海外FXを利用する場合、

・ハイレバレッジ
・ボーナス
・追証なし

といったメリットがあるのですが、
逆に問題点はあるのでしょうか?

 

仮に問題があったとしても、
それらの問題は、
トレードにどう影響を及ぼすのでしょうか?

そこで今回は、海外FXを使う上での
問題点について考えてみました。

 

ハイレバレッジに問題あり?

海外FXの場合、国内のFX業者とは違い、
レバレッジが高い点があります。

今では500倍以上は普通で、
1,000倍を超えるFX業者ですら存在します。

 

その為、このハイレバレッジを使うと、

「簡単に損をするので問題だ」

なんてことが言われています。

 

しかし、私からすれば、
これは”ハイレバレッジが危険”
というよりも、
ハイレバレッジを使って
無茶なロット数で
トレードをする人に問題があります。

 

ハイレバレッジを使うと、
確かに少ない資金からでも
大きなロット数でトレードができます。

だから、仮に損切りになった場合、
大きな損失を受けるし、
損切りできずに放置すれば、
あっという間に1発退場になりえます。

 

ただ、これは、
トレード技術が未熟な人が、

・早く稼ぎたい
・1発で大きく稼ぎたい

というように、焦りや欲望に負けて
無理なレバレッジを掛けて
トレードをするからです。

 

よって、
ハイレバレッジ自体は問題ではなく、
レバレッジを使う側に問題があるのです。

むしろ、海外FXのハイレバレッジは、
正しく使えば、少額の資金からでも
トレードができるので、
リスクヘッジになります。

 

なぜなら、例えば、ドル円が110円の場合、
国内のFX業者を使うと、
1万通貨をトレードするのに44,000円の
証拠金が必要なので、
最低でも5万円は拘束されます。

しかし、レバレッジ500倍の海外FX業者だと、
必要証拠金はたったの2,200円なので、
5,000円~1万円程度の拘束で済みます。

 

ということは、ポジションを保有中に
万が一大暴落が起きて
全ての資金を失った場合、

・国内FX:5万の損失
・海外FX:5,000~1万の損失

といったように、
拘束資金の少ない海外FXの方が
損失を少なく抑えることができます。

 

だから、ハイレバレッジは
正しく使えば危険ではなく、
むしろリスクを最小限に抑えてくれるのです。

 

約定に問題あり?

海外FX業者を使っていると、
注文を操作されて、

・約定しない
・スリッページがひどい

といった事が”起きやすい”
なんて言われることがあります。

 

確かに昔の海外FX業者では、
呑み行為といって、
顧客の注文をインターバンクに流さずに、
業者内で処理をする行為をしていました。

 

これによって、

・顧客の損失はFX業者側の利益
・顧客の利益はFX業者側の損失

という仕組みになっていたので、
故意に約定レートをずらしたり、
スプレッドを急に広げたりと、
とにかくやりたい放題で問題だらけでした。

 

しかし、今現在の海外FX業者では、
顧客から来た注文を
インターバンクに流すようになり、
透明性が高くなったので、
約定に大きな問題はなくなりました。

その変わり、スプレッドから
利益を出すようになったので、
国内のFX業者と比べると、
少しスプレッドが広くなっています。

 

むしろ、今では国内のFX業者が
スプレッドを狭くする分、
呑み行為をしているので、

・約定拒否
・スプレッドを急に広げる

といった事が起きやすくなります。

 

その為、今現在の海外FXでは、
約定にほとんど問題はありません。

 

ただし、マイナーな海外FX業者では、
サーバーが弱いことがあるので、
約定力に問題があることがあります。

だから、海外FX業者を使うなら、
大手でメジャーな海外FX業者を
使うようにしましょう。

メジャーで人気の海外FX業者はコチラ

 

入金に問題あり?

海外FX業者へ入金する場合、
外国へ送金をすることになります。

 

その為、国内の銀行から送金をする際に、

・複雑な手続きが必要
・高い手数料が取られる
・FX業者に届くまで時間が掛かる

といった問題がありました。

 

更に、海外送金をしたはずなのに、
“中継先の銀行で資金が消える”
なんて謎の現象も発生して、
かなり問題がありました。

 

しかし、今の海外FX業者では、
銀行送金をする際には
日本にある決済代行会社を使っているので、
実際に入金する際は、

・三井住友銀行
・りそな銀行

といったように、
国内の銀行に振り込みをする形になっています。

 

その為、手数料も数百円で済むし、
業者側への着金も早くなったので、
安心して入金できるようになりました。

 

しかも、海外FXでは銀行送金以外にも、

・クレジットカード
・デビットカード
・ビットウォレット
・ビットコイン

といったように、
入金方法にいくつか種類があり、
自分の環境に合った入金方法を
使うことができるようになっているので、
使い勝手がすごく良くなっています。

 

海外FXでの入金方法について
更に詳しく知りたい場合はこちら。
海外FXの入出金どうなっている?手数料など徹底解析!

