海外FXといえば、
ハイレバレッジが醍醐味ですが、
そのレバレッジの中でも、
1,000倍というFX業者も出てきました。

 

10年ぐらい前は、
レバレッジ500倍が
一番のハイレバレッジだったのですが、
今やその2倍の1,000倍ですからね。

時代の流れや進化はスゴイです。

 

しかし、レバレッジが1,000倍もあると、

「危険なんじゃないの?」
「本当に大丈夫なの?」

なんて不安に思うかもしれません。

 

そこで今回は、レバレッジ1,000倍の
海外FX業者を使う際の
メリットやデメリットについて
お伝えしていきます。

 

レバレッジ1,000倍のメリットとは?

ではまずは、
レバレッジ1,000倍のメリットについて
お伝えしていきます。

 

レバレッジ1,000倍の
海外FX業者を使うメリットに

・証拠金が少なく済む
・資金効率が良い
・ロスカットされにくい

といったことがあります。

 

証拠金が少なく済む

レバレッジ1,000倍の最大の魅力は
これだと思います。

つまり、少額の資金からでも
リアルトレードができることです。

 

例えば、ドル円が110円だとした場合、
1万通貨でトレードをする為の証拠金は、

110円 x 1万通貨÷レバレッジ1,000倍

という計算式になり、
たったの1,100円です。

 

その為、5,000円~1万円あれば、
リアルトレードができちゃいます。

 

一方で、国内FX業者を使う場合、
レバレッジが25倍なので、
同じくドル円が110円だとしたら
1万通貨の必要証拠金は、
44,000円となって、
最低でも5万は必要になります。

 

この差を考えると、
レバレッジ1,000倍というのが、
いかに凄いかがわかりますよね。

これなら、資金がなくても、
お小遣いから捻出して
トレードができます。

そして、その1万円が、
5万、10万と増えていけば、
豪遊することだって出来ちゃいます。

 

隠れたメリットはリスクヘッジ

海外FX業者でレバレッジ1,000倍を使えば、
少額の資金からでもトレードができますが、
この隠れたメリットとして、
リスクヘッジになることが挙げられます。

 

もしかしたら、あなたの頭の中には、

“ハイレバレッジ=危険”

というイメージがあるかもしれません。

 

ですが実はハイレバレッジはその逆で、
リスクを限定できるのです。

 

なぜなら、レバレッジ1,000倍によって、
少額の資金からトレードができると、
拘束資金が少なく済みますよね。

ということは、万が一、
ポジション保有中に大暴落が起きて
損切りが間に合わずに
全ての資金を失ってしまった場合でも、
損失を最小限に抑えることができます。

 

例えば、10万通貨でトレードをする場合、
ドル円が110円だと仮定すると、
海外FX業者と国内FX業者で
必要な証拠金は

・レバレッジ1,000倍:11,000円
・レバレッジ25倍:440,000円

となります。

 

よって、必要な最低資金は、

・レバレッジ1,000倍:3~5万円
・レバレッジ25倍:50万円

といったように、
拘束資金が10倍も違ってきます。

 

その為、万が一大暴落が起きて
全ての資金を失った場合、
国内FX業者の方が
圧倒的に多くの資金を失う事になります。

この事を考えると、
実は海外FX業者のハイレバレッジは
リスクヘッジになるのです。

 

ハイレバレッジが危険と言われるのは、
資金管理などもせずに
過剰なロットでトレードをする、
トレーダー側が危険なのです。

 

資金効率が良い

海外FXのハイレバレッジを使う上で、
次にメリットなるのが、
資金効率が良い事です。

 

これはハイレバレッジによって、
証拠金が少なく済みながら
国内FX業者を使ってトレードする時と
同じロット数でトレードができる点です。

つまり、50万の資金で
10万通貨のトレードをしていたのが、
10万円で同じロット数で
トレードができるということです。

 

これが可能になると、
圧倒的に資金効率が良くなり、
FXで勝てる技術があれば、
ものすごい勢いで資金が増えていきます。

 

それでいて、少額の資金から
トレードができるので、
リスクヘッジにもなっているわけです。

 

だから、たった10万の資金からでも、
20万、30万、50万、100万と、
資金を増やすことが可能なわけです。

これは海外FXを使う上での
大きなメリットになりますよね。

 

ロスカットされにくい

海外FXを使うメリットに、
“ロスカットされにくい”
という点もあります。

 

