海外FXを使うとなると、
ハイレバレッジでFXができますが、
これによって、

「ハイリスクハイリターンになる?」

なんて感じるかもしれません。

 

でも実は、海外FXでは、
ローリスクハイリターンにする、
唯一無二の方法があります。

そのトレード方法について、
今回はお伝えしていきます。

 

海外FXをローリスクハイリターンにする方法とは?

では早速、海外FXを使って、
ローリスクハイリターンにする、
唯一無二の方法をお教えします。

 

それは・・・

 

普通にトレードをすること

 

これこそが、海外FXを使って
ローリスクハイリターンにする
唯一無二の方法になります。

 

は・・・!?

何言ってんの!?

どこがローリスクハイリターンなの?

 

この結果を知ってあなたは、
多分、このように思った事でしょう。

 

しかし、もしこう感じたなら、
あなたは海外FXを使うメリットの
本当の意味を理解していない証拠です。

ではなぜ、普通にトレードすることが、
ローリスクハイリターンなのでしょうか?

 

ハイレバレッジな事がすでにローリスク

海外FXを利用すると、レバレッジが

・500倍
・888倍
・1,000倍
・3,000倍

といったように、
国内FXと比較して
圧倒的に高いですよね。

 

実はこの時点ですでに
ローリスクなのです。

なぜなら、
レバレッジが高いということは、
トレードをするのに
使う資金が少なく済むからです

 

例えば、ドル円が110円の状態で、
10万通貨でトレードをするとしましょう。

 

この場合、国内FX業者を使うと、
レバレッジが25倍なので、
必要証拠金は44万円となります。

その為、最低限必要な資金は、
どんなに少なくても50万は必要です。

 

逆に、レバレッジ500倍の、
海外FX業者を使う場合、
必要証拠金は22,000円です。

その為、最低限必要な資金は、
10万あればトレードができます。

 

 

つまり、万が一、ポジション保有中に、
“〇〇ショック”といった大暴落が起きて
口座内の全ての資金を失った場合、

・国内FX:50万の損失
・海外FX:10万の損失

といったように、
海外FXを使っていた方が、
損失が5分の1以下に済むわけです。

 

この事を考えると、
海外FXを使い始めた時点で、
すでにローリスクなのです。

 

しかも、〇〇ショックといった大暴落は、
平均して1~2年に1回は起きているので、
実は資金をすべて失うリスクは
けっこう多いです。

これ以外にもFXの場合、
指標や要人発言が多くあるので、
これらも加えるとなると、
常に暴落するリスクがあります。

 

その為、拘束資金が少なくなる
ハイレバレッジというのは、
実はローリスクにつながっているのです。

 

利益率で考えると海外FXはハイリターン

ローリスクハイリターンと聞くと、
“1回のトレードで大きく儲ける”
というイメージがあると思います。

 

でも、海外FXを使って、
普通にトレードをすることも、
利益率の観点から見ると、
実は物凄いハイリターンになります。

 

例えば、あなたのトレードでは、
1回の利食い幅が30pipsとしましょう。

そして、1回のトレードに対して
10万通貨でトレードをする場合、
利食いができたとしたら
3万の利益になりますよね。

 

国内FXを利用する場合、
ドル円が110円だとすると、
10万通貨でトレードをするのに
必要な資金は最低でも50万です。

つまり、50万を使って
3万円を稼いだことになるので、
利益率は6%になります。

 

一方でレバレッジ500倍の
海外FXを使った場合、
10万通貨に必要な資金は
10万円あればOKです、

ということは、10万を使って
3万を稼いだことになるので、
利益率は30%になります。

 

よって、海外FXを使った方が、
利益率は5倍も良い事になるのです。

 

このように、海外FXを使うと、

・小資金でのトレードが可能
・資金に対する利益率が高い

といった理由から、
普通にトレードをしているだけで、
ローリスクハイリターンになっているのです。

 

海外FXのハイレバレッジと聞くと、
資金に対して大きなレバレッジで、
“大ロットでトレードをして大きく儲ける”
というイメージを持つと思います。

そしてこの方法こそが、
ローリスクハイリターンだと
思っている人が物凄く多いです。

 

しかし、この方法は、
1回の損失で全てを失う可能性があるので、
ハイリターンではありますが、
ハイリスクにもなります。

 

海外FXを使う上での
正しい考え方というのは、

“少ない資金で国内FXでトレードする時と
同じロット数でトレードができる”

