3位:Land-FX
3位:XM
5位:FBS

といった感じになっています。

 

その為、
自分のトレードスタイルを加味して
使うFX業者を選ぶといいでしょう。

もしくは、口座開設自体無料なので、
気になる業者をいくつか開いてみて、
使い勝手を試すのもアリだと思います。

 

もし、各FX業者の口座開設をする場合は、
以下から口座開設ができます。

Gemforexはこちら

Land-FXはこちら

XMはこちら

タイタンFXはこちら

FBSはこちら

 

各FX業者のトータルの使い勝手を
知りたい場合はこちら。
オススメの海外FX業者!ハイレバレッジで使いやすい業者5選!