レバレッジが高いと、
証拠金維持率も高くなり、
万が一、損切りできずに逆行されても、
ロスカットが起きにくくなります。

 

例えば、資金が30万ある状態で、
5万通貨のトレードをしているとしましょう。

この時にレバレッジ25倍の国内FXだと、
ドル円が110円だと仮定した場合、
必要な証拠金は22万円になります。

つまり、この場合の証拠金維持率は、
136%になります。

 

そして、国内FX業者では、
証拠金維持率が100%を切ったら、
ロスカットが発動される事がほとんどです。

その為、8万円分、この場合だと
160pips逆行されたら、
ロスカットが発動します。

 

逆にレバレッジ1,000倍の
海外FX業者を使った場合は、
5万通貨の必要証拠金は
たったの5,500円です。

つまり、資金が30万あると、
証拠金維持率は5,400%になります。

 

しかも、海外FX業者の場合、
証拠金維持率が20~50%を切ったら
ロスカットになる事がほとんどです。

ということは、297,250円まで、
この場合だと、594pipsの逆行まで
ロスカットされずに耐えることができます。

この事を考えると、
ロスカットになるまでの許容値が
海外FXの方が大きいので、
仮に逆行されたとしても、
耐えてレートが戻ってくる確率が
国内FXよりも高くなりますよね。

 

ただし、これは万が一のことなので、
基本的にすぐ損切りするのが鉄則です。

 

以上が、ハイレバレッジの
海外FXを使う際のメリットになります。

基本的な考え方としては、
ハイレバレッジで大きく稼げるというよりも、
リスクが少なく済むというのが
一番のメリットになります。

 

レバレッジ1,000倍のデメリットとは?

では次に、
レバレッジ1,000倍のデメリットですが、
これはたった1つだと思います。

 

大ロットでのトレードを誘発する

 

これがレバレッジ1,000倍における
デメリットだと思います。

 

レバレッジが1,000倍も使えると、
普通では考えられないほど
大きなロット数でトレードができます。

 

例えば、資金が10万あって、
ドル円が110円だとした場合、
レバレッジ1,000倍をMAXで使うと、
最大取引可能ロット数は
約90万通貨になります。

たった10万の資金で90万って
おかしいですよね(笑)

 

これが国内FXだと、
90万通貨のエントリーをするとなると、
約400万必要になりますからね。

 

だから、トレード技術が未熟だと、
このハイレバレッジを使って、

・ナンピン
・リベンジトレード

といった事が簡単にできるので、
これらの事を誘発してしまい、
1回の損で全てを失う事にもなります。

 

海外FXのハイレバレッジは、
リスクヘッジにもなりますが、
使い方によっては
逆にハイリスクにも変貌します。

 

その為、このような事を
可能な限り防ぐ為にも、
とにかく少額の資金から
トレードをするのが良いでしょう。

私個人の意見では、
5万の資金があれば十分だと思います。

 

レバレッジ1,000倍の海外FX業者はどこ?

ここまで、レバレッジ1,000倍による、
メリットとデメリットについて
私の考えをお伝えしてきました。

 

基本的にはレバレッジ1,000倍は、
メリットの方が多いですが、
使い方次第では、
逆にデメリットとなります。

その為、レバレッジ1,000倍の
海外FX業者を使うのであれば、
少額の資金から始めましょう。

 

この事を分かった上で、
レバレッジ1,000倍を試したいなら、
“Gemforex(ゲムフォレックス)”
という海外FX業者がオススメです。

 

この海外FX業者は、
香港にある業者なのですが、
日本人によって
2010年に設立されたそうです。

そして、経営陣4名中3人が日本人で、
スタッフの半数も日本人です。

 

その為、この海外FX業者は、
香港にありながらも、

・経営
・システム
・サービス
・サポート

これらの全てが日本人向けになっています。

 

Gemforexのスプレッドは?

GemForexのスプレッドは、
海外FX業者の中でも
そうとう狭い方です。

 

例えば、一般的な海外FX業者だと、

・ドル円:1.6~
・ユーロドル:1.6~
・ポンドドル:2.5~
・ユーロ円:2.0~
・ポンド円:3.5~

となっているのですが、
Gemforexの場合、

・ドル円:1.2~
・ユーロドル:1.2~
・ポンドドル:1.5~
・ユーロ円:1.5~
・ポンド円:1.9~

といったように、
かなり狭いスプレッドです。

 

特にポンド系のスプレッドは
海外FX業者では広いのですが、
Gemforexでは1pip台ですからね。

それでいてレバレッジ1,000倍なので、
使い勝手はすごく良いです。

 

因みに、主要な海外FX業者の
スプレッドを比較してみたので、
興味があれば確認してみてください。
海外FX業者のスプレッドを比較!ベストな業者はどこ?