といった点になります。

 

国内FXよりも少ない資金で
大ロットでトレードができる事ではありません。

 

“海外FXでローリスクハイリターン”
と考えると、どうしても、

“1発で大きな金額を儲けられる
勝率が高い手法”

といったように
考えてしまうのですが、
実は普通にトレードする事こそが、
一番のローリスクハイリターンになるのです。

 

海外FXのゼロカットとボーナスで更にローリスクへ

海外FXを使う場合、
ハイレバレッジな事から、
普通にトレードをするだけで
ローリスクハイリターンになります。

 

しかし、海外FX業者では、

・ゼロカット
・口座開設ボーナス
・入金ボーナス

といった仕組みがあり、
これが更に
ローリスクハイリターンを
色濃いものにしています。

 

ゼロカット

FXでは大暴落などが起きて、
ロスカットが間に合わずに
自己資金以上の損失を出す事があります。

こうなると、
口座残高がマイナスになり、
FX業者に対して借金を背負うことになります。

 

海外FXのゼロカットは、
このマイナス分を補填してくれて
借金をなしにしてくれる仕組みです。

 

実際に2015年に起きた
スイスショックでは、
ユーロスイスが大暴落を起こして
“ロスカットが間に合わない”
ということが起きました。

この時に国内FXを使っていた人達は、
数百万から数千万の
借金を抱えた人たちが続出して、
地獄をみる事になりました。

 

一方で、海外FXを使っていた人達は
ゼロカットによって、
マイナス分が補填されたので、
借金を背負うことはありませんでした。

 

この時に海外FX業者で人気のXMでは、

「ゼロカットをちゃんと行ったよ」

といった声明文を
実際にホームページ上で掲載しました。

 

このように、海外FXでは、
ゼロカットがあるので、
万が一の事が起きても、
損失は自己資金だけで済むので、
これもローリスクハイリターンを
より濃いものにしていますよね。

 

口座開設ボーナス

口座開設ボーナスとは、
自分が使う海外FX業者に
初めて口座開設をする時に限り、
トレードに使えるクレジットを
もらえるボーナスのことです。

 

その為、自己資金が完全にゼロからでも、
リアルトレードができてしまうのです。

 

ということは、
ノーリスクで稼ぐことが可能になります。

これはもう、
ローリスクハイリターンではなく、
ノーリスクハイリターンですよね(笑)

 

ただ、この口座開設ボーナスは、
全ての海外FX業者にあるものではなく、
一部のFX業者だけになります。

もし、このボーナスを使いたい場合は、
これを取り扱っているFX業者について
書いた記事があるので、
以下の記事も読んでみてください。
海外FX業者で無料ボーナスがもらえる業者を教えます!

 

入金ボーナス

海外FXには入金ボーナスもあり、
このボーナスは、入金額に応じて
クレジットがもらえるボーナスです。

 

例えば、とある海外FX業者で、
“100%ボーナス”
となっていた場合に、
5万円を入金したとしましょう。

そうなると、
更に5万円分のクレジットが付与されるので、
合計のトレード資金が10万になります。

 

だから、このボーナスを利用すれば、
より少額の資金からトレードができ、
更にローリスクになり、
実質の利益率も上がるので、
ローリスクハイリターンの比率が大きくなります。

 

このように、海外FXを利用すると、

・ゼロカット
・口座開設ボーナス
・入金ボーナス

これらのメリットもあるので、
普通にトレードをしているだけでも、
ローリスクハイリターンになるのです。

 

まとめ

今回は、海外FXを使って、
ローリスクハイリターンにする
“唯一無二の方法”
ということをお伝えしてきました。

 

ローリスクハイリターンと聞くと、
どうしても”1発で大きく儲ける”
といった手法をイメージしますが、
これはハイリスクである事も意味します。

 

今回は”唯一無二”なんて、
少し大きく言いましたが、
海外FXの特徴である、

・ハイレバレッジ
・ゼロカット
・口座開設ボーナス
・入金ボーナス

といった仕組みを考えると、
普通にトレードをする事こそが、
ローリスクハイリターンであると
理解できると思います。

 

その為、海外FXの利用を考えているなら、
これらの特性を活かして、
丁寧なトレードをしてみてください。

そうすれば、いつの間にか
“資金が凄く増えていた”
なんてことを経験できると思います。

 

そんなローリスクハイリターンが可能な、
海外FX業者は以下で紹介しています。