FXでの注文方法に、
NDD方式とDD方式があります。

そして海外FXでは、
NDD方式の業者がほとんどですが、
このNDD方式とはいったい、
どんな仕組みなのでしょうか?

 

そこで今回は、
NDD方式の基礎知識を解説しながら、
DD方式との違いや特徴についても
お伝えしていきます。

 

NDD方式の基礎知識

では早速、
NDD方式の基礎知識について
お伝えしていきます。

まず、NDD方式とは、
ノンディーリングデスク方式といって、
FX業者が顧客から受けた注文を
そのままカバー先の銀行に流す方式です。

 

厳密にいえば、顧客とカバー先の間には、
海外FX業者が入っているのですが、
単純に顧客の注文を受け流しているだけです。

その為、顧客側は
“透明性の高いトレードができる”
というメリットがあります。

 

よって、FXの問題点でよく聞く、

・約定拒否
・約定スピードが遅い

といった事が起こりにくく、
快適なトレードが可能になります。

 

因みに、透明性が高いトレードができる分、
FX業者側としては、
スプレッドで利益を出しているので、
顧客の取引量が多ければ多いほど、
業者側の利益も増えることになります。

その為、スキャルピングや、
EAなどの自動売買を許可している所が
DD方式を使う業者よりも多いです。

 

しかし、DD方式に比べると
“スプレッドが少し広くなる”
というデメリットがあります。

それでも、
今の海外FX業者では企業努力が高くなり、
スプレッドもかなり狭くなっているので、
使い勝手が良くなっています。

 

因みに、主要な海外FX業者の
スプレッドについて、
比較した記事を書いたので、
興味がある場合は、
以下の記事も読んでみてください。
海外FX業者のスプレッドを比較!ベストな業者はどこ?

 

DD方式の基礎知識

では次に、
DD方式の基礎知識について
お伝えしていきます。

 

DD方式とは、
ディーリングデスク方式といって、
NDD方式とは違い、
FX業者側はカバー先に顧客の注文を
必ずしも流すわけではなく、
顧客と相対取引をしていると言われています。

 

DD方式は海外FX業者ではあまりなく、
ほぼ全ての国内のFX業者がこの方式です。

 

このDD方式の大きな特徴として、
スプレッドを狭くできることです。

本来、スプレッドは、
カバー先銀行の提示価格との
売値(Bid)と買い値(ASK)の
差分によって決まっています。

 

しかし、DD方式の場合、
カバー先へ注文を流さないので、
スプレッドはFX業者側で
好きなように決めることができます。

その為、国内のFX業者を使うと、
ドル円のスプレッドが0.3pipsなど、
異常に狭いですよね。

 

DD方式の闇

DD方式の場合、
カバー先へ顧客の注文を流さずに、
顧客とFX業者間で相対取引をしています。

 

つまり、簡単に表現すると、
買いと売りの注文を相殺する為に、

・顧客が買ったらFX業者側は売る
・顧客が売ったらFX業者側は買う

といったように、反対売買をしています。

 

ということは、

・顧客の利益はFX業者側の損失
・顧客の損失はFX業者側の利益

といった構図が出来上がるわけです。

 

FXの世界では”90%以上が負けている”
と言われています。

その為、”負け組>勝ち組”
という構図が成り立つ限り、
取引を顧客に多くしてもらうほど、
FX業者側は儲かるわけです。

 

だから、スプレッドを激狭にしたり、
キャッシュバックキャンペーンなどで
多くの顧客を取り込むのに必死なわけです。

 

これが実はDD方式の
闇を生んでいるのですが、
顧客が利益を出しまくると、
FX業者側の損失になるわけですよね。

ということは、
大ロットでスキャルピングなどをされて
ガンガン利益を抜かれてしまうと、
業者側の損失も膨らんでいきます。

 

その為、このような場合、

・急にスプレッドが広がる
・約定拒否される
・大きく滑って悪いレート約定する

といったような事が起きやすくなるし、
実際に起きているのが現状です。

 

しかも、最悪、
稼いでいる顧客を締め出す為に、

「規約に違反した」

なんて言って、
口座凍結をしてくる事もあります。

 

こうなってしまうと、
ブラックリストに載って、
二度とそのFX業者では
口座開設ができなくなります。

仮に、奥さんなどの
他人の名義を使っても、
IPアドレスで判別されているので、
口座開設ができなくなっています。

 

このように、DD方式だと、
NDD方式とは違い、
不透明な状態でトレードをする事になるので、
エントリー時のストレスが結構大きいです。

 

