海外のFX業者を使うと、

・ハイレバレッジ
・追証なし
・入金ボーナス

といったように、
トレードに対するメリットが多くあります。

 

しかも、海外FXでは、
ロスカットになる証拠金維持率
国内のFX業者に比べて
低い傾向があります。

では、証拠金維持率が、
どれくらいでロスカットになるのでしょうか?

 

海外FXの証拠金維持率はどれくらいでロスカット?

通常、国内のFX業者の場合、
証拠金維持率が100%になると、
強制ロスカットになります。

 

一方で、海外のFX業者の場合、
ロスカットされる維持率は
FX業者によって違います。

大体平均なロスカットの維持率は、
20~50%を下回ると、
強制ロスカットが発動します。

 

例えば、
海外のFX業者で人気のXMでは、
証拠金維持率が20%を下回ると、
強制ロスカットが発動します。

 

そして、XMの場合、
レバレッジが888倍なので、
仮にドル円が113円だとすると、
10万通貨の必要証拠金の計算式は、

113 x 10万通貨 ÷888倍=12,720円

となります。

 

強制ロスカットは
維持率が20%を下回った場合なので、
12,720円 x 20% = 2,544円
という金額未満になったら発動します。

だから、
国内のFX業者だったら
強制ロスカットになるけど
“海外のFX業者なら耐えられる”
というメリットがあります。

 

ただし、
逆に強制ロスカットになった場合は、
海外のFX業者を使うと、
全ての資金を失うことになるので
復活する事が困難になります。

その為、証拠金維持率を気にせず、
含み損を抱えた場合は、
さっさと損切りをするのがベストです。

 

国内のFX業者だとロスカットレベルはどのくらい?

海外のFX業者の場合、
証拠金維持率が20~50%を下回ると、
強制ロスカットが発動します。

 

国内のFX業者だと、
顧客の資金を守るという体で、
証拠金維持率が100%を下回ると
強制ロスカットになります。

 

例えば、ドル円が113円だった場合、
国内のFX業者だとレバレッジが25倍なので、
10万通貨での必要証拠金の計算式は、

113 x 10万通貨 ÷ 25倍=452,000円

となります。

 

国内のFX業者だと
証拠金維持率が100%を下回ったら
強制ロスカットが発動するので、
証拠金が452,000を下回ると切られます。

 

このように、海外のFX業者と、
国内のFX業者を比べてみると、
同じ10万通貨でも、
強制ロスカットまでに大きな差がありますね。

まぁ、これは”どっちが良い”
というのではないんですけどね。

 

そもそも、証拠金維持率が
「どれくらいでロスカットになるのかな?」
なんて考えている時点で

・損切りをしないトレード
・無茶なレバレッジを掛けたトレード

これらのことを考えている証拠です。

 

ある程度の目安を知るのは良いですが、
基本的に維持率など気にせず、
“含み損が出たらすぐに損切をする”
という考え方をするのが、
FXで結果を出し続けるには大切です。

 

まとめ

今回は、海外のFX業者では、
証拠金維持率がどれくらいになったら
ロスカットが発動されるのか?
といった事をお伝えしてきました。

 

基本的に海外FXでは、
ロスカットになる維持率は
業者によって違うのですが、
大体が20~50%を下回ったら
強制ロスカットになります。

 

ただ、何度も言いますが、
ロスカットが発動するまでの
維持率は気にせずに、
含み損を抱えたら
さっさと損切りするのが一番です。

それがFXで結果を出す秘訣ですから。

 

オススメの海外のFX業者について
知りたい場合はコチラ