海外FXを使うメリットとして、
レバレッジが国内FXよりも
高いことがありますよね。

 

このレバレッジが高いと、

・一発逆転ができる
・たった数回で億り人になれる

なんて、”短期間で大きく儲ける”
みたいなイメージがありますが、
実はハイレバレッジの本当のメリットは
もっと別のところにあります。

 

ハイレバレッジの本当のメリットとは?

海外FXのハイレバレッジが意味する
本当のメリットとは、
リスクヘッジになります。

 

なぜなら、レバレッジが高いと、
トレードをする為の必要証拠金が
“少なく済む”というメリットがあるからです。

 

例えば、国内FX業者を使うと、
レバレッジは25倍ですよね。

仮にドル円が110円だとすると、
1万通貨でトレードをするのに
必要な証拠金は、44,000円になります。

 

逆にレバレッジ500倍の
海外FX業者を使う場合、
必要証拠金は、たったの2,200円です。

 

ということは、
FXをする際に必要な最低の資金は、

・国内FX:最低5万以上
・海外FX:最低5,000円以上

といったように、
海外FXを使う場合だと
圧倒的に少なく済みますよね。

 

資金が少なく済むという事は、
自分のお金をリスクにさらす金額が
少なく済む事を意味しているので、
リスクヘッジになります。

 

因みに、
海外FXと国内FXのレバレッジで、
1万通貨でトレードをする場合、
ドル円が110円だとすると、
必要証拠金は以下のようになります。

レバレッジ 必要証拠金
国内FX 25倍 44,000円
Land-FX 500倍 2,200円
XM 888倍 1,238円
Gemforex 1,000倍 1,100円
FBS 3,000倍 367円

 

上記の表を見ればわかるように、
海外FXを使う場合、
圧倒的に資金が少なく済みますよね。

特にFBSやGemforexを使う場合だと、
資金が3,000円もあれば、
トレードができてしまうので、
これはリスクを抑えるには、
物凄いメリットとなります。

 

拘束資金が少ないこともメリット

海外FXを利用すると、
レバレッジが高いので、
“トレードの資金が少なく済む”
というメリットがあります。

更に、資金が少なく済むということは、
“拘束される資金が少なく済む”
ということを意味しています。

 

これも実はFXをする上で
大きなメリットとなります。

 

例えば、10万通貨でトレードをする場合、
ドル円が110円だとしたら、

・国内FX:44万円
・海外FX:1万1千円(レバレッジ1,000倍)

といった必要証拠金が必要になります。

 

つまり、拘束される資金は最低でも、

・国内FX:50万円
・海外FX:3万円(レバレッジ1,000倍)

ぐらいになるわけですよね。

 

そして、仮に”〇〇ショック”
といった大暴落が起きて、
自己資金をすべて失った場合、
国内FXだと50万失うのに対して、
海外FXだと3万円で損失が済むのです。

 

このように、
ハイレバレッジによって、
拘束される資金が少ないことは、
最悪の事態を招いたとしても、
“最小限に損失を抑えられる”
というメリットがあるのです。

 

しかも、2019年現在、
国内FXのレバレッジは25倍ですが、
今後10倍まで下がっていくでしょう。

こうなった場合、
国内FXで同じ条件でトレードをすると、
10万通貨でトレードをするのに、
必要な資金は120万以上になります。

 

これだと拘束資金が倍以上になるので、
逆にリスクが増えることになり、
国内FXを利用するメリットが
ほとんどなくなります。

金融庁は”個人の資産を守るため”
なんてことを言っていますが、
暴落がよく起きる為替相場では、
逆に個人の資産を奪う要因になると
私は考えています。

 

海外FXのハイレバレッジが危険と言われる理由

レバレッジが高いと、
トレード資金が少なく済むので、
リスクヘッジになります。

 

それでも、巷では、
“海外FXのハイレバレッジは危険”
なんてことが言われています。

では、なぜ海外FXのハイレバレッジが
危険と言われているのでしょうか?

 

これは、ハイレバレッジを使って、
過剰なロット数で
トレードをする人が多いからです。

 

例えば、ハイレバレッジは、
トレード資金が少なく済むので
リスクヘッジにもなりますが、
逆の言い方をすると、
小資金を使って大きなロット数で
トレードができることになります。

 

その為、資金管理をせずに、
無茶なレバレッジを掛けて
トレードをすると、
“1回の損失で全てを失う”
といった事が起きやすくなります。

 

よって、
“海外FXのハイレバレッジは危険”
なんてことが言われているのです。

 

ただし!

