海外FXは国内FXとは違い、

・ハイレバレッジ
・ボーナス
・追証なし

といったように、
トレードの使い勝手が良いです。

 

ただ、エントリー枚数の表記が
海外FXでは独特で、
ロットで表示されます。

国内FXを利用する場合は、
“〇〇万通貨”という表示なので、
「1ロット=何万通貨なの?」
なんて疑問に感じると思います。

 

そこで今回は、海外FXで表示される
ロットについてお伝えしていきます。

 

海外FXの1ロットって何万通貨?

海外FXの場合、

1ロット=10万通貨

となっています。

 

国内FXで1ロットと聞くと、
1万通貨を表すのですが、
海外FXだとその10倍になるので、
国内と同じ感覚でトレードをすると、
思わぬ損失を受ける可能性もあります。

しかも、海外FXの場合、
ハイレバレッジの取引ができるので、
少ない資金でも1ロットでエントリーできます。

 

例えば、レバレッジ500倍の
海外FX業者を使うとしましょう。

この場合、ドル円が110円だとすると、
1ロットに対する必要証拠金は、
22,000円となります。

その為、海外FX業者に5万を入金しただけで
1ロットの取引ができてしまい、
1万通貨と勘違いしやすくなるので
この辺は注意が必要になります。

 

エントリー時にも注意が必要

海外FX業者を使ってトレードをする場合、
Meta Trader4(MT4)を使う事がほとんどです。

そしてMT4で注文するを際には、
ワンクリック注文を使う事がほとんどです。

 

この時に注意が必要なのは
ワンクリック注文のロット数が
最初から1ロットになっている点です。

 

その為、何も考えずに注文ボタンを押すと、
10万通貨でのトレードになるので、
ここは気を付けるようにしましょう。

さもないと、思わぬ損失を
受けることになりかねませんからね。

 

個人的なオススメ方法としては、
このエントリーロット数の
初期値を最初に変えておくことです。

 

例えば、MT4上でツールから
オプションを選択します。

 

そうすると、
オプション画面が出てくるので、
そこから取引タブを選択します。

 

この画面で、”数量のデフォルト”
という個所があるので、
そこで”デフォルトを指定”を選択します。

 

これによって、
ロット数の初期値を設定できるので、
自分がトレードする数量を
ここで設定しておけば、
“間違ったロットでエントリーしてしまう”
という事を防げます。

 

例えば、ここで0.1と設定してOKを押すと、
MT4上のワンクリック注文のロット数が
0.1(1万通貨)に変わります。

 

もし変わらない場合は、
MT4を1回閉じて開きなおすと
変わっているはずです。

このような感じで海外FXでは
エントリー枚数の単位が
国内FXとは違うので、
注文時にも少し注意が必要になります。

 

海外FXでの最大と最小エントリーロット数は?

国内FXの場合、1注文に対する
最大・最小エントリー枚数は、
ロット数で表すと

・最大:10ロット(100万通貨)
・最小:0.01~0.1ロット(1,000~1万通貨)

といったFX業者がほとんどです。

 

これが海外FX業者になると、

・最大:30~100ロット(300~1,000万通貨)
・最小:0.01ロット(1,000通貨)

といったように、国内FXと比べると、
1回に取引できる幅が大きいです。

 

だから、海外FX業者の方が、
資金が少ない時は小さくトレードできるし、
資金が大きくなった時は
大きくトレードができるので、
使い勝手がより良いです。

 

因みに、主要な海外FX業者での
最大・最小ロット数は
以下のようになっています。

海外FX業者 最大ロット数 最小ロット数
Gemforex 30ロット 0.01ロット
XM 50ロット 0.01ロット
Land-FX 30ロット 0.01ロット
Titan FX 100ロット 0.01ロット
FBS 500ロット 0.01ロット

 

上記の表を見ると、
どの業者も最大30ロット以上で
トレードができるようになっています。

その為、資金が大きくなっても、
何の問題もなく大きなロット数で
トレードができますよね。

 