 

約定スピードも速い

いくらレバレッジが1000倍で、
スプレッドが狭いと言っても、
約定スピードが遅くては話になりません。

そこで実際に口座を開いて
トレードをしてみたのですが、
約定スピードはかなり速いです。

 

私は今まで30社以上の
海外FX業者を使ってきましたが、
その中でも約定スピードは一番速いです。

国内のFX業者よりも
速く感じることもあるので、
海外FX業者でこの約定力は
ちょっと信じられないです。

 

追証なしも嬉しい

海外FX業者には、
ゼロカットといって、
万が一、相場が急変して、
口座残高がマイナスになって
借金を抱えた場合、
それをリセットしてくれる制度があります。

 

GemForexに関しても、
このゼロカットはあります

 

だから、万が一、
残高がマイナスになっても、
マイナス分をリセットしてくれるので、
借金を背負わずに済みます。

 

キャンペーンボーナスもある

海外のFX業者の場合、

・口座開設ボーナス
・入金ボーナス

といったボーナスがありますよね。

 

そして、GemForexに関しても、
これらのボーナスは存在します。

 

口座開設ボーナス

Gemforexの場合、
口座開設ボーナスは、
通常時は5,000円となっています。

 

ただ、このFX業者では、

・クリスマスキャンペーン
・新春キャンペーン
・夏休みキャンペーン

といったように、
何かしらのキャンペーンが多く、
そのキャンペーンの時は、
1万~3万までボーナスが増えます。

 

例えばこんな感じで↓↓

 

だから、運が良ければ、

自分のお金を1円も使うことなく、
1~3万の資金から
リアルトレードができちゃうのです。

たった1~3万であっても、
レバレッジが1,000倍もあるので、
普通に5万、10万といったように
増やすことが可能ですからね。

 

入金ボーナス

Gemforexには、
口座開設ボーナス以外にも、
100%入金ボーナスが付く場合があります。

 

この100%入金ボーナスは、
例えば、資金を5万円入金した場合、
ボーナスでもう5万円もらえるので、
トレード資金が2倍になります

 

ただし、入金ボーナスは、
抽選になっているのですが、
普通に落ちることもあります(笑)

通常、こういうのは、
抽選とはいっても
ほとんどが絶対に当たるのですが、
Gemforexの場合は落選もあります。

 

その為、もし抽選に当たったら、
必ず使った方がいいです。

レバレッジ1,000倍の上に
資金が2倍になったら、
けっこう無敵感が出ますから(笑)

 

サポートも全て日本語対応なので安心

サポートに関しても、
日本人のスタッフが半数以上いるので、
全て日本語でOKです

しかも、返事もその日の内に
返ってくることがほとんどなので、
対応も早いです。

だから、わからない事があれば、
日本語で質問をすれば、
全て日本語で返ってくるので安心です。

 

以上が、Gemforexの特徴になります。

 

Gemforexの場合、
レバレッジ1,000倍でありながら、

・スプレッドが狭い
・約定力が高い
・ゼロカットがある
・ボーナスがついてくる
・完全日本語サポート

といったように、
物凄く使い勝手良い海外FX業者です。

 

だから、海外FX業者を使うなら、
確実にGemforexがイチオシです。

 

そんなGemforexの口座開設は、
以下からできるようになっています。

 

キャンペーン中だったら、
めちゃくちゃラッキーですよ^^

 

まとめ

今回はレバレッジ1,000倍の
海外FX業者を使う際の
メリットやデメリットについて
お伝えしてきました。

 

レバレッジが1,000倍もあると、
「危険なのでは?」
なんて思うかもしれませんが、
実は逆だったりします。

もちろん、危険になる場合もありますが、
それはトレーダー側の問題で、
ハイレバレッジが危険なのではありません。

 

使い方さえ間違わなければ、
逆にリスクヘッジになるので、
レバレッジ1,000倍は
FXでトレードをする上での
大きな武器になるでしょう。