海外FXを利用すると、

・高レバレッジ
・ボーナス
・ゼロカット

といったメリットが魅力的で
使い勝手が凄く良いです。

 

ただ、海外FX業者の中には、
ある日突然倒産してしまい、
夜逃げをするような業者も存在します。

夜逃げをやられてしまうと、
相手が海外にいることから、
私たち一般人は追いかける事が不可能なので、
資金の返金はないと思うべきです。

 

そこで今回は、
夜逃げをされない為に、
ヤバい海外FX業者の見分け方について、
お伝えしていきます。

 

マイナーな海外FX業者に注意

海外FX業者は、
ネット上で探してみると、
数え切らないくらい
多くのFX業者が存在します。

 

そして、その中でも、
突然倒産して夜逃げをするようなFX業者は、
マイナーな海外FX業者であることが多いです

特に日本語対応がないようなFX業者は
基本的に使わない方が良いです。

 

サポートがずさん

まず、私の経験上、
マイナーな海外FX業者は、
日本人対応をしていないので、
サポートなどが
細かい点まで行き届いておらず、
かなりずさんな事が多いからです。

 

しかも、このようなFX業者だと、
何かトラブルがあっても
やりとりは全て英語になり、
英語ができないとわかると、
普通に無視されたりして
連絡がつかなくなることも多いです。

 

システムが脆弱

マイナーな海外FX業者だと、
サーバーなどのシステムが脆弱で
約定力が弱いことが多いです。

 

なぜなら、このようなFX業者だと、

・経営資金が少ない
・顧客自体が少ない

といったことから、
設備投資をする資金に余裕がないので、
サーバーがショボいです。

 

だから、

・MT4が長時間止まる
・約定が遅い
・約定しない

ということが起きやすく、
物凄くストレスが多いです。

 

特に指標や要人発言など、
大きな動きがあった時などは酷くて、
エントリーをする為に
注文ボタンを押しても、
全く何も反応しない事が多いです。

 

だから、ボタンを連打していると、
その1分後ぐらい突然、

「ボンボンボンボン」

という約定音が鳴って、
連打した分だけ注文が入ったりします。

 

しかも、その約定レートも
かなり悪い場所で約定していて、
ポジションが反映された時には
“すでに大きな含み損を抱えている”
なんてことも起きやすいです。

 

入金処理が遅い

マイナーな海外FX業者だと、
入金処理がとにかく遅いです。

特に銀行送金になると、
国際送金になるので、
FX業者側も上手く対応できずに
口座に入金が反映されるまで
かなり時間が掛かります。

 

しかも、最悪、FX業者側が
処理がわからずにそのまま放置されて、
全く口座に反映されない事もあります

 

因みに、このような時に
サポートに連絡をしたとしても、

「うちには着金してないからわからない」
「日本側の銀行に聞いてくれ」

なんて言われることが多いです。

 

そして、日本の銀行側に聞くと、

「こちらでは出金処理が完了しています」
「送金先に再度ご確認ください」

なんてことを言われて、
たらいまわしにされます。

 

結局、FX業者側に
再度チェックするように伝えると、
何事もなかったかのように、

「口座に反映されている」

なんて連絡がきて、
“やっとトレードができるようになる”
なんてことが起きます。

 

呑み行為で出金拒否をしてくる

マイナーな海外FX業者の場合、
注文形式がb-bookといって、
顧客の注文をインターバンクへ流さずに、
FX業者内で注文を完結させてきます。

つまり、呑み行為をしています。

 

その為、このような場合、

・顧客の損失はFX業者の利益
・顧客の利益はFX業者の損失

といった構図が出来上がります。

 

ということは、この業者を使って、
FXで利益を出しまくると、
その分、業者側の損失が膨らむので、
利益を出させないように、

・約定拒否をする
・故意にスプレッドを広げる

といったことをしてきます。

 

更に、このような操作以外にも、
出金しようとすると、
損を出さないようにする為、
出金拒否をしてきます。

 

このような場合、ほとんどが、

「利用規約に違反した」
「だから利益を取り消す」

なんて突然言われて、
出金ができなくなります。

 

しかも、何が悪かったのか、
理由を聞いたとしても、
完全に無視されて、
何も返事が返ってきません。

こうなると相手は海外にいるので、
こちら側から何もできなくなり、
泣き寝入りをするはめになります。

 

そして、最悪なことが、
わざと破産させて夜逃げをすることです

 