国内のFX業者だと、
1回の注文で10ロットまでで、
それ以上でエントリーする場合、
10ロットを2回とか
複数回に分ける必要があるので、
かなりわずらわしいんですよね。

 

海外FXはFX初心者から上級者まで使える

海外FXの場合、
取引できるロット数に幅があるので、
FX初心者から上級者まで
どんなトレーダーでも使えます。

 

例えば、国内FX業者だと、
中には最低0.1ロット(1万通貨)からでないと
トレードができないFX業者があります。

これだとFX初心者にとっては、
損をした場合の金額が
少し大きくなってしまいます。

 

一方で海外FX業者を使えば、
最低0.01ロット(1,000通貨)からなので、
損失も最小限に抑えることができる為、
FX初心者にも使いやすくなっています。

それでいて、
1回の最大エントリーロット数が
国内FX業者よりも大きいので、
上級者にとっても使いやすくなっています。

 

海外FXはとにかく少額の資金から使える

海外FXはレバレッジが高く、
500倍以上が当たり前になっています。

中には1,000倍を超える業者もあり、
とにかく少ない資金から
リアルトレードができるようになっています。

 

例えば、上記で紹介した、
主要な海外FX業者では、
ドル円が110円だとすると、
0.1ロットのトレードをするのに
必要な証拠金は以下のようになっています。

海外FX業者 レバレッジ 必要証拠金
FBS 3,000倍 366円
Gemforex 1,000倍 1,100円
XM 888倍 1,238円
Land-FX 500倍 2,200円
Titan FX 500倍 2,200円

 

上記の表を見るとわかるように、
5,000円もあれば、
0.1ロット(1万通貨)でトレーができます。

これが国内FX業者を使うとなると、
同じ条件であっても、
0.1ロットの取引に必要な証拠金は
44,000円も必要ですからね。

最低でも5万の資金は必要です。

 

この事を考えると、
海外FX業者の使い勝手の良さが
改めてわかりますよね。

 

海外FXにはボーナスが存在する

更に海外FXの特徴として、

・口座開設ボーナス
・入金ボーナス

といったように、
ボーナスが存在する事があります。

 

口座開設ボーナス

このボーナスは、
使う海外FX業者の口座を
初めて開設する場合に限り、
口座開設後にリアルトレードに使える
クレジットがもらえる制度です。

この金額としては3,000円~3万程度と、
FX業者によって違います。

 

ただ、このボーナスによって、
完全に資金がゼロからでも
リアルトレードができます。

 

その為、このボーナスを利用すれば、
自己資金を使うことなく、
3万、5万、10万といったように
トレード資金を増やすことが可能です。

 

ただ、口座開設ボーナスに関しては、
使える業者とそうでない業者があります。

その為、このボーナスがもらえるFX業者を
以下の記事で紹介しているので、
興味があれば読んでみてください。
海外FX業者で無料ボーナスがもらえる業者を教えます!

 

入金ボーナス

入金ボーナスはその名の通り、
入金した金額に応じて
クレジットがもらえる制度です。

 

例えば、”100%ボーナス”
となっていた際に、
5万円を入金したとしましょう。

そしたら、
もう5万円分のクレジットがもらえるので、
合計10万の資金で
トレードができることになります

 

だから、この入金ボーナスを使えば、
より少額の資金からでも、
それなりのロット数で
トレードができることになります。

 

まとめ

今回は、海外FXのロットについて、
お伝えしてきました。

 

海外FXの場合、
エントリー枚数の単位が
ロットとなっており、
1ロット=10万通貨です。

その為、国内FX業者と同じ感覚で
注文を出してしまうと、
いつもの10倍のエントリー枚数で
トレードをすることになるので、
注意しましょう。

 

この点だけ気を付けておけば、
あとは海外FX業者の特徴である、

・ハイレバレッジ
・ボーナス

といったメリットがあるので、
効率よく資金を増やすことも可能です。