 

出金に問題あり?

海外FX業者を使って利益が出た場合、
その利益を出金するわけですが、
昔は出金に関して問題が大アリでした。

 

なぜなら、上記で少しお伝えしたように、
昔の海外FX業者では呑み行為をしていました。

 

その為、海外FXで利益を出した分は、
FX業者側の損失になるので、
いざ出金しようとすると、

「規約違反のトレードをした」

なんて難癖をつけられて、
出金拒否されることが多かったです。

 

しかも、こちらから問い合わせても、
無視されるだけだったので、
完全に泣き寝入り状態でした。

 

ですが、今の海外FX業者では、
呑み行為はしなくなったので、
顧客が利益を出しても、
FX業者側の損失にはなりません。

だから、出金に関しても、
何の問題もなくできるようになりました。

 

実際に私自身も、
海外FXをメインに使っていますが、
ここ数年は出金拒否は一度もありません。

 

ただし、

・ボーナスを不正利用する
・ゼロカットを利用したトレードをする
・指標のみのトレードをする

といったように、
FX業者側の隙を突くような
トレードをした場合は、
利益が取り消されます。

 

それでも、
普通にトレードをしている分には、
理不尽な出金拒否はないので、
大きな問題はないでしょう。

 

日本語サポートに問題あり?

海外FX業者を使う場合、
当然ながら相手は外国人なので、
何か問題があった場合は、
基本的に英語でやりとりをします。

 

昔も日本語を使えるスタッフは
いるにはいたのですが、
日本人ではなかったので、
あまり通じませんでした。

 

だから、英語ができない人にとっては、
海外FXはリスクが大きかったわけです。

 

しかし今では、海外FX業者も
多くの日本人トレーダーに
認知されてきたので、
日本人スタッフを採用にするようになり、
全て日本語でやり取りがOKになりました。

 

XMなんかは、
リアルタイムの日本語チャットが
できるようになったくらいですからね。

その為、何か問題があっても、
正しく意思疎通ができるので、
安心して海外FX業者を使えるようになりました。

 

税金に問題あり?

海外FXで年間20万以上の利益を出すと、
確定申告をして、
税金を支払う必要があります。

 

しかも、海外FXで出た利益は、
雑所得になるので、
以下のように稼げば稼ぐほど、
税率が上がっていきます。

 

稼いだ利益額 税率
 195万以下 15%
 196~330万 20%
331~695万 30%
696~900万 33%
901~1800万 43%
1801万~4000万 50%
4001万~ 55%

 

これは所得税と住民税を
足した税率となっています。

このように、海外FXの場合、
利益が出た際の税金が
高くなってしまいます。

 

しかし、
FXで確実に稼げる技術がない限り、
いきなり1,000万などの利益が
出ることはあまりないので、

「確実に稼げる」

という自信がない限りは、
そこまで問題にならないでしょう。

 

それに万が一大きく稼いだ場合、
法人化することも可能なので、
この辺りは稼いでから考えればいい事です。

 

海外FXの税金について、
更に詳しく知りたい場合はこちら。
海外FXと国内FXの税金は違う!注意すべき点を教えます!

 

海外FXは実は使い勝手が良い

ここまで、海外FXの問題点について、
色々とお伝えしてきました。

 

ただ、どの問題点も、
今では解消されているので、
逆に海外FXは、

・ハイレバレッジ
・ボーナス
・追証なし

といったメリットがあるので、
使い勝手は凄く良くなっています。

 

また、スプレッドに関しても、
かなり狭くなってきているので、
国内のFX業者と、
そこまで変わらなくなってきました。

だから、トータルで考えても、
海外FXを使うメリットの方が
今では大きくなっています。

 

因みに、海外FXのスプレッドについて
知りたい場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。
海外FX業者のスプレッドを比較!ベストな業者はどこ?

 

まとめ

今回は海外FX業者の問題点について、
色々とお伝えしてきました。

 

確かに昔の海外FX業者では、

・入金に失敗する
・出金拒否される
・約定に問題がある
・スプレッドが広い
・日本語が通じない

といったように、
色々と問題が多かったです。

 

ですが、今の海外FX業者では、
年月が経って色々と整備されたことから、
物凄く使い勝手が良くなりました。

その為、もしあなたが、
海外FXを使おうか迷っているなら、
今なら自信をもってオススメできます。

 

そんな、使い勝手の良い、
オススメの海外FX業者は
以下で紹介しています。