海外FX業者を利用して
トレードをすると、

・ハイレバレッジ
・ボーナス
・追証なし

といったように、
トレードに対するメリットを
多く受け取ることができます。

 

でも、日本国内のFX業者では、
レバレッジが25倍なので、
海外のFX業者を使うと、

違法性があるんじゃないか!?」

なんて考えるかもしれません。

 

ただ、海外のFX業者を使って
トレードする事自体に
違法性はありません

 

海外のFX業者に違法性がない理由

海外のFX業者に違法性がない理由として、
会社自体が日本国内に存在せずに、
海外に存在しているからです。

だから、日本の法律が適用されないので、
国内FXのレバレッジをはるかに超えた
ハイレバレッジで取引ができるのです。

 

因みに、国内のFX業者は全て、
金融商品取引法に基づいて、
登録を受けないと営業ができません。

 

だから、国内のFX業者で、
この登録を受けずに
営業している場合は違法となります。

 

こうなると、海外のFX業者は、
日本の金融商品取引法に基づいて
登録をしていないことになりますよね。

いわゆる無登録業者になります。

 

その為、「違法性があるのでは?」
なんて思うかもしれませんが、
無登録業者でトレードをしても、
投資家に違法性や罰則はありません。

つまり、海外のFX業者を使って
トレードをしても、
使った人には違法性や罰則はないのです。

 

海外のFX業者を使うのは自己責任

海外のFX業者を使うこと自体に
違法性はありませんが、
金融庁では無登録業者を公表して、
注意喚起を促しています。

 

つまり、海外のFX業者を使ってもいいけど、

「自己責任で使ってね」
「金融庁は責任取らないよ」
「ちゃんと注意喚起したからね」

といったスタンスなので、
何かあっても助けてくれません。

 

やはり海外のFX業者の中には
出金拒否などをして
顧客の利益を奪うような
怪しいFX業者も存在します。

このような時に
金融庁へクレームが入るのですが
金融庁側からすると
日本国外に所在地があるので
手が出せないのです。

 

だから、
注意喚起をして
“自分でリスクを回避してね”
というスタンスなのです。

 

海外のFX業者を使う際の注意点

日本に在住しながら、
海外のFX業者を使う場合、
特に違法性はありません。

ただ、使う海外のFX業者が、
営業している国の金融庁に
ライセンスの認可を受けているか
確認するようにしましょう。

 

もし、ライセンスを受けていない場合は、
違法性があるだけでなく、
何が起きても保証されることはありません。

 

一応、
ライセンスを受けている海外のFX業者は
万が一倒産したとしても、
リスク分散をしているので、
資金が戻ってくるなどの保証があります。

金融庁のライセンスを受けているかは、
ホームページに記載されています。

 

例えば、海外のFX業者で人気No.1のXMは、
ホームページの最下部に、
ライセンスを受けている旨の記載があります。

 

だから、海外のFX業者を使う場合は、
最低限、ホームページ上で、
その国の金融庁から
ライセンスを受けているかを
確認した方が良いでしょう。

さもないと何かあっても
日本と海外、どちらからも
相手にされずに
泣き寝入りすることになります。

クレームを言っても無駄になりますから。

 

海外FXで得た利益は日本で納税

たまに勘違いする人がいるのですが、
海外FXを使って利益を出した場合、
「日本で納税しなくてもいいのでは?」
なんて思う人がいます。

 

ですが、納税に関しては、
海外のFX業者を使ったとしても、
今現在、日本に住んでいるなら、
日本に対して納税が必要になります。

 

しかも、海外FXで得た利益は、
雑所得に分類されるので、
稼げば稼ぐほど税金が高くなります。

 

因みに、
海外FXで利益を得た場合の税率は、
以下のようになっています。

 

利益額 税率
195万以下 5%
196~330万以下 10%
331~695万以下 20%
696~900万以下 23%
901~1,800万以下 33%
1,801~4,000万以下 40%
4,001~ 45%

 

この税率に対して、
市民税が必要になるので、
国内のFX業者と同じ20%なのは、
330万円までの利益になります。

 

もし、海外FXの税金について
詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
海外のFX業者で利益が出た場合の税金ってどうなるの?

海外FXと国内FXの税金は違う!注意すべき点を教えます!

給与をもらうサラリーマンは海外FXで税金はどうなる?

 

海外FXにはメリットも多い

海外FX自体には違法性はありませんが、
上記でお伝えしたように
注意する点もいくつか存在します。

 

しかし、海外FXを使うと、

・ハイレバレッジ
・ボーナス
・追証なし

といったメリットもあります。

 

ハイレバレッジ

海外FXの場合、
日本の法律が適用されないので
レバレッジが高くなっています。

 

通常、ハイレバレッジと聞くと
“危険”というイメージがありますが
これはハイレバレッジが危険なのではなく、
過剰にハイレバレッジを使って
トレードをする人が危険なだけです。

 

逆にハイレバレッジによって、
使う資金が少なく済む上に
FX業者に拘束される資金も少なく済むので
実はリスクヘッジにもなるのです。

もし、このことについて
詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
海外FXのレバレッジが意味する本当のメリットとは?

 

ボーナス

更に海外FXでは
国内FXにないボーナスが存在します。

 

例えば、新規口座開設ボーナスでは
新しく口座開設をするだけで
リアルトレードに使える
クレジットが貰えます。

その為、自己資金が完全にゼロから
FXで稼ぐことも可能です。

 

また、入金ボーナスも
入金した金額に応じて
同じようにクレジットが貰えるので
実質の資金が増える事になります。

 

例えば、とある海外FX業者で
100%入金ボーナスが
開催されていたとしましょう。

この時に5万円を入金したら
更に5万円分のクレジットが貰えるので、
実質の資金が10万円になったのと
同じ事を意味します。

 

これによって、
資金が少ない状態からでも
かなりのロットで
トレードができるようになるので
稼げるチャンスがアップしますよね。

 

このように、海外FXには
ボーナスもあるので
使い勝手が凄く良くなります。

もしボーナスを扱う
FX業者を知りたい場合は
以下の記事で紹介しています。
海外FX業者で無料ボーナスがもらえる業者を教えます!

海外FXで100%入金ボーナスがある4つのFX業者とは?

 

追証なし

海外FXでは追証もありません。

なぜなら、
ゼロカットというシステムがあるからです。

 

このシステムは、
万が一、暴落などにより、
自己資金以上の損失を出して
口座残高がマイナスになった場合に
マイナス分を補填してくれる制度です。

これによって
追証もなくなるので
最大損失が自己資金までになるので
万が一の事があっても
リスクは限定されます。

 

これが国内のFX業者だと
追証が発生するので
マイナス分は借金となって
払う必要がありますからね。

これは大きな差ですよね。

 

もし、ゼロカットについて
詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
海外FXのゼロカットは最強!国内FXと比較したら安全さが判明!

 

このように、
海外FXではトレードをする上で
多くのメリットがあるので
使い勝手が凄くいいです。

それでいて
今現在は違法性もないので
使う価値は十分あると思います。

 

まとめ

海外のFX業者を使うことに対して
違法性はありません。

ただ、全て自己責任で、
利益が出た分を
ちゃんと納税する必要があります。

 

まぁ、基本的にFXをやること自体が
自己責任なるので、
国内のFX業者を使うよりも、
海外のFX業者を使った方が
稼ぐチャンスがあるのであれば、
海外のFX業者を使えば良いと思います。

 

違法性のない、
オススメの海外のFX業者はコチラ