因みに、海外FXの場合、
プラットフォームはMeta Trader4ですが、
国内FX業者の場合は、
業者独自のツールである事がほとんどです。

恐らくこれは、注文処理を
ブラックボックス化して
わからないようにしているのかもしれません。

 

どっちが良いかはあなた次第

ここまでNDD方式とDD方式の
基礎知識にお伝えしてきましたが、
どっちも一長一短です。

 

NDD方式:約定力は良いけどスプレッドが広い
DD方式:約定力が怪しいけどスプレッドが狭い

約定力とスプレッド、
どっちがあなたにとって
優先事項が高いかで、
使うFX業者は変わってきます。

 

スキャルピングをするなら、
スプレッドが重要なので、
国内FX業者を使った方がいいかもしれません。
(やりすぎると問題が出る可能性が高くなりますが)

逆にデイトレードなら、
スプレッドの影響は小さいので、
海外FX業者を使った方がいいでしょう。

 

このように、
あなたのトレードスタイルによって、
使うFX業者は変わってくるので、
自分のトレードスタイルを意識して、

「どっちが自分に適しているのか?」

という事を判断していきましょう。

 

海外FXにはボーナスとゼロカットがある

海外FXの場合、国内FXにはない、

・口座開設ボーナス
・入金ボーナス
・ゼロカット

といったメリットがあります。

 

口座開設ボーナス

口座開設ボーナスとは、
使おうとしている海外FX業者で
初めて口座開設をする際に
利用できるボーナスの事です。

このボーナスを利用すると、
口座開設をしただけで、
3,000円~3万円ぐらいの
トレードに使えるクレジットが貰えます。

 

だから、完全に資金ゼロから
リアルトレードができるので、
そこからコツコツ増やしていけば、
大きな資金へ化ける可能性も十分あります。

 

しかも、海外FXの場合、
ハイレバレッジなので、
たった数千円であっても
資金を増やすことができます。

 

ただ、この口座開設ボーナスは
全ての海外FX業者で
もらえるわけではありません。

そこで、このボーナスが貰える業者を
以下の記事で紹介しているので、
もし興味があれば読んでみてください。
海外FX業者で無料ボーナスがもらえる業者を教えます!

 

入金ボーナス

入金ボーナスは、
口座開設後に入金すると、
入金額に応じてクレジットが貰えます。

 

例えば、とある海外FX業者で
100%ボーナスがやっていた場合、
5万円を入金したら、
もう5万円分のクレジットが貰えるので、
合計の資金が10万になります。

その為、このボーナスを使うことで、
より少ない資金から
リアルトレードができる事になります。

 

ゼロカット

ゼロカットとは、
ポジション保有中に暴落などを起こして、
自分の資金以上に損をしてしまい、
口座残高がマイナスになった際に
ゼロへリセットしてくれる制度です。

 

よって、この制度があることで、
万が一の事が起きても、
FX業者に対する借金を背負わずに済むのです。

 

この制度は国内のFX業者にはないので、
万が一暴落に巻き込まれて
口座残高がマイナスになった場合、
国内のFX業者を使っていたら
マイナス分は借金となります。

 

実際に2015年のスイスショックで、
ユーロスイスが大暴落を起こした時に
国内のFX業者を使っていた人達は、
数百万~数千万の借金を
背負った人もいました。

 

このような暴落というのは、
1~2年ごとに起きているので、
ゼロカットがあった方が
安心なのがわかりますよね。

もし、ゼロカットについて、
より詳しく知りたい場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。
海外FXのゼロカットは最強!国内FXと比較したら安全さが判明!

 

このように、海外FXでは、

・口座開設ボーナス
・入金ボーナス
・ゼロカット

といったメリットもあるので、
スプレッドが多少広くても
それを十分カバーできるくらい
使い勝手が良いのも特徴です。

 

まとめ

今回は、NDD方式とDD方式の
基礎知識についてお伝えしました。

 

再度、NDD方式とDD方式の
メリットとデメリットをまとめると、
以下のようになります。

メリット デメリット
NDD方式 約定力が高い スプレッドが少し広い
DD方式 スプレッドが狭い 約定力が不安定

 

このように、
どちらも一長一短なので、
FX業者を使うのに迷っているなら、
自分のトレードスタイルから
選んでいくのが良いと思います。

 

もし、「海外FX業者を使ってみたい」
と感じた場合は、
以下でオススメの海外FX業者を
紹介しているので、
チェックしてみてください。