 

これは海外FXの
ハイレバレッジが危険なのではなく、
ハイレバレッジを使って
トレードをする人が危険なのです。

 

要するに、「1発で大きく取ってやる」
なんてギャンブル的に狙って、
資金管理など考えずに
無茶なレバレッジを掛けて
トレードをするから危険なのです。

 

だから、海外FXのハイレバレッジ自体は
特に危険なものではなく、
リスクヘッジになるメリットがありますが、
使う人によっては、諸刃の剣になります。

 

銃も警官が持てば、
犯罪者を抑止することができますが、
犯罪者が銃を持つと
殺人につながるのと同じ感じです。

 

 

海外FXを使うその他のメリット

海外FXのハイレバレッジは
無茶な使い方さえしなければ、
リスクヘッジになるメリットがあります。

 

更に海外FXには、
レバレッジ以外にも、

・追証がない
・ボーナスがある

といったメリットがあります。

 

追証がない

FXでは暴落がよく起きるのですが、
その際にポジションを保有していて、
強制ロスカットになり、
自分が持つ資金以上の損失を出して
残高がマイナスになることがあります。

つまり、FX業者に対して
借金を背負う状態です。

 

この例としては、
2015年のスイスショックがあります。

この時は、ユーロスイスが大暴落を起こし、
わずか1分程度で1,000pips下落しました。

 

その際に国内FXを使っていた人達は、
損切りが間に合わずに
自己資金以上の損失を出して、
数百万~数千万の借金を背負う人が
多く発生しました。

 

しかし、海外FXの場合、
ゼロカットといって、
万が一、口座残高がマイナスになっても、
マイナス分をリセットしくれる制度があります。

つまり、最大損失は自己資金分だけで、
借金をチャラにしてくれるのです

 

このゼロカットによって、
海外FXを使っていた人達は
借金を免れたのです。

 

実際に海外FX業者のXMでは、
スイスショックの際に

「マイナス分は補填したよ」

という声明文が
ホームページ上で出ていました。

 

このように、海外FXを利用すると、
万が一のことに対しても、
“最悪の事態は避けられる”
というメリットがあるのです。

 

ボーナスがある

海外FXを使うもう1つのメリットに、

・口座開設ボーナス
・入金ボーナス

といったボーナスがあります。

 

口座開設ボーナス

口座開設ボーナスとは、
初めて口座を開く場合に限り、
口座開設完了後に
トレードに使えるクレジットが
貰えるボーナスのことです。

 

このクレジットの金額は
海外FX業者によって違うのですが、
大体3,000~3万円ぐらいの間です。

だから、このボーナスを利用すれば、

“完全に自己資金ゼロから
リアルトレードができる”

というメリットがあります。

 

そんな口座開設ボーナス付きの
海外FX業者を知りたい場合はこちら。
海外FX業者で無料ボーナスがもらえる業者を教えます!

 

入金ボーナス

入金ボーナスとは、
口座に入金する金額に応じて
クレジットが貰えるボーナスのことです。

 

例えば、とある海外FX業者で、
“100%ボーナス”となっていた場合に
5万円を入金したとしましょう。

そうすると、
もう5万円分のクレジットが
FX業者側から付与されるので、
合計の資金が10万になるのです。

 

その為、
使う自己資金が更に少なく済むので、
この入金ボーナスも
リスクヘッジにつながるメリットがあります。

 

海外FXには、このように、
初期投資額がゼロだったり、
少なく済むようなメリットもあるので、
ハイレバレッジと合わせて上手く使うと
ものすごく使い勝手が良くなりますよね!

 

入金ボーナス付きの海外FX業者について
知りたい場合はこちら。
海外FXで100%入金ボーナスがある4つのFX業者とは?

 

まとめ

今回は、
海外FXのハイレバレッジが意味する
本当のメリットを中心にお伝えしてきました。

 

海外FXのハイレバレッジを使うと、

“大きく稼げる”

なんて考えがちなのですが、
実はリスクヘッジになるメリットがあります。

 

更に、海外FXでは、

・追証なし
・ボーナス

といったメリットもあり、
これらもリスクヘッジにつながるので、
とにかく使い勝手が良いのです。

 

だから、もしあなたが、

・トレード資金が少ししかない
・リスクを最小限に抑えたい

といった場合は、
海外FX業者を使うメリットは
十分あるでしょう。