昔、私は”レバレッジが高い”
という理由から、
日本では馴染みのない、
謎の海外FX業者を使っていました。

そして、そのFX業者では、
システムに不備があったので、
その不備を突いたトレードをガンガンして、
1,000万近くの利益を出しました。

 

こんなことをしていたら、
ある日突然1通のメールが来て、

「破産を申請しました」
「その為、明日からトレードができなくなります」

みたいな内容になっていて、
次の日にログインをしようとしても、
“無効な口座”と表示されて、
何もできなくなってしまいました。

 

その時のメール内容が以下です。

今はもうないFX業者ですが、
一応、名前は伏せておきます。

 


Dear Clients,
 
Please be advice that xxxx will cease to operate on March 31 and after which will file a bankruptcy status to different business regulator.
 
xxxx experience heavy financial losses due to non – payment of investment by SUNFUN International Group Ltd located in Hong Kong to xxxx.
 
Attach herewith the Letter coming from SUNFUN International Group Ltd.

 

実際のメール画像が以下です。

 

 

結局、このメールが来た後は、
何も連絡が来ずに、
この口座が復活することはありませんでした。

このように、
マイナーな海外FX業者を使うと、
呑み行為をしていることが多いので、
利益を出しまくると、
ある日突然倒産させて
夜逃げをする可能性が高まります。

 

入金ボーナスが過剰に多い場合は注意

海外FX業者を使う醍醐味として、
入金ボーナスがあります。

これは入金した金額に応じて、
“〇〇%ボーナス”
といったように、
クレジットが貰える仕組みです。

 

その為、とある海外FX業者で、
“100%ボーナス”となっていた場合、
仮に10万円を入金したとしましょう。

そしたら、もう10万円分の
クレジットが貰えるので、
トレード資金が20万円になるのです。

 

しかし、海外FX業者の中には、
このボーナスが”500%”
といったように、
異常に多いFX業者が存在します。

 

なんで、
こんなにボーナスが貰えるのかというと、
これは顧客を集める為だからです。

要するにボーナスで顧客を集めて
たくさん口座開設をしてもらい、
“トレードをガンガンしてもらおう”
という狙いです。

 

基本的にFXの世界では、
“90%以上が負けている”
ということが言われています。

だから、FX業者側からすれば、
多くの顧客にトレードをしてもらって、
ガンガン負けてもらえれば、
その分、業者側の利益になります。

 

しかし、ボーナスに釣られて、
いざトレードをしてみると、

・約定が遅い or 約定しない
・サーバーがダウンする
・サポートはずさん

といった事が起きやすいです。

 

なぜなら、
ボーナスで釣るということは、
今現在顧客が少ない状態なので、
顧客を集めたいという証拠です。

その為、業者側の運営資金も少ないので、
サーバーなどのシステムも
ショボいものを使っている事が多いです。

 

よって、一気に顧客を集めることで、
サーバーに負荷が掛かってしまい、
約定スピードが遅くなったり、
サーバーがダウンしやすくなったりします。

 

その為、過剰にボーナスをアピールしている
海外FX業者を使うのは止めた方がいいです。

私の経験上、ボーナスが200%を超えると、
このようなトラブルが起きやすいです。

 

海外FXを利用するなら有名なFX業者を使おう

もし、海外FXを利用して
トレードをしようと考えているなら、
日本人に人気のある、
有名なFX業者を使うようにしましょう。

 

そうすれば、
上記でお伝えしたような危険性が
大きく減ることは間違いないので。

 

日本人に人気があるということは、

・入金と出金がしっかりしている
・約定力も問題ない
・日本語サポートもある

といったように、
日本人に使いやすいように
作られている事を意味しますね。

 

因みに、このサイトでも、
海外FX業者を紹介していますが、
ここで紹介している業者は、
全て日本人に人気のFX業者です。

私も普通に使っているのですが、
約定力も問題ないし、
出金拒否も今のところ一度もされていません。

 

もし、興味があれば、
以下の記事で紹介しているので、
チェックしてみてください。
オススメの海外FX業者!この業者は必ず使うべき!

 

まとめ

今回は、海外FX業者を使うと、
夜逃げされてしまうのか?
といった事について
お伝えしてきました。

 

基本的に今の海外FX業者は、
“破産して夜逃げをする”
といった事はほとんどありません。

 

海外FXは、

・ハイレバレッジ
・ボーナス
・ゼロカット

といったように、
上手く活用していけば、
大きな力になってくれます。

 

ただ、マイナーなFX業者を使うと、
故意に破産させて
夜逃げをする危険性が高まるので、
過度なレバレッジやボーナスに
釣られないようにしましょう。